カテゴリー「マトリョーシカ」の220件の記事

マトリョーシカ引退通知

サンデーからマトリョーシカの引退通知が郵送されてきました。

社台・サンデーでは初めての定年引退ですが、通知には、マトリョーシカの最後のレース状況とともに競走馬生活がざっとまとめられていました。
つかみどころのないところ、と表現されており、難しい馬だったことがよくわかります。
もう一花と頑張ったのですが、最後の1年、いや4歳秋以降は残念でした。

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ回顧

このたび引退となったマトリョーシカ、牝馬の定年まで競走馬生活を全うしましたが、出走数はわずか15走。
ラフィアンと比べるのも何ですが、同じ世代のフレスコが38走もしており、倍以上違います。
マトリョーシカの故障ばかり起す体質、タイムオーバー2回含む最下位3回という成績の問題もあるのは充分に承知していますが、出走直前に入厩~出走~すぐに放牧という外厩まかせの吉村調教師の管理にはあきれるのを通り越して腹立たしさを感じざるをえませんでした。
現役生活中、どのくらい厩舎にいたのか、公式サイトのレポートで振り返ってみました。

2013年
7月31日入厩 ゲート試験 8月24日放牧 
12月12日入厩 1月13日出走4着 1月15日放牧 
2014年
1月28日入厩 2月8日出走1着 2月8日放牧 フレグモーネ
4月30日入厩 5月25日出走12着、6月28日1着 7月4日放牧 右後脚腫れ
10月28日入厩 11月23日出走7着、12月14日出走14着 12月14日放牧
2015年
2月26日入厩 3月22日出走1着 3月24日放牧 右前脚骨瘤
6月18日入厩 7月18日出走16着(最下位) 7月18日放牧 タイムオーバー
10月15日入厩 11月7日出走3着 11月12日放牧
11月25日入厩 12月13日出走13着(最下位) 12月16日放牧 タイムオーバー
2016年
1月23日入厩 2月13日出走15着(最下位) 2月18日放牧 左前脚腫れ
3月1日入厩 3月12日出走10着 3月15日放牧 
5月10日入厩 5月29日出走12着 6月4日放牧 右前脚軽微骨折
9月10日入厩 9月24日放牧
2017年
1月14日入厩 2月12日出走11着 2月14日放牧
2月28日入厩 3月18日出走7着 引退

2歳夏から6歳春までの3年8か月の間で在厩していたのは、ざっとみて3割にも満たない1年間くらいしかありません。
概ね1か月内の在厩ばかりで、長くて2か月在厩、在厩中に2走したのは2回だけの状況。

馬の管理は外厩まかせ、出走するときに厩舎にいただけの構図で、これでは何のために調教師がいるのかわかりません。
出走管理をきっちりしてくれればいいのですが、馬の適性もはかりかねて、2015年秋から不可解な東上で連続最下位と、全く結果も伴っていません。

ラフィアン、特に美浦厩舎の在厩馬ではこういったことが当たり前なので覚悟もしていますが、まさか社台・サンデーでこんな扱いを受けるとは思ってもみませんでした。
繰言になりますが、3勝したのは立派ですが、もう少し何とかならなかったものかと残念でなりません。

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ引退レース出走

マトリョーシカ、阪神競馬第12Rダート1800m牝馬限定戦に出走しました。

前走が約9か月振りの出走だったマトリョーシカ、せっかく時間をかけて復帰したのですが、一口馬主クラブの所属馬のため、今回が定年引退レースとなりました。

私はこれまで数多くの牝馬に出資してきましたが、実は定年引退を迎えるのはマイネソーサリス以来2頭目。
他の馬は、成績が低迷した場合はもちろん、成績を残していても故障で早期引退していたためにほかありません。

マトリョーシカは、昨年春の4走連続二桁着順で故障した時点で、引退してもおかしくなかったので、晴れて引退とは言い難いのですが、これが引退レースといわれるなかでの出走なのは間違いありません。
とにかく競馬場であまりレースを見ていないので、最後の記念に現地で観戦。

