« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »

園田競馬兵庫チャンピオンシップ観戦

園田競馬場で兵庫チャンピオンシップを観戦してきました。

サラブレッド導入により新設された兵庫チャンピオンシップ、今年で20回目を迎える交流重賞ですが、三冠馬となったロードバクシンが優勝して以来、地元勢は全く歯が立たない状態。
とても太刀打ちできないので、有力馬は回避、この日は未勝利馬が出走する始末。
中央勢の独断場となっていますが、昔は1勝馬でも有力馬の扱いでしたが、ダート路線も整備されてきて、2勝しないと話にならない状態。
このなかで、キャロットのダート馬2頭が優勝候補。
レースはルメール騎手騎乗のクリソベリルが優勝し、人気とおりキャロット馬2頭のワンツーに終わりました。

この日は、連休開催で天気も良いので、大勢の観客が来場。
とはいえ、園田競馬としては最高賞金額のレースだけに、もう少し盛り上がってほしいものだと思います。

なお、私は一応地方馬主なので、交流重賞の時は他場馬主席に入って観戦することにしていますが、社台オーナーズから追分ファームの馬が出走するので、吉田晴哉さんが来場していてびっくり。
着外に終わってしまいましたが、こんなレースでも見に来るんだなあと驚きました。

|

« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »

地方競馬」カテゴリの記事