カテゴリー「プレリュードフィズ」の75件の記事

プレリュードフィズ引退決定

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
最後の3歳未勝利戦だった昨日のレースで敗れてしまい、本馬は大変厳しい状況に追い込まれてしまいました。維持費出資金等、会員の皆様のご負担を考慮すると、いたずらに進退の結論を長引かせることは得策ではなく、石坂調教師とも協議した結果、本馬を引退・繁殖入りさせることにいたしました。会員の皆様にとりましてはまことに残念なこと存じますが、なにとぞご了承賜りますようお願い申しあげます。なお、引退の詳細につきましては、後日書面にてお知らせいたします。

限定未勝利戦で惨敗に終わったので、引退決定です。
さすがの良血馬だけに繁殖入りするので、良い仔を産んでほしいものです。

昨日も書いたように、良血馬だけに大いに期待していたのですが、残念ながら期待外れに終わってしまいました。
私の出資馬は、思い入れ重視で繁殖に上がった元出資馬の仔に出資するか、実績重視できょうだいが走った仔に出資するかのいずれかが多くなっています。
言うまでもなく社台・サンデーでは実績馬揃いでお金に糸目をつけないのであれば選び放題なのですが、資金に限度があるので、予算内で比較的安い馬から選ぶことになります。

出資申込みした時点できょうだいが重賞馬だったのはボルボレッタとこのプレリュードフィズの2頭ですが、勝ちあがりどころかまともに出走することもできず、全く失敗に終わってしまいました。
良血馬ながら募集価格が安く、なんとか手が届くので出資したところ、やはり安いのには訳があったという典型的な悪いパターンに陥っています。

近年募集価格が上がってきたので、このクラスの募集馬の適正価格はさらに高騰、もう手が届かないところになってしまいました。
今後はマトリョーシカやジューヌエコールのようにまだきょうだいが走っていない馬から選ぶしかなさそうです。

さて、これで社台・サンデーの中央ファンド馬には通算14頭に出資して勝ちあがりはわずか4頭、自分の見る目のなさに起因するものとはいえ、さすがにうんざりしてしまいます。
賞金が少なくとも勝って楽しめればいいかと半ばストレス発散の目的から地方共有馬も持っていますが、大物らしいグラッブユアダイヤに期待するしかありません(笑)

| | トラックバック (0)

プレリュードフィズ最後も惨敗

プレリュードフィズ、阪神競馬第6R芝1600m限定未勝利戦に出走しました。

1月デビュー以来、入着は1回あったものの、他は二桁着順ばかりと惨敗続きのプレリュードフィズ、最後に詰めて使うこともできず、中5週で限定未勝利戦に出走。
正直なところ出走するのが精一杯で、最後の記念出走。
私自身最高出資額の馬だけに最後のお別れと思って、阪神競馬場で観戦。

パドックのプレリュードフィズ、馬体重は前走比-10キロの406キロよやはり馬体減。
激しくクビを上げ下げし、落ち着かないまま周回。
人気は全くなく、単勝260.8倍の16番人気。

さてレース、プレリュードフィズはまずまずのスタートから集団後方につけてレース進行。
そのままの位置取りから3~4角を外目で周って直線に入りますが、追い上げることなく、17頭中15着で入線しました。

最後の最後でも全くいいところなく惨敗に終わってしまいました。
いまさらながら、アプリコットフィズを筆頭にきょうだいに1億円馬・重賞馬が揃い、最低のシャンボールフィズでも3勝馬というマンハッタンフィズの仔で、私としては最高出資額で思い切って出資しただけに、勝ちあがりは当然、悪くとも2~3勝と大いに期待した馬でした。
募集時から馬体が小さいのが気がかりでしたが、不安的中、馬体の大きな成長もなく、良かったという動きも結局のところさっぱりで、1月にデビューしたものの、能力不足のままでした。
きょうだいがあれほど走っていたのに、一つ上の全兄と気がつけばキングカメハメハ産駒だけが駄目な結果に終わりました。
おそらく繁殖には上げてもらえると思いますので、今後は母親として頑張ってほしいものです。

社台公式サイトによるレース解説。

◆プレリュードフィズ
9/11(日)阪神6R・芝1600m戦に▲三津谷騎手で出走、馬体重は406kg(-10)でした。五分のスタートから中団のやや後ろ外めを追走しました。3コーナーを過ぎて徐々にポジションを上げていきますが、外々を通ってきた差もあったうえ、直線での伸びはいまひとつで、勝ち馬から1.9秒差の15着での入線でした。
レース後、三津谷騎手からは「上手く競馬はしてくれたのですが、道中内に入れることができず終始外を回らされ位置取りの差があったと思います。直線もバテてはいなかったのですがジリジリとしか伸びませんでした」と、また石坂調教師からは「今日は普通に競馬ができていたのですが、敗因を挙げるとすれば外を回った分と、距離が足りなかった分だと思います」とのコメントがありました。
なお、本馬は3歳未勝利戦への出走は今回限りとなります。今後は格上500万下クラスへの出走を余儀なくされ、ますますの苦戦が予想されます。レース後の状態を確かめてから、調教師とも協議して、進退を含めた今後のことを決定する予定です。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
9/11(日)阪神6R・芝1600m戦に▲三津谷騎手で出走が確定しています。このレースは18頭立てです。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定など

