カテゴリー「マイネルハドソン」の92件の記事

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。騎乗開始後も順調で、中間は坂路3本の通常メニューで進められています。主任は「使ってきていることもあり、絶好調というわけではありませんが、続戦可能なコンディションです。厩舎サイドからいつ声がかかってもいいいように態勢を整えていきます」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、真歌トレーニングパークに滞在中。熱発が回復してからの経過は良好で坂路での騎乗を始めていて、問題なく調教が強められています。主任は「乗り出してからは熱発の影響は感じられず、すこぶる順調です。すでにハロン15秒を切るメニューも課しています」と話していました。(5月22日現在の近況)

◆ハドソン
マイネルハドソンは、美浦に滞在中。戻ってからは回復を促す管理が行われています。伊藤調教師は「前走後、馬体に異状はありませんし、このまま使っていけそうな状態です。もう少し様子を見ながら次走について検討していきます。東京のダート2100mあたりを使えるといいですね」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによるレース後の関係者コメント。

◆ハドソン
柴田大知騎手「どうしたのでしょう。スタートからまったく進んでいきませんでした。なにか周囲に気を使ったような走りでブレーキがかかってしまいます。スローな流れにもかかわらず自分から動く余裕もありませんでした。前走ではこのようなことはなかったのですが。原因ははっきりとはわかりませんけれど、もしかしたら初めてのナイター競馬の影響があったのかもしれません」

伊藤大調教師「期待していただけに残念でした。前走とはまるで違う行きっぷりでしたね。騎手の言うようにナイターの影響もあったのかもしれません。状態には問題ないと見ていますので、このままダートで使っていく方向で考えています」

| | トラックバック (0)

ハドソン交流戦で惨敗

ハドソン、大井競馬第10Rフォーチュネイト菖蒲特別ダート1800mに出走しました。

前走ダートでの初出走でも変わり身がなく、7着とこれまで同様にパッとしない成績に終わったハドソン、今回は地方競馬の交流戦に出走することになりました。
南関東勢のレベルが高いのか、出走する中央勢のレベルが低いのか、中央勢でも太刀打ちできないイメージのある交流戦ですが、何とか上昇を図りたいところ。

ネットでのライブ観戦、この日の馬体重は510キロと変わらず。
競馬ブックの予想では◎以下それなりに印がある好評価で、これを受けて単勝5.5倍の3番人気と好人気。

さてレース、ハドソンはスタートで出遅れ、行き脚もなく最後方に。ここで実質レース終了。
最後方のままレースを進め、向正面で落ちてきた1号馬を交わして徐々に前にあがっていき直線に入りますが、追い上げもほとんどなく、13頭中8着に終わりました。

前走のように先行しても最後の脚がなく勝ち負けできないのに、先行できない時点でレースは終わりです。
正直なところ交流戦でもこの内容では先がありません。
それにしても、優勝馬を除いて下位を中央勢6頭が占める体たらく。南関東の状況はさっぱりわかりません。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。到着後は軽く一息入れてから騎乗を始めています。主任は「前走から日にちが経過しています。跨った感触からは状態には問題なさそうです。コンスタントに使ってきていることもあり、様子を見ながら進めていきます」と話していました。

ここで一旦休養も早く復帰できそうです。

◆ハドソン
マイネルハドソンは、美浦に滞在中。レース後は軽めのメニューで回復が促されています。伊藤調教師は「レース後も元気にしていたので選択肢を広げる意味もあり交流競走に申し込んでおいたところ選抜されています。交流競走は比較的相手関係が楽になる傾向があり、条件もこの馬に向いていると思われます。前走後の回復は順調ですし、力が出せる状態でレースを迎えることができるとジャッジしました」と話していました。24日(水)大井のフォーチュネイト菖蒲特別・ダート1800mに柴田大知騎手で出走します。

大井競馬の交流戦に出走するようですが、南関東勢ではそれほど弱面子ではないと思いますが…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ハドソン
マイネルハドソンは、24日(水)大井のフォーチュネイト菖蒲特別・ダート1800mに登録を申し込み、選抜されました。なお、出否の最終決定は、19日(金)となります。

| | トラックバック (0)

