« 出資馬近況 | トップページ | 共有馬近況 »

ウィルトスまたまた2着

ウィルトス、小倉競馬第8R芝2000mに出走しました。

前走3着を受けて中3週で小倉競馬で出走のウィルトス、鞍上はまたも丹内騎手。
必勝を期したいところですが、過度に期待しても仕方なくどうしようかと迷いましたが、やはり勝って口取りしたいので、勝っても負けてもという達観した気持ちで小倉競馬で現地観戦。

ウィルトス、この日の馬体重は前走比-2キロの464キロ。
競馬ブックの予想は本紙△と案外の低評価も、人気は単勝5.3倍の2番人気。予想ではほぼグリグリ本命のシュリが単勝1倍台の1番人気。

さてレース、この日はまずまずのスタートから先行勢にとりつき、集団5番手につけてレースを運びます。
そのままレース進行、3~4角を周るところで前に上がっていき、3番手の好位置で直線に入ります。
直線勝負になりましたが、先を行く人気のシュリが楽に抜け出し、そのまま優勝。ウィルトスはこれについていく形で2着で入線しました。

終わってみればまたまた2着の結果に。
このところ後方からの競馬ばかりでしたが、この日は久々に先行してのレース運び。
直線で好位置につけましたが、勝った馬が実力が上で、ついていくのがやっとでした。
鞍上は、直線勝負にかけたのかもしれませんが、ハナから人気馬についていくだけの2着狙いの競馬だったように見えました。
確かに安定した結果は残していますが、いわゆる勝つ競馬ができないので、これではいつになったら勝てるのかと途方にくれてしまいます。

ラフィアン公式サイトによるレース後の関係者コメント。

◆ウィルトス
丹内騎手「うまく流れに乗れましたし、この馬にとってちょうど良い形だったのですが。今日は勝馬が強かったですね。この距離も問題なくこなしてくれました」

宮調教師「どうしても詰めが甘いですが、よく頑張っています。状態に問題なければ続けて使っていく予定です」

コメント見ると騎手って楽な商売だなと思います。自分に実力がなくても相手が強かったで済むので。

|

« 出資馬近況 | トップページ | 共有馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

マイネルウィルトス」カテゴリの記事