パドックのマトリョーシカ、馬体重は前走比-2キロの510キロと大きな馬体を維持。
予想では印など見当たらず、人気も低く単勝123.9倍の12番人気。

さてレース、ゲートが開く時に出足がつかず出遅れた感じとなり、集団後方に位置取り、最後から3番目あたりでレースを進行。
向正面も後方のままレースを運びますが、3~4角を内で進み、集団半ばあたりまで追い上げて直線に入ります。
直線でジリジリとあげていき、上位勢に迫ったところでゴール、最終的に7着で入線しました。

出足がつかず後方追走となったところで、これは全く駄目なパターンかと思いましたが、この日はよく頑張って8着内を確保することができました。
こういうレースができればまだまだいけたかと思いますが、何はともあれ、これが最後のレースとなりました。

3勝したのは上出来だと思いますが、出走回数はこれでようやく15走目と、限りなく少なく、もう少し上を狙えたのではないかと、悔いの残る競走馬生活でしたが、今後は繁殖にあがって母として余生を永らえてほしいものです。

サンデー公式サイトによるレース解説。

◆マトリョーシカ
3/18(土)阪神12R・ダート1800m(牝)戦に国分恭騎手で出走し、勝ち馬から0.7秒差の7着での入線、馬体重は510kg(-2)でした。ややもっさりしたスタートから後方3~4番手のインコースを追走しました。勝負どころでも流れに乗って内を進み、直線でも馬場の内めから追い出されましたが、ぴりっとした脚を使うことはできませんでした。
レース後、国分恭騎手からは「ゲートの中でチャカチャカしていて、スタートのタイミングが合いませんでした。道中は馬群の中でしたが、嫌がることなく手応えも良かったです。直線で追いだすとジリジリと伸びてくれましたし、最後までよく頑張ってくれたと思います」とのコメントがあり、吉村調教師は「今日は控える競馬でしたが、ラストレースは最後まで集中して走ってくれたと思います」と話していました。前述のとおり、本馬はこのレースを最後に引退・繁殖入りすることになりました。長い間温かいご声援を頂戴し、まことに有難うございました。来週中にJRAの競走馬登録を抹消し、そのタイミングで引退に関する詳細を書面にてお知らせする予定です。

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ出走確定

マトリョーシカ、最後の出走が確定しました。

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
3/18(土)阪神12R・ダート1800m(牝)戦に国分恭騎手で出走が確定しています。このレースは14頭立てです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
今週3/18(土)阪神・ダート1800m(牝)戦に国分恭騎手で出走する予定です。想定からは除外はありません。本日3/15(水)はCWコース併せ馬で追い切りを行い、83.9-68.0-52.9-38.7-11.8の時計を馬ナリでマークしました。ここが引退レースとなる見込みですので、自分の競馬に徹して力を出し切ってくれればと思います。

◆ジューヌエコール
レース後変わりありません。前走は直線の不利が響きましたが、馬体のダメージがなかったのは何よりでした。本日3/15(水)にNFしがらきへ放牧に出ており、すぐに戻して4/9(日)阪神・桜花賞(G1)へ向かうつもりです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
この中間の状態に変わりなく、3/8(水)はCWコースで追い切られ、6ハロン83.9-67.6-53.0-39.2-12.1の時計をマークし、しっかりと負荷を課しました。3/18(土)阪神・ダート1800m(牝)戦に国分恭騎手で出走を予定しています。

◆ジューヌエコール
3/12(日)阪神・フィリーズレビュー(G2)に北村友騎手で出走を予定しています。このレースはフルゲート18頭立てです。3/8(水)は坂路コースで追い切り、半マイル53.2-38.6-24.9-12.0の時計をマークしました。併せ馬で負荷を課しており、桜花賞(G1)に向けて良い形でレースに向かうことができます。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
2/28(火)栗東TCへ入厩しました。3/2(木)から時計を出していきます。3/18(土)阪神・ダート1800m牝馬限定戦は前走と同じ国分恭騎手に騎乗依頼しました。

予定通り帰厩。引退レースまで順調に進みますように。

◆ジューヌエコール
来週3/12(日)阪神・フィリーズレビュー(G2・芝1400m)に北村友騎手で出走を予定しています。3/1(水)は北村友騎手が跨って、CWコースで併せ馬調教を行い、51.8-37.8-12.2のタイムをマークしました。レースまでに、あと2本追い切りを行う予定です。

