« トゥールドマジ骨折 | トップページ | 共有馬近況 »

出資馬出走結果

コンステレーション、新潟競馬第5R芝2000m牝馬限定戦に出走しました。

前走6着後短期放牧を経て、牝馬限定戦に出走のコンステレーション、いつものお抱え騎手ではなく、今年デビューながら勝ち星を重ねている斎藤騎手を鞍上に上位進出を目指したいところ。
レースは自宅でグリーンチャンネルテレビ観戦。

この日の馬体重は前走比+4キロの480キロと何とかやや馬体増。
競馬ブックの予想では△がいくつかある程度、それでも単勝15.8倍の7番人気とまずまずの人気。

レースはゆったりしたスタートで大外から先行勢に取り付こうとしますが、集団7番手につけてレース進行。
中盤は大外を周りながらレース進行。
最後の直線では先行勢をよく追走しますが、順位としてはあまり変わらず6着で入線しました。

前走同様にこの馬なりに先行勢を追走するのですが、一気に追い上げる程の脚はなく、中盤順位とほとんど変わらないまま入線しました。
大敗する訳でもないので実力が全くないとは言えないのですが、入線するのがやっとという走り。
小さな馬体でよく頑張っているのですが、馬体の成長など大きな変化がない限り、今後の展望は厳しいとしか言えません。

ラフィアン公式サイトによる関係者湖コメント。

◆コンステレーション
斎藤新騎手「良い形で勝負どころをむかえられ、手ごたえもありました。しかし、いざ追ってからがいまひとつです。伸びてはいるのですが、じりじりでした。瞬発力勝負になると分が悪いですね」

手塚調教師「ハミに敏感な馬で、ハミが口内の上っ面に当たると頭を上げますが、引っかかっているわけではありません。大きなロスのないままレースを進められたのにもかかわらず、手ごたえほど伸びなかったのは個性ですね。小回りコースの方がベターでしょう。函館の馬房を調整してみます」

|

« トゥールドマジ骨折 | トップページ | 共有馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

コンステレーション」カテゴリの記事