カテゴリー「ジューヌエコール」の269件の記事

ジューヌエコール引退通知

サンデーからジューヌエコールの引退通知が送付されました。
さすがにこれまでの回顧がそれなりの文章での通知になっています。
また、重賞馬なのでJRA公式サイトをはじめ各種媒体で引退ニュースが流されました。

あらためて振り返ると、ジューヌエコールは私の出資馬では初めての新馬勝ちのあと、無傷の3連勝でデイリー杯2歳Sを優勝。
サンデーでは初めての重賞優勝には大歓喜で、その後の期待が大きく膨らみ、クラシック路線での妄想が広がったのを思い出します。
阪神JFではソウルスターリングなど有力馬が揃ったなかで4番人気で出走、ひょっとしたらの期待も空しく折り合いを欠いてまさかの着外には心底がっかりしたものです。
今でも残念ですが、もう少しマシな騎手を確保できなかったものでしょうか。

3歳春は、不利を受けながらもFレビューで入着のあとは、桜花賞出走。
この時点には妄想も現実的なものとなり、せめて掲示板と思いましたが、やはり折り合いを欠いて着外に。
ここで、クラシック路線をあきらめ、短距離路線に方針転換。これには大賛成で、そんななか出走した函館SSでレコードでの優勝。
単に重賞優勝して嬉しかっただけでなくその後の短距離路線での妄想がまたも広がり、重賞レースでの活躍を期待したものです。

ここで全くもって残念だったのが、放牧地での故障発症。
これで秋の活躍どころか、その後の活躍が失われてしまったように思います。
凡走を続けた後に、形ばかりの高松宮記念出走で、私としてはここで芝短距離に見切りをつけほしかったのですが、だらだらと続戦。

ようやくダート路線に変更したオータムリーフSでは勝ったと思った2着。
やはりダート適性があったのかとダートでの活躍に期待が高まりましたが、惜しいレースばかりで勝ちきれないまま、とうとう故障発症から引退の運び。

こうしてみると、勝ち負けに一喜一憂だったように思いますが、さすがにこのような活躍馬に出資できると、一口馬主冥利に尽きるものだと実感できました。
私の出資馬としては最高賞金を稼ぐことができ、さすがの40口クラブの高額配当も嬉しいものでした。
残念なことも多々ありましたが、上を見ればキリがなく、下を見ても同様なので、同世代で強い牝馬が沢山いたなかで頑張ってくれたものだと思います。

新馬勝ちこそ仕事で見に行けませんでしたが、重賞2勝で口取りできたのも最高の喜びでした。
現地観戦のなかで沢山の出資仲間とも出会えて、いろいろと情報交換できたのも楽しいものでした。
マイネソーサリスのように引退レースを出資仲間で観戦して引退を見送ることができなかったのはちょっと残念でしたが。

長々と書きましたが、最後に故障発症での引退となりましたが、お疲れ様でした。
産駒には出資したいものですが、高くて出資できないでしょうねえ…

|

ジューヌエコール引退決定

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
今週に馬体の検査を行いました。しかし、右前脚の球節部の骨折箇所は順調な回復が確認されましたが、繋靭帯炎の方がまだ完全に治まっていない状態でした。トレッドミルの運動等、調教のステップアップは次の定期検査の結果後に持ち越さなければならず、今後うまく運べたとしても来年3月末までの現役期間内に出走できるかどうかが微妙な状況になってしまいました。そのため、安田調教師と牧場獣医師を交えて協議した結果、本馬の現役独行を断念し、このまま引退・繁殖入りさせることにしました。復帰を心待ちされていた出資会員の皆様におかれましてはまことに残念なことと存じますが、何卒ご了承賜りますようお願い申しあげます。引退に関する詳細は、後日書面をもってお知らせいたします。

臨時の近況更新に何事かと思いましたが、引退決定のお知らせでした。
5月の故障発症時は引退かと思われていたので、覚悟はしていましたが、やはり確定となると残念無念。
重賞2勝とこれまでの出資馬としては最高の成績を残してくれたので、さらに上を目指してほしいと期待も高かっただけに引退は残念でなりません。

