カテゴリー「パラノーマル」の158件の記事

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、使ってきていることもあり、このタイミングで一息入れることになりました。高橋調教師は「しばらく、まとまった休養を挟まずに使ってきているのでリフレッシュさせることにしました。転厩してきてから500万クラスを勝ち上がりましたし、これまで良く頑張ってきたと思います。今後に備えてしっかり英気を養って欲しいですね」と話していました。近日中にビッグレッドファーム鉾田に移動して、レースの疲れをしっかりと回復させてから北海道に向かいます。

◆パラノーマル
パラノーマルは、中間も真歌で順調に進められ、17日(土)函館競馬場の水野厩舎に入厩しました。入厩後も順調で、21日にはウッドコースでの追い切りが行われました。水野調教師は「ラストは一杯になって併走馬に遅れましたが、相手が動いたもので心配はないと思います。牧場でしっかり乗り込まれていますし、来週の出走を視野に入れて進めています」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、美浦に滞在中。入厩後も順調で7日(水)にはウッドコースでの追い切りが行われました。高橋調教師は「7日の追い切りは2歳馬に手応えで劣っていましたが、相手が動いたもので、この馬の動きはできていたと見ています。鉾田でも緩めずに乗り込まれていましたし、動ける状態にあるとジャッジ。18日(日)東京の芦ノ湖特別・芝2400mを目標に進めています」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。中間も問題なく追い切りが消化できています。主任は「飼い食いが良く、体調が良さそうですね。馬体は緩めていませんし、いつでも送り出せるように状態を整えていきます」と話していました。来週、再来週あたりに函館競馬場に入厩する予定になっています。

◆ハドソン
マイネルハドソンは、6月11日(日)東京3R・3歳未勝利・ダート2100mに丹内祐次騎手で出走します。前走の交流競走では物足りない結果でしたが、状態は悪くないとの陣営のジャッジです。伊藤調教師は「前走は思っていたほど動けませんでした。ナイターの影響があったのかもしれません。稽古の感触からは、力が出せる状態と見ています。ダートの長めの距離はこの馬に向いている条件と思われるので、巻き返してくれないかと期待しています」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。騎乗開始後も順調で、中間は坂路3本の通常メニューで進められています。主任は「使ってきていることもあり、絶好調というわけではありませんが、続戦可能なコンディションです。厩舎サイドからいつ声がかかってもいいいように態勢を整えていきます」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、真歌トレーニングパークに滞在中。熱発が回復してからの経過は良好で坂路での騎乗を始めていて、問題なく調教が強められています。主任は「乗り出してからは熱発の影響は感じられず、すこぶる順調です。すでにハロン15秒を切るメニューも課しています」と話していました。(5月22日現在の近況)

◆ハドソン
マイネルハドソンは、美浦に滞在中。戻ってからは回復を促す管理が行われています。伊藤調教師は「前走後、馬体に異状はありませんし、このまま使っていけそうな状態です。もう少し様子を見ながら次走について検討していきます。東京のダート2100mあたりを使えるといいですね」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、前走後の回復が遅く、いったんビッグレッドファーム鉾田に出ることになりました。高橋調教師は「使ってきているので、そろそろ疲れがたまってきても不思議はないでしょう。鉾田で軽く一息入れながら様子を見てもらうことにしました。そのうえで、本格的に一息入れた方がいいのであれば、北海道に戻すことも検討してもらいます」と話していました。12日(金)移動済みです。

◆パラノーマル
パラノーマルは、真歌トレーニングパークに滞在中。放牧しています。中間熱発がありましたが、その後の経過は良好です。主任は「大事を取って少し騎乗開始を遅らせています。来週には坂路でのトレーニングを始める予定です」と話していました。(5月8日現在の近況)

◆ハドソン
マイネルハドソンは、5月14日(日)東京2R・3歳未勝利・ダート2100mに柴田大知騎手で出走します。前走後も順調に進められ、陣営から今週の出走にゴーサインが出ました。伊藤調教師は「前走からの回復が早かったですし、追い切りでも自身の動きができているとジャッジして、中1週にも対応可能と判断しました。騎手からも進言がありましたし、芝で勝ち切れなかった点を補えないかと考えて、今回はダートにチャレンジさせてみます」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、4月30日(日)東京9R・陣馬特別・芝2400mに津村明秀騎手で出走します。最近の2戦はしっかりと上位争いに食い込んでいます。高橋調教師は「好調期間を長くキープできるタイプですね。追い切りの動きからも引き続き状態は良いとジャッジしています。前回の東京では物足りない結果でしたが、昇級して初めてのレースでしたし、クラスにも慣れた今なら違った結果が出ないかと期待しています」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、20日(木)真歌トレーニングパークに移動しました。熱発等もなく無事に到着し、体調を整えたうえで放牧を始めています。主任は「この機会にしっかりとリフレッシュさせたいと思います」と話していました。(4月24日現在の近況)

