« 共有馬近況 | トップページ | ジューヌエコール特別戦出走登録 »

ラディアントパレス惨敗

ラディアントパレス、京都競馬第4R芝1600mに出走しました。

2月にデビューしたものの8着とパッとしない成績に終わり、放牧に出されたラディアントパレス、馬体が細く成長を待つはずでしたが、早期に帰厩し、レース出走の運び。不安を感じたままの出走で、どこまで走れるか課題。
現地出走なので、見に行くつもりでしたが、体調不調で自宅でグリーンチャンネル観戦。

ラディアントパレス、この日の馬体重は休養明けにもかかわらず前走比-12キロの416キロと大幅な馬体減。
競馬ブック等では無印の低評価、人気は前日まで3番人気でしたが、最終的に単勝48.9倍の8番人気。

さてレース、まずまずのスタートから集団半ばに位地取りしてレースを進行。
3~4角を周って直線に入りますが、先行勢に全くついていけません。
レース映像画面からもフレームアウトし、最終着順は優勝馬から2.4秒差の14着に終わりました。

長期休養のはずが短期放牧、放牧明けにもかかわらず馬体減とレース前から心配でしたが、レース内容もさっぱりで、何のために出走したのかわからない結果でした。
レース本番で一転を期待しての出走かもしれませんが、到底望めそうにありません。
全くもって不可解な出走で、おそらくはここで再放牧かと思います。

サンデー公式サイトによるレース解説。

◆ラディアントパレス
4月20日(土)京都4R・芝1600m戦に▲51kg岩田望騎手で出走、勝ち馬から2秒4差の14着、馬体重は416kg(-12)でした。五分のスタートから8~9番手の中団を追走し、馬群の中に入れています。しかし、直線に向いてからまったく伸び脚がないままレースを終えています。
岩田望騎手は「良い位置に付けて競馬ができたのですが、前にいた勝ち馬が上がって行く時について行けず離されてしまいました。現時点ではまだ力不足だったと思います。」とコメントし、中内田調教師は「騎乗も悪くなかったですが、追い切りの時と同じように終いは伸びませんでした。この後は一旦放牧して次走に向かいますが、距離を短くすると速い馬が多いですし、一度ダートを試す事も検討します。」と話していました。

調教師コメントを読む限りでは、放牧には出すものの続戦のようです。
素人目にはダートになろうが、駄目なものは駄目だと思いますが…

|

« 共有馬近況 | トップページ | ジューヌエコール特別戦出走登録 »

一口馬主」カテゴリの記事

ラディアントパレス」カテゴリの記事