« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬特別戦出走登録 »

トゥールドマジ中央復帰戦も惨敗

トゥールドマジ、中京競馬第7R1勝クラスダート1200mに出走しました。

長期休養明けの前走で大井競馬に出走したものの惨敗したトゥールドマジ、中4週で中京競馬に出走。
そもそも昇級してからほとんど走っていないので、ここは上位進出を目指して頑張ってほしいところ。
他の用事で外出中のためグリーンチャンネル録画観戦。

この日の馬体重は前走比-6キロの470キロとやや馬体減。
予想は全くの無印、単勝271.9倍の最低16番人気といくら何でもの人気のなさ。

さてレース、まずまずのスタートから先行争いをみせて集団前方に位置取り。
そのままレースを進行、3~4角を大外を周って直線に入ります。
その直線勝負、他の馬にあっという間に離され、最終優勝馬から2.7秒差の15着に終わりました。

この日は先行できなかったものの、集団前方につけてまずまずの位置取りでレースを運んだのですが、直線では全く脚がなくブービーに沈んでしまいました。
前走、このレースと全く内容のないままの惨敗に終わってしまい、いきなり崖っ淵に立たされてしまいました。

2歳春時点では真歌の代表馬という触れ込みながら、故障してしまい遅れて3歳1月デビュー。それでも6月に勝ちあがったので、さすがに素質馬かと思い、長期休養で成長というか、元の実力に戻ることを期待していたのですが、全くもって牧場で何をしていたのかという復帰後の走りです。
そもそも勝ちあがったレースも芝だったので、何でダートを走っているのかすら疑問で、芝で立て直しを期待するしかありません。

ラフィアン公式サイトによるレース後の関係者コメント。

◆トゥールドマジ
田所調教師「行けるようなら行ってほしい、と騎手には伝えてありました。中京なら前半は少し落ち着くかも、と考え、今回はハナヘ行くチャンスがあるのでは、と思ったのです。しかし、やはり周りが早く行けませんでした。結果、好位からの競馬になりましたが、それでも集中が途切れず最後までしっかり伸びたことは評価できますね。これが次走につながれば、と考えています。その次走は、芝も選択肢に入れたいと思っています。小倉の芝1200mを視野に入れていきます」

最後までしっかり伸びたとか、ちょっとピンボケのようですが…

|

« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬特別戦出走登録 »

一口馬主」カテゴリの記事

トゥールドマジ」カテゴリの記事