ダート短距離馬だと思って出資したので、桜花賞出走後に短距離路線に移り、初戦で函館緊急SSを優勝した時は今後の活躍が楽しみでしたが、その直後の故障発症が今となっては痛手でした。
故障発症後に凡走が続き、さっさとダート路線に移ってほしかったのですが、移行にちょっと時間をかけ過ぎたのも残念といえば残念。
ダートに移行後、オープン戦で連続2着だったので、せめてもう1勝はしてほしかったものです。

色々と思い出深い出資馬で、この夏の牧場見学もで再会するつもりでしたが、まずはお疲れ様でした。

|

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
状態に変わりなく、ウォーキングマシンの運動を行っています。間もなく定期検査を受ける予定です。現在の馬体重は555kgです。

|

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況です。

◆ジューヌエコール
この中間もウォーキングマシンで調整しています。今月中に定期検査を行う予定で、良化を期待します。現在の馬体重は551kgです。

|

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
ウォーキングマシンの運動を継続しています。定期的に骨折箇所のレントゲン検査を行って、回復具合を見ながら調教の負荷を高めるタイミングを判断します。それまでは脚元がしっかりと固まるのを待ちます。現在の馬体重は554kgです。

|

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
入場後はウォーキングマシンで調整しています。しばらくは軽めのメニューで、患部の回復を待ちます。現在の馬体重は527kgです。

|

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
5月31日(金)NFしがらきに放牧に出ました。脚元が回復するまで時間を要すことから、夏場はNF早来で調整します。6月1日(土)発で中継地点のNF天栄へ移動予定です。

長期休養のため北海道に戻ることになりました。

◆アーモロート
調教メニューは変わらず、周回コースと屋内坂路(900m)2本で乗り込まれています。コンスタントにハロン15秒のペースも消化できており、徐々に馬体に見合った体力が身についてきました。2歳戦も始まりますが、焦らずこの馬の成長に合わせて進めていきます。現在の馬体重は516kgです。

この馬なりにゆっくりと。まだ慌てる必要はありませんが、いつ頃入厩なのか気になるところ。

|

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
入厩後はキャンターで乗っていましたが、右前脚の球節部はスッキリしませんでした。そのため、5月29日(水)午後にJRA獣医師の診察を受けた結果、骨片が剥離していることが判明し、全治3ヵ月以上の事故見舞金の対象との診断がくだされました。また、繋靭帯の炎症も確認され、残念ながら脚元への影響としてはこちらの方が大きくなります。繋靭帯炎の回復を待っている期間に、保存療法で剥離骨折の箇所は固まるとみています。近日中にNFしがらきに放牧に出し、秋競馬での復帰を目指します。

具合が悪いらしいとは聞いていましたが、検査結果は思っていたよりも重症。
このまま引退はないようですが、秋に復帰できるのでしょうか。
来年3月の定年引退までに復帰できれば上出来くらいに思っていたほうが良さそうです。

◆ラディアントパレス
6月2日(日)阪神・ダート1400m牝馬限定戦に出走を検討していましたが、想定によると本馬の出走間隔だと除外が確実な状況です。そのため、6月8日(土)阪神・ダート1400m牝馬限定戦まで待機することにしました。5月30日(木)に追い切ります。カイバは食べており、先日計測した馬体重は434kgでした。中内田調教師は「交流戦にも選出されましたが、勝てなければ向かう意味がありません(5着以内でも優先出走権は発生しません)。強い相手がいるので、見合わせます。来週も牝馬限定の番組があり、今週よりも出走希望頭数は少ないと予想しますので、ここを目指します」と話しています。

馬三郎では6月2日出走予定のようですが、除外確実で見送り予定。
なかなか出走レースも定まりませんが、何とか体調は整えてレースに臨んでほしいものです。

|

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
5月25日(土)に栗東TCへ入厩しました。

ということで入厩。様子見で診療所の検査を受けて放牧でしょうか。

|

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
先週末に両前脚の球節部に張りが出てきました。ウォーキングマシンの運動にペースダウンして、いまは回復を待っています。右前脚は以前にも不安が生じた場所であり、5月25日(土)に栗東TCへ入厩して厩舎で進めてみて、必要であればトレセンの獣医の診察を受けることも考えています。現在の馬体重は528kgです。

|

より以前の記事一覧