カテゴリー「マイネチャペル」の49件の記事

チャペル引退通知

ラフィアンからチャペルの引退通知が郵送されてきました。

引退の説明は公式サイトの近況と全く同じ文章で9か月以上の故障による引退ということで、加えて精算について抹消給付金と事故見舞金の交付が記載されていましたが、買戻し代金等の記載がありません。
本文中に何も説明がなかったのですが、残念ながら地方競馬への移籍も繁殖にあがることもなく、処分となるようです。
競走馬として現役生活わずか2か月余り、全くもって残念でなりません。

| | トラックバック (0)

チャペル引退決定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆トラヴェル
マイネルトラヴェルは、4日(土)、札幌12Rのオーロラ特別・ダート1700mに出走します。厩舎に移動してから馬体重の数字こそ変わっていないもの の、ずんぐり体型ながらも徐々に引き締まってきている印象。以前よりまっすぐ走れるのは肉体に歪みがなく、コンデションが良いからでしょう。引っ掛かって ばかりいた一時期と違い、いまは折り合いがつきます。とはいえ、覇気がないというわけではありません。さらなる前進を期待しています。

◆ソシオ
マイネソシオは、4日(土)、札幌5Rの芝2600mに五十嵐冬樹騎手で出走します。今週は西原騎手に手伝ってもらって追い切りを消化。70−40で最後 だけ気合いをつけましたが、ダートで良い反応を見せていました。適度な落ち着きがあって前走時と状態は良い意味で平行線といったところ。今回は滞在競馬と いうのが、入れ込みやすい同馬にはプラスに働いてくれるはずです。輸送による馬体減りなどもなく420キロ程度で競馬ができそうで、巻き返せるだけのデキ にはあります。

◆チャペル
マイネチャペルは、27日(土)に阪神で出走して7着でした。好スタートからすんなり先団につけられ、直線で押し切る競馬を期待しましたが、案外な伸びで す。レース直後、左前が跛行したために競馬場でレントゲン検査を行いましたが、そのときは異常は見当たりませんでした。しかし、後日トレセンの診療所で 行った検査で左前脚のヒザ(トウ側手根骨)に剥離骨折、中間手根骨にも板状骨折(骨折線が横に走る珍しいもの)の2箇所の骨折が判明。全治9ヶ月の重傷で す。順調に回復してレースへ復帰したとしても来年の夏頃で、数戦程度しかレースを使えません。元の状態へ戻るかというリスクや、これまでのレース内容を踏 まえて吉田師と協議したところ、残念ですが引退することになりました。長い間ご声援いただき、ありがとうございました。

過度の期待をかけず再検査の結果を待っていましたが、重傷で引退というお知らせでした。
7月にデビューしてから2か月間で5走、成績はそれほど悪くはなかったのですが、勝ち星をあげることのないまま故障、引退となりました。
私自身、故障引退はカレッシュに続いて2頭目ですが、勝って引退とは違い、この早い時期での故障引退は残念でなりません。
最終戦を見に行ってあげることが出来たのは、私にとってはまだ納得できるところでしょうか。
それにしても、ラフィアン2歳勢3頭で早くも2頭引退とは、不振の中でも極めつけの状況となってしまいましたね。

| | トラックバック (0)

チャペル故障発症

ラフィアン公式サイトによる「状況が変化した馬の情報」です。

◆チャペル
マイネチャペルは、27日(土)、阪神で出走し、7着となりました。レース後、左前に跛行を生じ、レントゲン検査を行ったところヒザの剥離骨折が見つかりました。全治何ヶ月の見舞金の対象になるのかは、今週中に再検査を行い、診断が出る見込みです。

故障、引退とロクなことがない緊急のお知らせにチャペルの名前があってがっくり。
中1週での出走、これまでにない先行策の影響か、ヒザをやってしまいました。
再検査のうえ診断待ちということですが、あまり期待せずに結果を待ちたいと思います。

不振のラフィアン2歳勢ですが、私の出資馬もその筆頭格になってきました。
カリナン2走して引退、チャペル剥離骨折、リンクは入厩前に頓挫の繰り返し。
これまでまあまあだった私の出資馬ですが、とうとう運が尽きたか、今年は最悪の年になりそうです。

| | トラックバック (0)

チャペル5戦目は完敗

チャペル、本日の阪神競馬第1R未勝利戦芝1400mに出走しました。

デビューしてからきっちり中2週で4戦して5着2回のチャペル、今日は中1週での出走で上位進出を狙いたいところ。
デビュー戦の地元の阪神競馬に戻ってきたので、私は現地観戦。

パドックのチャペル、馬体重は前走から変わらず432キロ。
2人引きで見た目はやる気のありそうな雰囲気、クラブからのコメントもあって、やや歩様が固いような感じも。
イマイチの成績なので、競馬ブックの予想では本紙△、人気は単勝31.4倍の7倍人気と低評価。

