カテゴリー「フェイマスワーズ」の60件の記事

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆フェイマスワーズ
本馬は10/1(木)の楽天オークションサイト「サラブレッドオークション」(主催者:サラブレッドオークション事務局)に上場して、429,000円(税込463,320円)で落札されました。

オークションの売却情報でした。価格はこんなものでしょうか。

| | トラックバック (0)

フェイマスワーズ引退決定

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆フェイマスワーズ
レース後変わりありません。今後の進め方を中尾調教師と協議した結果しました。これから出走するとなると格上500万下クラスでの出走となりますが、前走でも大敗を喫してしまったように苦戦は免れないと言わざるを得ません。そのため、本馬の現役続行を断念し、このまま引退させることにしました。会員の皆様におかれましては誠に残念なことと存じますが、何卒ご了承賜りますようお願い申しあげます。なお、本馬はこのあと今週10/1(木)に実施される「サラブレッドオークション」にて売却を行い、売却代金は会員様へ分配することとなりました。今回の引退に関する事務手続きと、「サラブレッドオークション」に関する詳細については、あらためて書面にてご案内いたします。

ということで、フェイマスワーズ、引退決定です。
レース後に書いたように、少し運動しては故障ばかりで、ロクに調教できなかったのではどうしようもありませんでした。
この春までまともに調教できていなかったので、よくデビューできたものだと思います。
元出資馬のアンソロジー産駒というだけで出資しましたが、全く期待外れだったので、弟のベストワークスには頑張ってほしいものです。

なお、これで3歳馬はラフィアン、社台・サンデーの3頭とも未勝利引退となりました。
ラフィアンの所属馬は2歳で早くも勝ったパラノーマルを含めて通算23頭出資して12頭勝ちあがりで勝率やっと5割強。
社台・サンデーの中央競馬所属馬は通算11頭出資して3頭しか勝っていません。
社台・サンデーでは価格相応とはいえ、これではちょっと酷すぎますね・・・

| | トラックバック (0)

フェイマスワーズ最後の出走

フェイマスワーズ、阪神競馬第8R500万下芝2000mに出走しました。

故障続きで3歳8月にようやくデビューしたフェイマスワーズ、何回走れるかと思っていましたが、通常の未勝利戦では2走したものの、限定未勝利では出走すらできず、最後のレースは仕方なく500万円下のレースに格上挑戦することになりました。
通常の未勝利戦でも出遅れてお話しにならないので、レースを全うできるかどうかだけの残念な出走になりました。
それでも折角出資した馬、この2走が小倉競馬出走で未見だったので、阪神競馬で現地観戦してきました。

パドックで初めて見るフェイマスワーズ、馬体重は前走比-6キロの446キロとほっそりした馬体で、父親似といえばそんなところかも。
格上挑戦のため人気は全くなく、単勝477.8倍の15番人気で、出資馬史上最低人気。
同じく格上挑戦の同クラブのパイオニアステップは実績があって5番人気とは大違い。

さてレース、各馬ゆったりとしたスタートで、フェイマスワーズも出遅れることなくゲートを出まししたが、やはりついていけず集団後方に位置取り。
向正面では殿から2番手でレースを進行。
3~4角を周っての直線では最内を通って前が空きましたが、前走のように追い上げることもなく、15頭中12着で敗退しました。

これまでにないまずまずのスタートでしたが、結局終始後方追走のままレースが終わってしまいました。
現時点での競走馬能力がないので仕方ないところでしょう。
故障続きで、ロクに調教もできなかったので、未出走に終わるかと覚悟していたため、一応は出走まで持っていけたことに関係者には敬意を表したいと思います。
一口馬主の収支としては、早いうちに見切りをつけて引退させた方がマシだったことは言うまでもありません。
なお、同クラブのパイオニアステップがさらに下の着順に終わったのにはびっくり。
実績馬でも故障があると未勝利引退になってしまうのは競馬の怖さでもあります。

