« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »

アーモロート久々の復帰戦は4着

アーモロート、小倉競馬第9R1勝クラス芝1200m牝馬限定戦に出走しました。

前走9月に出走して以来、調教師の相次ぐ判断誤りにより除外等で出走できませんでしたが、約4か月半振りにようやく復帰戦に出走。
昨年4月に勝ちあがり後はわずか3走しただけで、入着経験もあるので実績上位、復帰戦からでもいきなりを期待したいところ。

この日の馬体重は前走比+10キロの504キロと休養による適度な馬体増。
競馬ブックの予想は◎もある印の厚い本紙▲の高評価。これを受けて単勝4.9倍の2番人気。

さてレース、アーモロートはまずまずのスタートからやや控えて先行集団につける形でレースを運びます。
3~4角を周っての直線勝負、先行勢に割って入ることができず、大外より後方から一気の脚をみせた14号馬が先頭に踊り出るなかで、ようやく集団を割って出て4着で入線しました。

先行集団につける形でレースを進め好位で直線に入りましたが、なかなか伸びず、最後にようやく割って出て何とか4着で入線しました。
復帰初戦からいきなりを期待していましたが、さすがに厳しかったようです。
とはいうものの復帰戦4着は及第点なので、叩いての次走に期待したいところです。

サンデー公式サイトによるレース解説。

◆アーモロート
2月7日(日)小倉9R・芝1200m牝馬限定戦に54kg☆富田騎手で出走して、勝ち馬から0秒5差の4着、馬体重は前走からプラス10kgの504kgでした。互角にゲートを出ると、先行集団を見ながらレースを進めました。最後の直線では馬群を割って出ましたが、外からの強襲がありました。
レース後、西園調教師は「最後は頑張って差を詰めてくれました。状態に問題なければ、2月28日(日)小倉・芝1200m牝馬限定戦への出走を検討します」と話しています。

|

« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

アーモロート」カテゴリの記事