さてレース、単勝1倍台の大本命の9号馬トップカミングが好スタートから先頭に立ち、これを4号馬が追走、チャペルも好スタートから3番手でこれを追走します。
このままの位置取りで向正面を通って、3~4角を周ります。
直線で先頭2頭が楽々逃げて、後方からの馬の差を広げて、そのまま1,2着で入線。
好位置から直線に入ったチャペルは、先行馬についていけず、さらに後方からの馬群にあっという間に飲み込まれて、最終的に7着で入線しました。

先行策がきまって好位置でレースを進めることができましたが、直線では他の馬についていけず、完敗に終わりました。
これで5戦しましたが、入着はあるものの成績はもの足りず、スタートが格別上手い訳でもなく、直線での追い込む脚もなく、可もなく不可もない走りで、正直なところ、すぐに勝てそうな感じがしません。
これまで私の出資馬はいいか悪いかはっきりしていましたので、このような馬は初めてのこと。
このまま走り続けるのか、一旦休養でもして成長を促すのか、難しい状態にあるように思います。

ラフィアン公式サイトによる騎手コメントです。

和田騎手「テンに行けるようになったが、前さばきが硬く、ストライドが伸びずに、追走に余裕がなくなる感じ。追ってからもスピードが上がらなかった。芝ならもっとゆったりと追走できるペースのほうが向いていそう」

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆トラヴェル
マイネルトラヴェルは、札幌競馬場で調整中。角馬場とダートコースを併用しながら乗り込まれています。連闘が良い方に出た印象。特別に疲れた様子も見せて おらず、体も柔らかいまま。もたれるようなところも解消してきました。追い切りに跨った調教厩務員は「ラストは13秒くらいの感覚だったが、14秒台に なったのは向かい風が強かったからだと思う。調整自体は思い通りにできています」と述べていました。今週のアカシヤ特別は除外。来週のオーロラ特別に向か います。

◆ソシオ
マイネソシオは、24日(水)の早朝にビッグレッドファーム明和を出発。午前中の検疫を受け、午後に札幌競馬場の岡田厩舎に入厩しました。角馬場とダートコースで乗り込まれています。最終週の芝2600mに出走する予定。道営の五十嵐冬樹騎手に騎乗を依頼しました。

◆チャペル
マイネチャペルは、27日(土)、阪神1Rの芝1400mに和田騎手で出走します。24日(水)の追い切りは軽量の畑端騎手を背に70−40から終いを伸 ばす内容です。精神的にイライラした面や飼い葉の食べ残しが見られ、馬体重も減ってきていることから、けさは坂路入りせずに角馬場でのハッキング(ごく軽 いキャンター)だけにとどめました。レースを使いながら背中の感触は良くなっているようです。恐がりな面を見せず、すんなり流れに乗れれば。

| | トラックバック (0)

出走確定

チャペルは出走が確定しました。一方で、トラヴェルはまた除外となりました。

◆チャペル
阪神競馬 27日(土)1R 2歳未勝利 和田竜二 芝1400m 11頭

ラフィアン公式サイトによる調教タイムです。

◆チャペル
9/24 畑端 栗東DW 良 - - - 69.3 53.7 39.5 12.8 7 馬ナリ余力
シュバルツカレラ(新馬)馬ナリの内を追走同入

◆トラヴェル
9/24 助手 札幌ダ 良 - - - 66.4 52.7 40.2 14.2 8 一杯に追う

| | トラックバック (0)

出走登録情報など

ラフィアン公式サイトによる出走登録の状況です。

◆トラヴェル
札幌競馬 28日(日)12R アカシヤ特別 津村明秀 ダート1700m

◆チャペル
阪神競馬 27日(土)1R 2歳未勝利 和田竜二 芝1400m

サンデー公式サイトによる出資馬の近況です。

◆アンソロジー
レース後は変わりなく、9/23(火)にノーザンFへ放牧にでました。当分はレースの疲れを癒すことに専念します。

| | トラックバック (0)

リンクまたも頓挫

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆トラヴェル
マイネルトラヴェルは、15日(月)、札幌で出走し、5着でした。ゲートを出していって、すぐには加速がつきませんでしたが、1コーナで内をまわって好位 をキープ。道中もロスのないように追走します。勝負どころでもインにこだわり、4コーナでは前が詰まりますが、ばらけてからは渋太く踏ん張りました。ハイ ペースを追い掛けて好走できたのは、距離損のないようにたちまわることができたためでしょう。今週も出馬投票を行い、狙いどおり除外されています。

◆チャペル
マイネチャペルは、14日(日)に阪神で出走して5着でした。スタートして好位を追走しますが、3〜4コーナーで進路が狭くなったことに怯んでしまった模 様。位置取りが後方になってしまいました。直線で盛り返してのこの着順。幸騎手も「1〜3着馬にはもっと迫れたはず」とコメントしていました。使ったなり の疲れからか、多少歩様に硬さが見られますが気にする程度ではなさそう。今週一杯軽めの稽古で楽をさせれば問題ないでしょう。次走は来週か再来週の阪神、 芝1400mへの出走を予定しています。