サンデー公式サイトによるレース解説。

◆フェイマスワーズ
9/26(土)阪神8R・芝2000m(3歳上500万下)戦に出走、馬体重は446kg(-6)でした。スタートはまずまずでしたがスッと前にいける脚はなく、中団やや後方からの競馬となりました。向こう正面では後方2番手を追走していましたが、勝負どころからの反応は今ひとつでした。ロスなく内目を通って直線に向きましたが、前に迫るだけの脚は繰り出せず、勝ち馬と2.8秒差の12着と敗れています。
騎乗した▲三津谷騎手からは「返し馬の感触は前走時よりも良かったと思います。ゲートもすんなり出て、良い感じでレースはできていたのですが、3コーナーでペースが上がるとついて行けなくなりました。馬の状態はもう少し良くなりそうなのですが、やはり格上のレースでは厳しいです」とのコメントがありました。本馬は厳しい状況に追い込まれてしまったことから、今後についてはあらためて協議いたします。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定など

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆フェイマスワーズ
9/27(日)阪神・ダート1800m戦に出馬投票を行いましたが、残念ながら抽選で除外となりました。限定未勝利戦における残す出走機会は来週の2鞍のみとなり、ここも出走できる保証はありません。そのため、想定でフルゲートに達していなかった今週9/26(土)阪神8R・芝2000m戦(500万下)に▲三津谷騎手で再投票を行うことになり、出走が確定しました。このレースは最終的に15頭立てです。格上相手となりますが、本質的には芝向きですし、1発逆転を狙いたいところです。

出走が確定できたかとレース名を見ると500万下。
以前にリシアンサスが除外となってやむなく500万円下に出走しましたが、同様の措置で、同じサンデーのパイオニアステップも出走します。
仕方なく出走するだけの文字通り最後の記念出走となりました。

◆ベストワークス
9/24(木)は坂路コースで追い切り、半マイル56.4-41.0-25.9-12.9の時計をマークしました。

兄弟一緒の近況もこれで最後。
弟は、馬三郎のコメントでは動きは良いようで、このまま順調に進むことを願います。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆フェイマスワーズ
9/26(土)か、9/27(日)阪神・ダート1800m戦に▲三津谷騎手で出走を予定しています。両レースともフルゲート16頭立てですが、現時点では出走間隔の馬との抽選になりそうですが、同じ境遇の馬が多数いて、出走できそうな雰囲気になってきました。追い切りは9/24(木)に行いますが、先週除外された影響は感じられません。叩かれて馬の状態は上向いており、ラストチャンスを活かしてほしいところです。

◆ベストワークス
先週の追い切りは実質初めてでしたので、時計面は気にすることはないようです。調教後のカイバ食いも落ちておらず、このままデビューへ向けて進めていく方針です。今週は9/24(木)に追い切りを行います。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆フェイマスワーズ
9/19(土)阪神・ダート1800m戦に出馬投票を行いましたが、懸念していたとおり、他のレースから同レースに回ってくる馬がいて、同じ出走間隔の馬との抽選までもつれましたが、残念ながら除外となってしまいました。来週以降の限定未勝利戦に切り替えて調整していきます。

出走に至りませんでした。これで次週出走にかけることになりますが、何とか出走できますように。
最終週は厳しいので、出走できませんでしたなどということはないように願いたいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆フェイマスワーズ
9/19(土)阪神・ダート1800m戦に出走を予定しています。想定では9/21(月)阪神・芝1800m戦はやはり除外対象です。このレースはフルゲートが見込まれるものの、同じ出走馬どうしの抽選の結果で出否が決まります(7頭中6頭が出走)。ただし、他のレースから回ってきて、除外の可能性が高くなることも考えられます。鞍上は調整中です。9/16(水)はCWコースで併せ馬を行い、87.2-70.7-55.8-41.2-13.2の時計で先着しました。この馬ナリに良化は感じられますが、ダート適性については何とも言えないところです。

