« ラフィアン募集馬発表 | トップページ | 出資馬近況 »

トゥールドマジまさかの2勝目

トゥールドマジ、新潟競馬第9R1勝クラス芝1000mに出走しました。

昨年12月の復帰戦から凡走続きで引退を覚悟しましたが、新規開業の鈴木厩舎に転厩となり競争馬生活継続となったトゥールドマジ、転厩初戦では7着とやや復調の兆しで、中4週で出走。
一旦はダート1200mを目指しましたが、適性がありそうと芝直線1000mに出走することに。ここで何とか上位進出を願いたいところ。

この日の馬体重は前走比+6キロの466キロと適度な馬体増。
競馬ブックの予想は近走成績もあって全くの無印の低評価。人気は単勝33.7倍の8番人気と思っていたよりはマシな人気。

レースは好スタートから先行争いをみせ、先行馬3頭にぴったりつけてレース進行。
そのままレースを運びますが、残り200から集団の中を割って進んでいき先頭に踊り出て、そのまま入線、見事に2勝目をあげました。

復帰戦からは先行もできずに凡走続きでしたが、この日は外目の枠も生かして先行集団にとりつき、最後にこれをあっさり交わして優勝とこれまでの凡走が何だったのかという程の快勝でした。
ダートよりは芝馬と思っていましたが、調教師のレース選択が見事にはまった感があります。
2月末のレースで最下位の時には引退かと思っただけにこの復活劇には長年ラフィアン会員を続けていますが、こんなこともあるのだなあと感謝感激の次第です。
なお、出資馬のレースは応援馬券を買うことにしていますが、このところの凡走に100円も買っておらず、馬券の方でもまさかまさかの2勝目でした。

ラフィアン公式サイトによるレース後の関係者コメントです。

◆トゥールドマジ
鈴木慎調教師「騎手は『坂路で良い時計が出ていた馬で、この条件に適性がありましたね。ダートで走っていましたし、重い馬場も良かったのでしょう。イメージどおりの競馬ができました』と言っていました。うまく乗ってくれましたね。ここで結果を出せて良かったです。この後は札幌の馬房が用意できそうですのでそちらで使うつもり。芝1200mの競馬を視野に入れています」

|

« ラフィアン募集馬発表 | トップページ | 出資馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

トゥールドマジ」カテゴリの記事