« トゥールドマジ2走目出走 | トップページ | 出資馬近況 »

ウィルトスやはり勝てず

ウィルトス、小倉競馬第12R脊振山特別芝1800mに出走しました。

前走で着外に終わったウィルトス、小回りレースが向いているということで中3週で初めての小倉競馬に出走。
鞍上はまた丹内騎手に戻り、他に騎手はいないのかと思いつつ、慣れた鞍上なのでそれなりには期待したいところで、トゥールドマジの京都競馬観戦から新幹線で移動して小倉競馬で現地観戦。

パドックのウィルトス、この日の馬体重は前走変わらず466キロで、見た目では好馬体を維持。
競馬ブックの予想は◎もある印の厚い本紙▲の好評価。これを受けて単勝5.4倍の3番人気。

さてレース、ウィルトスはスタートから控えて最後方から2番目あたりにつけます。
そのまま1~2角を周り向正面へ。向正面残り800辺りから押し出していき、3~4角を大外で周して先行勢にとりつきます。
直線に入ったところで前から4、5番手辺りの好位置から直線勝負になり、徐々に上がっていきますが、先頭の8号馬には及びません。後方から一気に上がった3号馬に交わされ、最後は3着に終わりました。

スタートから控えて後方の競馬というワンパターンの展開でしたが、このところ追い込みがきかないので、早めに押し出して先行勢にとりついたまでは良かったのですが、直線では脚が残っていませんでした。
このため先行馬を捕らえ切れず、さらに切れる脚のある他の馬にも交わされ3着という結果に。
確かに大崩れはしないのですが、他に強い馬がいて勝てないといういつもの繰り返しでした。
展開次第というよりも、他の馬の失敗を待つしか勝機がないように思えてきました。

|

« トゥールドマジ2走目出走 | トップページ | 出資馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

マイネルウィルトス」カテゴリの記事