« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »

ルイドフィーネロジータ記念優勝

ルイドフィーネ、川崎競馬第11Rロジータ記念距離2100mに出走しました。

春の南関東牝馬クラシックを3着、3着、4着と好走した後に休養に入り、秋の復帰戦の戸塚記念でも4着と勝ちきれないまでも安定した成績を残すルイドフィーネ、3歳牝馬クラシック最後のレースのロジータ記念に出走。
春のクラシック二冠馬のアクアリーブルが強敵で、一騎打ちの様相ですが、この夏から秋の成長を経て雪辱を果たしたいところ。
鞍上も森騎手に替えて期待も高まるところで、必勝を期して川崎競馬まで遠征して現地観戦。

この日の馬体重は前走比+4キロの460キロと適度な増加で好馬体の雰囲気。
競馬ブックの予想はアクアリーブルがほぼグリグリの本命に対して、ルイドフィーネは○が揃った本紙対抗。これを受けて人気は単勝3.0倍の2番人気。

さてレース、ルイドフィーネは好スタートから先行争いの後に控えて集団4番手につけます。
集団4番手、2番手のアクアリーブルにぴったりつける形でレース進行。
2周目向正面で集団ペースアップ、ルイドフィーネは4角で外に持ち出して直線に入ったところで先頭にたったアクアリーブルに並びかけます。
最後の直線で一騎打ちとなりましたが、早目に抜け出して、最終的に11/2馬身差をつけて入線、ロジータ記念を制しました。

好スタートから好位につけ、終始アクアリーブルを追走する形でレースを運び、最後の直線で交わすという理想的な展開で見事に優勝を果たすことができました。
いつもは最後に少し及ばずもどかしいところもありましたが、この日は馬自身の成長と鞍上の森騎手の好騎乗も相まっての完勝でした。
3歳牝馬重賞最後の大一番で強敵のアクアリーブルに雪辱を果たすことができ、2勝目が待望の初重賞制覇となりました。
距離を伸ばしての優勝に、今後の期待も高まるばかりです。

社台グループオーナーズ公式サイトによる詳しいレース解説。

◆ルイドフィーネ
11月11日(水)川崎11R・第31回ロジータ記念(SⅠ)・距離2100mへ54kg森泰斗騎手で出走しました。馬体重はプラス4kgの460kg、ゆったりと余裕が感じられる周回で、馬体の張り艶の良さも目立っており、最高の状態で大レースを迎えられたと感じられる素晴らしい気配でした。単勝は3.0倍の2番人気。レースでは好スタートからダッシュ良く飛び出し押していったあと、すぐに控えて4番手まで下げました。道中は宿敵を見ながらの追走で、勝負どころの2周目の3コーナー過ぎから仕掛けられ、4コーナーではアクアリーブルの外へ持ち出しました。直線で森騎手に追われると今日はしっかりと伸び切って早めに抜け出し11/2馬身差で完勝、見事に南関東牝馬クラシック最後の一冠を制しています。勝ち時計は2分18秒2でした。
森騎手からは「内田調教師からは、サルビアカップの直前に依頼されていました。その時からロジータ記念へ向けてのアクアリーブルとの戦は始まっていて、とにかく消耗させるように指示されていました。ルイドフィーネには初めて跨ったのですが、同じレースで何度も乗っていたので良く知っています。実際に跨ってみて素直で乗りやすく、どんな競馬でもできる馬だとレース前の返し馬の時に確認できました。あとはアクアリーブルを徹底マークで、内へ閉められないよう注意していました。馬の状態も良かったのですが、スローで瞬発力勝負になって4コーナーでスムーズに外に出せたのが勝因です。決め手がある馬なので、1600mくらいのほうが合っているかもしません」と、
内田調教師からは「まずは、強い追い切りをしてプラス体重で出走できたのが大きかったです。一騎打ちになるのは予測していて、1カ月前にアクアリーブルがサルビアカップを使ってきた時に勝てるとみて、秘策を考えました。3歳牝馬で砂の深い川崎の2000mを1カ月のレース間隔で出走させるのは難しいです。森騎手を確保することと、とにかく前哨戦でアクアを消耗させることでした。それでもパドックでアクアリーブルを見た時には完璧に仕上げてきたので、厳しい競馬になると思っていました。森騎手の好騎乗で最後に勝つことができて本当にうれしいです。この後は状態しだいですが、12/30大井・シンデレラマイルを予定しています」とのコメントがありました。

|

« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

ルイドフィーネ」カテゴリの記事