« ウィルトスやはり勝てず | トップページ | 北海道遠征3日目 »

札幌競馬観戦

北海道遠征の2日目です。

この日は宿泊地の苫小牧から札幌競馬観戦のため、朝から札幌に移動。
レンタカーを競馬場の駐車場に停めましたが、札幌記念のような大レースでもないので、午前中では駐車場はガラガラ。
やはり市街地の競馬場なので、それほど自動車での来場者が多いという訳でもないのでしょうか。

いつも狭い狭いと文句ばかりの札幌競馬場ですが、場内もそれほどの入りではなかったようで、ただのコンクリート階段席といえ、屋外席を確保してレースを観戦することができました。
競馬場内には、先に死んだディープインパクトとキングカメハメハの献花台と記帳台が設置されており、私も記帳してきました。

さて、この日の競馬観戦の目的はワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)の観戦。
園田競馬から吉村騎手が出場するので、最近ご無沙汰とはいえ、園田競馬ファンとしては応援しなければと現地観戦の次第。
ウィルトスのレース観戦は後から決まったことで、ウィルトスのレース観戦が目的に来場していれば、さらにガッカリしていたことでしょう。

WASJ、開会のセレモニーはいつもはパドックでしたが、この日はウイナーズサークルで実施。
コース真ん中にウイナーズサークルがあって、周囲を観客を取り囲むことができる競馬場ならともあれ、ウイナーズサークルがコースの端にあるこの競馬場では、観客が多数集まることができません。
密集した観客の頭越しに見るのが精一杯で、あまり良く見ることができないので、吉村騎手には何度か声援を飛ばしました。
これまでと同じようにパドックでセレモニーを実施することはできなかったのでしょうか。
なお、吉村騎手はこの日の成績は、騎乗馬がまずまずで7位につけています。

馬券はウィルトスのレースしか買いませんでしたが、久し振りにほぼ一日競馬場にいて、競馬観戦を堪能。
心配していた雨も傘をさすほどでもなく少しぱらついた程度でした。

競馬観戦を終えてから明日の牧場見学のために日高に移動。高速道路を飛ばしたら2時間程で夕方6時前に着いたのには驚きました。

|

« ウィルトスやはり勝てず | トップページ | 北海道遠征3日目 »

一口馬主」カテゴリの記事