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
今週9/11(日)阪神・芝1600m戦に出走予定で、騎手は現在調整中です。想定ではフルゲート18頭に対して21頭が出走を表明していますが、出走間隔による優先順で除外の心配はなさそうです。当初は来週9/17(土)阪神・芝1800m戦を本線に考えていましたが、来週は今週より厳しい出走条件となることが予想され、着順による優先権(前走5着以内)を持たない本馬は確実に出走できる保証はありません。そのため、予定を前倒して今週の出走に踏み切ります。9/7(水)は坂路コースで追い切り、半マイル55.3-40.4-26.4-13.2の時計を併走でマークしました。状態はこの馬なりに安定していますので、何とか善戦を期待したいところです。※荻野極騎手に騎乗依頼しましたが先に頼まれた馬がいたとのことで、▲三津谷騎手が騎乗することになりました。

予定を早めてこの週末に出走予定です。
最後の出走になりますので、精一杯頑張ってほしいものです。
その割には鞍上が心もとないですが・・・

◆ジューヌエコール
栗東TC入厩後も順調で、本日9/7(水)は福永騎手騎乗で坂路コースで半マイル53.6-39.0-25.0-12.5の時計をマークしました。9/24(土)阪神・ききょうSへの出走を予定しており、ここはルメール騎手が騎乗します。

こちらは早くも鞍上を確保。鞍上さらに強化で勝ちにいってますね…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
入厩後もかわりなく順調で、8/31(水)は坂路コースで追い切り、併せ馬で半マイル56.3-41.9-27.4-13.9の時計をマークしました。9/17(土)阪神・芝1800m戦あたりが目標ですが、出走できない場合はダート戦に向かうことになります。

◆ベストワークス
台風の影響で馬の輸送に遅れが生じています。9/1(木)のサラブレットオークションのための移動が間に合わなくなってしまったため、今週のオークションへの上場はキャンセルいたします。9/8(木)のオークションに上場する予定です。会員の皆様には1週間分(9/9(金)まで)の預託料をご負担いただくことになりますが、何卒ご了承賜りますようお願い申しあげます。

◆ジューヌエコール
速めの調教を週2日に増やして乗り込んでいます。9/24(土)阪神・ききょうSに向けて9/1(木)栗東TC入厩が決まりました。現在の馬体重は516kgです。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定など

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
8/24(水)に栗東TCへ入厩しました。4回阪神戦の限定未勝利戦への出走を予定しています。ただし、芝レースは出走できる保障はないため、その場合はダート1800m戦に矛先を向けることになります。

最後の出走にかけて入厩しました。
限定未勝利戦では条件などいってられないので、どこでもいいので頑張るしかありません。

◆ベストワークス
8/28(日)札幌・ダート1700m戦に池添騎手で出走を予定しています。フルゲート13頭立てですが、本馬は優先権があり、確実に出走できます。8/24(水)はダートコースで追い切られ、半マイル57.4-41.4-13.3のタイムをマークし、中1週となりますので、この時計でじゅうぶんといえます。スムーズなレースで、なんとか初勝利を期待しています。

通常の未勝利戦で勝ち上がりにかけます。
勝てさえすればいいので、相手関係が良いレースに出走できるといいのですが。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
この中間も順調に乗り込まれていることから、今週8/24(水)に栗東TCへ入厩する予定です。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
グリーンウッド到着後は少し楽をさせて馬体の回復を促していましたが、今週から騎乗運動を開始しています。9月阪神開催の限定未勝利戦(前走5着以内もしくは通算5走以内の馬が1回だけ出走可能な未勝利戦)への出走を目指して、しっかりと調整していきます。現在の馬体重は413kgです。

最下位に終わり、一旦休養させましたが、やはり無理せずに最後の一走にかけるようです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
レース後も変わりありませんが、次走への優先権が取れなかったこともあり、本日8/3(水)グリーンウッドトレーニングへ短期放牧に出ました。3歳未勝利戦終了まで残された期間は少なくなってきましたが、なんとかいい状態で次走を目指していけるよう、放牧先でも調整していきます。

◆ベストワークス
札幌競馬場に無事到着しています。状態に変わりなく乗っており、8/13(土)札幌・ダート1700m戦に向けて進めます。

| | トラックバック (0)

プレリュードフィズ殿負け

プレリュードフィズ、小倉競馬第4R芝1800m牝馬限定戦に出走しました。

前走で離されてはいたものの5着入着と一歩前進したプレリュードフィズ、優先出走権を確保できたので、中2週で牝馬限定戦に出走。
全く駄目かと諦めていましたが、出来る限りは頑張ってもらいたいもの。

パドックのプレリュードフィズ、馬体重は前走比-4キロの416キロとやや馬体減。
人気は単勝14.1倍の6番人気と前走を受けて好人気。

さてレース、プレリュードフィズは気合を入れてのスタートから集団前から8番手あたりにつけてレースを進めます。
しかし、向正面を通過し3角に入る前からジリジリと後退し、直線に入る頃には最後方まで下がってしまい、最後は優勝馬から3.1秒差離された最下位に終わりました。

前走入着したので多少は期待したのですが、さっぱりの結果に終わってしまいました。
初めて詰めて走りましたが、やはりちゃんと走る能力がないようです。
これでいつどこで走れるかわからないまま最後の出走を迎えることになりそうです。

社台公式サイトによるレース解説。

◆プレリュードフィズ
7/31(日)小倉4R・芝1800m(牝)戦に出走、馬体重は416kg(-4)でした。五分のスタートを切ると、中団8番手くらいからの競馬となりました。しかし道中の追走にはあまり余裕はなく、勝負どころからはジリジリとポジションを下げてしまいました。そのまま最後まで巻き返す脚はみられず、勝ち馬と3.1秒差の16着とシンガリ負けを喫しています。
騎乗した浜中騎手からは「ポジションを取りにいって、ある程度の位置は確保できたのですが、3コーナーからは全くハミを取ってくれませんでした。それ以降、ペースが上がってからも全くついていけていなくて、今日はレースをしていません」とのコメントがありました。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