◆リンク
マイネルリンクは、10月上旬の入厩を検討していましたが、左前脚挫跖のため延期することになりました。

故障の程度がわかりませんが、入厩前にまたも頓挫。なかなかうまく進みませんね。

社台公式サイトによる出資馬の近況です。

◆アスペンアベニュー
この中間も常歩4000m、ダク1200mと周回コースで普通キャンタ1200mを消化しています。また、直線コースでも 1000mの距離を1本乗られており、走り自体は問題ありません。ただし、テンションが高いのは相変らずですし、ゲートでうるさい面を見せ始めているのは 気がかりです。山元TC移動に関しては、もう少し待ったほうがいいかもしれません。現在の馬体重は450kgです。

こちらもうまく進みません。気性面が心配ですね。

| | トラックバック (0)

チャペル4走目

チャペル、14日の阪神競馬第2R未勝利戦芝1200mに出走しました。

7月に阪神競馬でデビューしてからきっちりと中2週ずつ開けて出走のチャペル、4走目でまた阪神競馬に戻ってきました。
新馬戦で5着に入線しましたが、少しずつ着順が悪くなり、この日は成績アップを狙いたいところ。
地元の阪神競馬の開催でしたが、私は仕事のためグリーンチャンネルの録画観戦。

パドックのチャペル、馬体重は前走比+4キロと馬体を維持、GCの解説ではトモが流れるので前半ついていけないとのこと。
競馬ブックの予想は本紙△・と成績の割りに好評価、ただし人気は単勝21.7倍の5番人気と人気上位馬とはかなりの差。

さてレース、同じラフィアン勢のマイネレーヌが好スタートでハナをきり、チャペルもまずまずのスタートでしたが、向正面でじりじり後退し、集団の最後あたりまで下がります。
このままの位置取りでレース展開、3~4角を回って直線へ。
直線に入って本命1番人気のリーチコンセンサスがマイネレーヌと並んで2頭併走しますが、あっさり先頭にたって優勝、チャペルは集団から抜けて4着争いとなりましたが、最後は5着入線となりました。

スタートは良かったのですが、すぐに下がってやや後方での競馬となったチャペル、最後はよく追い込んで何とか入着とまずまずの成績でした。
距離はこの日の1400mの方が合っているようですので、次走以降さらに成績アップ、初勝利といきたいものです。

ラフィアン公式サイトによる騎手コメントです。
幸騎手「3~4コーナーで狭くなるところがあって怖がって前に進んで行かなかった。道中の位置取り通り走っていればもっと前に迫れた」

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆トラヴェル
マイネルトラヴェルは、6日(土)に札幌で出走して9着でした。今回はスタートで軽く気合いをつけて楽に中団へ。決して無理して出してはいないですし、折り合いもついていたにもかかわらず、3コーナーでペースが上がると流れに乗るのが精一杯で、前走時に見せた脚は直線で使えませんでした。積極的な競馬は良かったのですが、ペースが速く脚がたまらなかったのかもしれません。それでも前走より1秒近く速いタイムで走っています。15日(月)、札幌10Rの北斗賞・ダート1700mに出走します。36頭もの出馬投票があり、今回は除外の権利取りが主目的だったのですが5頭枠に入ってしまいました。しかし滞在競馬で体調に不安はなく、この連闘が良い刺激になってくれればと期待しています。

間の抜けたレースレポートに出走報告です。
毎週書いてますが、やはり金曜日の更新はおかしいですね。
4週間での3走目出走ですが、無理のないように、上位進出を・・・

◆ソシオ
マイネソシオは、6日(土)に札幌で出走し、11着でした。スムーズな競馬だったのに追ってからがさっぱり。外を回ったにしても負けすぎです。前走以上のタイムを要していることからも、中1週でレースを使った影響があったのかもしれません。疲れが残っていたから、道中でやけに折り合っていたのはないかと推測できます。9日(火)にビッグレッドファーム明和へ移動しました。最終週のレースを目標にしています。

やはり長距離レースでの中1週出走は無理があったようです。
結果論ですが、これくらいは予測できたでしょうに…
ということで、一旦牧場へ戻ります。

◆カリナン
マイネカリナンは、7日(日)に小倉で出走し、しんがりの10着に敗れました。好スタートを切ったものの、各馬の行き脚がつきはじめたところからずるずる後退します。馬群から離される一方でタイムオーバーとなりました。このスピードでは距離を延ばしても苦戦するものと思われます。まだ2戦しか消化していませんが、預託料ばかりがかさむとの判断から、五十嵐師との相談の結果、残念ですが引退させることになりました。ご声援をいただきありがとうございました。

最後のレポートです。
短い間でしたが、お疲れ様でした。
今後のことが書かれていないので心配ですが…

◆チャペル
マイネチャペルは、14日(日)、阪神2Rの芝1400mに幸騎手で出走します。行けるようであれば好位で流れに乗りたい考え。雨の予報がない、開幕週の今回は馬場の心配がありません。このところ歩様がいまひとつですが、ダクにおいては異常がなく、獣医の触診でも痛い部位が見つかりません。追い切りの動きも至ってスムーズです。鞍の装着時に四肢の運びがぎこちなく傾向にあり、腹帯の圧迫感を気にするからそうなってしまうのかもしれません。

少々心配な内容ですが、比較的小頭数のレースなので、上位進出を狙いたいですね。

| | トラックバック (0)