ジューヌエコールは順調のようです。このまま問題なくレースに臨めますように。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
ウォーキングマシンの運動から進めてトレッドミルの運動や騎乗調教も行っています。ガラッと変わった印象はないものの、状態は悪くありません。来週中に栗東TCへ入厩して、3/18(土)阪神・ダート1800m牝馬限定戦に出走を予定しています。3月末までが現役期間と定められているため、ここが引退レースとなる見込みです。現在の馬体重は511kgです。

順調のようで、最後の出走レースも明示。
実は、社台・サンデーでは初めての定年を迎えての出走です。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
レース後は変わりありません。次走への優先権が取れなかったため、2/14(火)にNFしがらきへ放牧にでています。

今回は早期入厩してレースに挑んだので、最後はさすがにと思いましたが、やはりここで一旦放牧。
優先出走権などとれるはずもないのに、とことんやる気がない調教師ですね。
最後のレースは3月の阪神競馬場の牝馬限定かと思いますが、出走できるかどうか。

◆ジューヌエコール
2/14(火)に栗東TCへ入厩しました。3/12(日)阪神・フィリーズレビュー(G2・芝1400m)が目標で、ここは北村友騎手に騎乗依頼しています。

福永騎手が怪我で騎乗できないので、鞍上は北村友一騎手に。
随分と昔にラフィアン、サンデーとたまに乗ってもらったことがありますが、勝ったことはありません。このまま桜花賞まで騎乗なんでしょうか。

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ9か月振りの復帰戦

マトリョーシカ、京都競馬第8Rダート1800mに出走しました。

マトリョーシカは元々走ってはすぐ休む弱い体質でロクに走っていませんでしたが、故障を発症し長期休養に入り、ようやく昨年3月以来約9か月振りの復帰戦を迎えることに。
牝馬の引退時期の6歳3月もあとわずかという復帰で、関係者の努力に敬意を払いたいものの、故障前に既に引退確実の惨敗続きだったので、さっさと引退させてほしかったというのが正直なところ。
同じ年齢のフレスコが既に37戦しているにもかかわらず、マトリョーシカはわずか14戦目。獲得賞金でも大きな差がつき、競走馬は元気で走ってこそを実感させる状態。
引退前の記念出走の様相ですが、最後になるかもしれないので、現地まで観戦に。

この日の馬体重は前走比+4キロの512キロと意外と絞ってきた感。
いつもは10日競馬で、出走直前に入厩し、まともに調教もこなさないままレースに挑んでいたのが、今回は早く入厩しまともに調教を積んできた成果か。
人気はさすがに全くなく、単勝77.4倍の12番人気。

さてレース、マトリョーシカは好スタートから押していき、ハナに立って集団を引っ張ります。
1〜2角、向正面と先頭のままレースを進行。
3〜4角を周って直線勝負、どこまで持つのかという注目のなか、なかなか粘りましたが、最後は脚が持たず、後方集団に一気に飲み込まれ、11着で入線しました。

11着という着順は残念でしたが、優勝馬から1.1秒差で、見せ場もあり復帰戦としてはまずまずでした。
勝つときはいつも先行から粘り勝ちというこれまでの結果から、直線での粘りに一瞬まさかと思いましたが、さすがにそれはありませんでした。
タイムオーバーでこれで引退ということも覚悟していましたが、あと1回は走って終われそうです。

サンデー公式サイトによるレース解説。

◆マトリョーシカ
2/12(日)京都8R・ダート1800m(牝)戦に国分恭騎手で出走し11着、馬体重は512kg(+4)でした。まずまずのスタートから、行き脚をつけてハナに立ちました。そのまま道中はペースを握り、直線入口までは先頭をキープしていました。直線で後続に並ばれてからも粘りを見せていましたが、最後は手応えが悪くなり、勝ち馬から1秒1差での入線でした。
騎乗した国分恭騎手は「今日は無理せずハナに立てましたし、自分の競馬はできたと思います。後続に早めに並びかけられなければ、もう少し粘れたと思うのですが……」とコメントしています。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