◆ハドソン
マイネルハドソンは、4月29日(土)東京4R・3歳未勝利・芝1800mに柴田大知騎手で出走します。入厩後も順調に追い切りを消化し、陣営から今週の出走にゴーサインが出ました。伊藤調教師は「26日の追い切りでは準オープン馬を相手に良い動きを見せましたし、力が出せる状態と判断しました。今までのレースを見ると、切れる感じではなくじわじわと平均的に脚を使えそうです。容易にバテそうにないので、そのあたりが活かせれば」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、美浦に滞在中。視野に入れていた今週の福島の奥の細道特別・芝2600mはレース間隔が足りずに除外されました。高橋調教師は「追い切りで問題なく動けていたので中1週に対応可能と判断して出馬投票を行いました。本馬は2節でしたが、出走するためには3節が必要でしたね。次走の候補は30日(日)東京の陣馬特別・芝2400mが本線。念のため22日(土)京都の比良山特別・芝2200mにも特別登録する予定です」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、12日(水)ビッグレッドファーム鉾田に移動しました。水野調教師は「使ってきましたし、このタイミングで一息入れることにします。鉾田を経由して北海道のビッグレッドファームに戻すことにしました。状態次第では函館や札幌での出走も視野に入れます」と話していました。レースの疲れをきちんと取ってから北海道に向かいます。

◆ハドソン
マイネルハドソンは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間も順調に追い切りが消化できています。主任は「いつでも送り出せる状態で、オーバーワークにならないように注意しながらメニューを組んでいます。先日の追い切りでもしっかり動けていました」と話していました。来週、美浦に入厩する予定です。

| | トラックバック (0)

パラノーマルしんがり負け

パラノーマル、福島競馬第9R芝1800mに出走しました。

連続入着から中4週の出走のパラノーマル、さらに上昇を目指したいところ。
桜花賞観戦の阪神競馬で映像観戦。

パラノーマル、馬体は前走比-10キロの418キロと大幅な馬体減。
馬体を維持しての近走での好成績だったので、ここで大いに不安。
予想は低いものの、人気は単勝15.3倍の7番人気とまずまず。

レースはスタートから出脚がつかず、集団半ばに位置取り。
そのままレースを進行、3~4角から直線に入りますが、全く脚がなく、後方に下がってしまい、最後は最下位に終わってしまいました。

やはりというか、以前と同じように全くいいところなく凡走に終わってしまいました。
小倉での連続4着が何だったのかという内容で、今後が心配になりました。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

◆パラノーマル
丹内騎手「ある程度、前々で競馬をするつもりでしたが、そこまでダッシュがつきませんでした。良いときはむしろ自らハミをとって進んでいく馬です。加えて今日は終いも伸びてくれませんでした。小倉で好走した際とは違い、内で立ち回れず、外のクリアなところで競馬をしたのはたしかですが、それでももう少し頑張れていいように思います。レース間隔はあいており疲れは感じないのですが、体が減っているのは気になりました。もしかしたら輸送が影響したのでしょうか」

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、美浦に滞在中。レース後も順調で、すでに乗り運動を始めています。高橋調教師は「前走は道中、動くに動けず、力を発揮できなかった印象。今のところ、若干、疲れはうかがえますが使ったなりの疲労というレベルです。中1週となる16日、福島の奥の細道特別・芝2600mへの出走も視野に入れたいところ。ただ、無理をするつもりはなく、週末の動きを見て登録するかどうか検討します」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、4月9日(日)福島9R・4歳以上500万下・芝1800mに丹内祐次騎手で出走します。小倉で3回出走した後は少しレース間隔をあけて、このレースへの出走となりました。水野調教師は「小倉では間隔を詰めて使いましたが、美浦に戻ってからは順調に進められました。今週の追い切りでもしっかり動けていましたよ。力が出せる仕上がりと見ています。福島では初めての出走ですが、一定の結果を出した小倉と同じ小回りコースですので、そのあたりにも期待しています」と話していました。

◆ハドソン
マイネルハドソンは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。仕上げに入ってからは順調で、中間も問題なく追い切りを消化できています。主任は「先日の追い切りでは前にリードホースをおいていた分か、しっかりと集中して走れていました。コンディションが良さそうですね。厩舎サイドからは入厩はもう少しお待ちくださいとの連絡が入っています」と話していました。現時点では、来週の入厩が有力です。

| | トラックバック (0)

パラノーマル出走確定

パラノーマル、特別戦ではなく、平場のレースで出走が確定しました。

◆パラノーマル
福島競馬 4月9日(日) 9R 500万下 芝1800m 丹内祐次 16頭   

| | トラックバック (0)

パラノーマル特別戦出走登録

パラノーマル、来週の福島競馬桑折特別芝2000mに出走登録しました。
登録頭数は26頭、前走入着なので、このまま出走できるはずです。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