« アブルマドール2戦目は着外 | トップページ | 出資馬近況 »

北海道牧場見学2日目

北海道牧場見学2日目です。
この日は早朝起きて、まずBRF真歌を訪問。
長期放牧中の出資馬のトゥールドマジに対面。
牧場スタッフは作業中でしたが、厩舎内にいるトゥールマジを見ていると外に出してくれてじっくり見ることができました。
まもなく入厩予定で、調教は順調のようです。馬体はあまり絞っていない印象でした。
デビュー戦はイマイチでしたが、先行するようになってから勝ちあがり、今後も期待したいところです。

ここからBRF朝日に移動。
繁殖馬のマイネソーサリスとマイネソルシエールが在厩しているので訪問しましたが、広い牧場に放牧中でどこにいるのかわからず。

続いてBRF明和に移動。
以前のような在厩リストがなく、ホワイトボードの在厩状況をみて関心のある馬がどこにいるのか確認。
当歳馬は子別れしていて母親とは既に別厩舎にいる模様。いつもは夏までに訪問するので母親と当歳馬をあわせて見学しているので勝手が違います。
当歳馬のマイネソーサリスの20がいるようなので4厩舎に向かいましたが、やはり放牧中でどこにいるのかもわからず。

事務所に戻って、京都競馬出走のアブルマドールのレースを聞いてから、パラノーマルの20がいるようなので、コルト・フィリー厩舎へ。
ところが厩舎には名前すら見当たらないので、作業中の牧場見学スタッフに尋ねるとBRF田原に移動したばかりとのこと。

再びBRF朝日に寄って放牧場を眺めていると、何頭か牧柵まで寄って来てくれ、知った馬ではマイネカンナがいました。

BRF田原に移動すると、パラノーマルの20が別の1頭と放牧場内を元気に走り回っていました。
牧柵に近づくと、興味津々なのかすぐに近づいてきて、さすがに可愛らしい雰囲気でした。

静内のエクリプスホテルに戻り昼食をとります。
あらためてみゆき通り商店街をぶらつくと、日曜日昼間だというのにほとんど店がは閉まっており、人通りもありません。
いまさらながらイオンなど国道沿いの大型店ばかりに車で客が行くようになってすっかり寂れています。

午後からは、見学を受けいれていないCVFを外から眺めて、再びBRF明和、朝日に立ち寄りましたが、やはり放牧中で全く馬をみることができませんでした。
今回のBRF牧場見学は、関心のある馬は広い牧場に放牧中で、しかもどこにいるのかすらわからない状態で、ほとんど見ることができませんでした。
以前のように牧場内に入ることもできないのは仕方ないのですが、どこにいるのかもわからないのは見学としては残念でした。

日高のBRFをあとにして、千歳まで戻ってノーザンホースパークへ。
紅葉が見事な公園内で時間調整して、新千歳空港に向かい、帰路につきました。
何やら行ってきた感だけのような気がしますが、今回の牧場見学は終了です。

|

« アブルマドール2戦目は着外 | トップページ | 出資馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事