◆ベストワークス
引き続き馬体も維持できており、体調は良好です。これから追い切りを重ねていきます。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆フェイマスワーズ
レース後変わりありません。来週以降の阪神・限定未勝利戦(前走5着以内もしくは通算5走以下の馬が1回に限り出走できる3歳未勝利戦)のいずれかのレースに出走を予定しています。

◆ベストワークス
坂路コースやCWコースで乗りながら、ゲート練習を進めています。9/9(水)はしっかりと出ていましたので、今週中にゲート試験に臨む可能性もあります。先日計測した馬体重が480kgで、馬体が減ることもなく、体調は良好です。

| | トラックバック (0)

フェイマスワーズ2走目出走

フェイマスワーズ、小倉競馬第2R未勝利戦芝1800mに出走しました。

故障続きでロクに調教できず、遅ればぜながらようやく3歳8月にデビューに至ったフェイマスワーズ、そのデビュー戦では大きく出遅れ、終始最後方のままの最下位と残念な結果に終わりました。
残り時間はわずか、出走できるうちはできる限りがんばってほしいものですが、この日は通常の未勝利戦の最終日、何とか出走が叶いました。後はどれだけ上積みがあるか。

グリーンチャンネルでの自宅観戦、パドックのフェイマスワーズは前走比+8キロの452キロと馬体増。
出走相手は二桁着順の馬ばかり、その中でも人気は全くなく、単勝218.0倍の12番人気。出資馬で単勝200倍超えはそうそうありませんが、下に4頭いることにもびっくり。

さてレース、注目のスタートはやはり大きく出遅れ。鞍上が押してそれほど離されずに集団最後方につけてレース進行。
向正面では差がなくなり、集団についていきます。
3~4角を周っての直線、じりじりと上げていき、抜けた上位4頭の後方勢に割って入り、最後は10着まで上げて入線しました。

前走と同じようにスタートで出遅れ、集団最後方での展開にあきらめつつレースを見ていましたが、最後の直線で上がっていき6頭を交わしました。
勝負ありの中とはいえ、最後によく伸びて、それなりの内容になりました。
限定未勝利戦であと1回走ってお終いだと思いますが、さらなる上積みにわずかに期待をかけるしかありません。

サンデー公式サイトによるレース解説。

◆フェイマスワーズ
9/6(日)小倉2R・芝1800m戦に▲53kg・三津谷騎手で出走、馬体重は8kg増の452kgでした。スタートからのダッシュがつかず、後方からのレースになりました。道中は後方2頭目の最内をじっと我慢し、脚を溜めました。直線に入ってからは内目から追い出すと、まずまずの脚で伸びていました。しかし、前との差が大きく、勝ち馬から2秒0差の10着での入線でした。
騎乗した▲三津谷騎手は「前走乗った北村友騎手から『ゲートは遅いから出ないと思う』と聞いていたのですが、やはりスタートからのダッシュがつかなかったです。そこからハミをかけて、なるべく流れに乗ることを心がけました。コーナーではきっちり手前を替えていましたし、追い出してからも脚を使ってくれており、最後までよく頑張って走ってくれています」とのこと、また中尾調教師は「2走目で上積みがあり、最後はよく伸びてくれました。飛節に疲れが出やすい馬なので、レース後、栗東TCに戻ってからの状態を確認しながら、問題なければ4回阪神開催に組まれている限定未勝利戦への出走を目指すつもりです。おそらくダート戦になりますが、なんとか頑張ってほしいと思います」とコメントしています。

| | トラックバック (0)

フェイマスワーズ出走確定

フェイマスワーズ、予定通り出走が確定しました。

◆フェイマスワーズ
9/6(日)小倉2R・芝1800m戦に▲53kg・三津谷騎手で出走が確定しています。このレースは16頭立てになりました。

2走目が確定しました。気になっていた鞍上ですが、聞いたことがないなあと思ったら、今年デビューでまだ未勝利の新人騎手でした。もう少しマシな騎手を手配する気はないのでしょうか。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