« 競馬観戦まとめ | トップページ | 出資馬近況 »

新年の展望

新年明けましておめでとうございます。
今年一年も良い年になりますように。

毎年恒例の私の出資馬と共有馬の新年の展望です。
現時点の出資馬と共有馬は現役馬7頭と育成馬3頭の合計10頭です。

最高齢明け8歳のマイネルフレスコは障害転向後に勝ち星をあげました。
オープン入り後はやや頭打ちになっていますが、慣れて着を拾えるように頑張ってほしいものです。

明け6歳のパラノーマルは3月末で定年引退。近走内容は着外ばかりで、即引退でもおかしくないので、最後までしっかり走ってほしいものです。

明け5歳のジューヌエコールは凡走ばかりでしたが、ダート転向してようやく活路が開けました。
血統からはダート適性のある馬なので、もう一華咲かせてほしいものです。何とかもう一つ勝ってくれることが最大の願い。

地方共有馬のグラッブユアダイヤは長期休養から復帰しましたが、なかなか勝ちきれません。
元々詰めの甘い所がある血統ですが、勝ち星を重ねてA級には上がってほしいものです。

明け3歳馬のマイネルウィルトスは勝ちあがってから好走をみせており今後が楽しみ。
まずは何とか2勝目を上げて、クラシック挑戦くらいまでは進んでほしいもの。
ただし、使い詰めが心配なので、駄目なようならさっさと諦めて、今後に備えてほしいところです。

他の3歳勢から、コンステレーションとラディアントパレスはようやく入厩し、年明けデビューの予定です。
早期デビューがモットーのラフィアンでは既にほとんどの馬がデビューしており、あと5頭しか未出走馬がいません。
そのなかでもコンステレーションは故障した訳でもなく小さすぎるので、デビューが遅くなったようで、もはやあきらめモード。
ラディアントパレスは一旦入厩後にゲート試験に受かってからの帰厩で、良化しているはずなので、こちらはデビューが楽しみ。期待の良血馬だけに頑張ってほしいものです。

育成中の馬は、ラフィアンのマイネソルシエールの17、サンデーのクッカーニャの17、社台地方オーナーズのロージーチャームの17の3頭。
募集終了間際に申し込んだマイネソルシエールの17は、クラブの近況では状況がさっぱりわかりませんが、まずは早期デビューを願うばかり。
クッカーニャの17は今のところ順調で、評判も良いようなので、早期デビューを期待しています。
ロージーチャームの17は小さいのが気がかりですが、地方馬だけに早いうちにデビューできないと話しになりません。

全体では、昨年並みの数は走ってもらって、多少は大きなレースで勝つことを期待しています。
昨年は現地観戦で全国を周りましたが、今年も出資馬と共有馬が活躍し、現地観戦の東奔西走で忙しいくらいになってほしいものです。
社台・サンデーでは口取り申し込みが抽選制になり、従来通り口取りできるか心配ですが、大きなレースは見には行くと思います。
まずは、ジューヌエコール、マイネルウィルトス、ラディアントパレスの3頭のうち1頭が活躍してくれることを願います。

|

« 競馬観戦まとめ | トップページ | 出資馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年の展望:

« 競馬観戦まとめ | トップページ | 出資馬近況 »