« 出資馬出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »

グラッブユアダイヤ惨敗

グラッブユアダイヤ、浦和競馬第11R梅見月特別ダート1500mに出走しました。

グラッブユアダイヤ、引き続いて合っているという浦和競馬で続戦。
日中開催なので、帰宅後にネット観戦。

この日の馬体重は前走比+4キロの479キロとやや馬体増。
競馬ブックの予想は◎が揃った本紙○の高評価、これを受けて単勝2.0倍の一番人気。

レースは仔スタートから先行争いをみせ集団2番手につけてレース進行。
そのままレースを進め、3~4角を周るところで先頭にたち直線へ。
このまま突き放すかと期待しましたが、外から3号馬に交わされ、脚が止まって集団に飲み込まれ8着に終わりました。

いい感じで直線に入ったのでこれは勝ったかと思いましたが、脚がなくなり惨敗に終わってしまいました。
残り時間少ないとはいえ、勝って賞金を加算したいところだったので残念な結果。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆グラッブユアダイヤ
2月21日(金)浦和11R・梅見月特別・B2(一)組・距離1500m戦へ54kg御神本騎手で出走、馬体重はプラス4kgの479kgでした。単勝オッズは2.0倍の1番人気。五分のスタートから、ハナを主張する馬を行かせて2番手からの競馬になりました。3~4コーナーで逃げ馬を捕らえて先頭に立ち、そこから押し切りをはかりました。しかし、先頭に立ったところで外からさらに1頭に並びかけられる苦しい展開になり、直線半ばで一杯となってしまいました。最後は後退して、勝ち馬から1秒7差の8着に終わりました。
騎乗した御神本騎手は「以前に比べるとカッカしたところがなくなって、馬がよくなっています。ただ、今日はハイペースになってしまって、最後は一杯になってしまいました。また、今日は1500m戦で、ベストよりも100m長かったです」とのこと、
また川島調教師は「このあとはレース後の状態を見ながらですが3月24日(火)浦和・ティアラカップ・A2以下選抜牝馬・距離1400m戦を使って繁殖入りの予定です。最後の一戦となりそうですので、しっかり調整していきます」とコメントしています。

予定とおりこの春で引退、次走は最後のレースとしてしらさぎ賞トライアルに出走することに。
格上挑戦なので出走できるかどうかわかりませんが、何とか出走して有終の美を飾ってほしいものです。

|

« 出資馬出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

グラップユアダイヤ」カテゴリの記事