ハドソン出走結果

ハドソン、東京競馬第2Rダート2100mに出走しました、

パッとしない成績続きで、栗東から美浦に移ったものの、前走ではこれまでで最低の成績に終わってしまい、とうとう芝に見切りをつけてダートに活路を求めることになったハドソン、まずはどこまで走れるかに注目。

この日の馬体重は前走比+6キロの510キロとやや馬体増。
評価は低く、人気は単勝31.0倍の8番人気。

さてレース、ハドソンは好スタートから先行争い、集団4、5番手につけてレースを進行。
先行勢のままレースを進行、3~4角を内で周って集団3番手の好位置で直線へ。
直線で先頭2頭が抜けて勝負あり、何とか入着をと粘りましたが、徐々に抜かれて最終7着で入線しました。

この日は先行から好位置で直線を迎え、一瞬期待しましたが、芝のレースと同様に脚が最後まで持たず、いつもと同じような7着と、良くも悪くもない着順に終わりました。
この血統ならではの切れのある脚がないだけ、ダートの方がまだ向いているように思います。
これから勝ち抜けの時期となり、まずは入着と一歩前進を期待するしかありません。

ダートラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

◆ハドソン
柴田大知騎手「ダートの走りはよかったですね。競馬も上手です。今日に限っては、時計が速い馬場が響きました。こちらも最後までよく伸びてくれたのですが。力の必要な馬場で走らせてみたいですね」

伊藤大調教師「ダートの適性は感じられました。引き続き次走もダート本線で考えたいと思います。地方交流競走へも申し込んでいきます」

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、前走後の回復が遅く、いったんビッグレッドファーム鉾田に出ることになりました。高橋調教師は「使ってきているので、そろそろ疲れがたまってきても不思議はないでしょう。鉾田で軽く一息入れながら様子を見てもらうことにしました。そのうえで、本格的に一息入れた方がいいのであれば、北海道に戻すことも検討してもらいます」と話していました。12日(金)移動済みです。

◆パラノーマル
パラノーマルは、真歌トレーニングパークに滞在中。放牧しています。中間熱発がありましたが、その後の経過は良好です。主任は「大事を取って少し騎乗開始を遅らせています。来週には坂路でのトレーニングを始める予定です」と話していました。(5月8日現在の近況)

◆ハドソン
マイネルハドソンは、5月14日(日)東京2R・3歳未勝利・ダート2100mに柴田大知騎手で出走します。前走後も順調に進められ、陣営から今週の出走にゴーサインが出ました。伊藤調教師は「前走からの回復が早かったですし、追い切りでも自身の動きができているとジャッジして、中1週にも対応可能と判断しました。騎手からも進言がありましたし、芝で勝ち切れなかった点を補えないかと考えて、今回はダートにチャレンジさせてみます」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定

ハドソン、出走が確定しました。
ダート初出走で、ここで変わり身を期待するしかありません。

◆ハドソン
東京競馬 5月14日(日) 2R 3歳未勝利 ダ2100m 柴田大知 16頭

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆ハドソン
東京競馬 5月13日(土) 2R 3歳未勝利 ダ1600m 未定
東京競馬 5月14日(日) 2R 3歳未勝利 ダ2100m 柴田大知

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、美浦に滞在中。前走後は軽めのメニューで体調が整えられています。高橋調教師は「中山での成績からは、もう少しやれてもいいと思いますが、前回、東京を使ったときよりも着順、着差とも上ですので、その点は良かったと思います。この後、どうするのかはもう少し様子を見ながら判断していきたいと考えていて、状態に問題なければ、28日(日)東京の青嵐賞・芝2400mあたりを視野に入れて進めていきたいと思います」と話していました。

◆ハドソン
マイネルハドソンは、美浦に滞在中。レース後も順調で、すでに乗り運動が始められています。伊藤調教師は「切れ味の勝負になると辛いですね。疲れなどを見せなければ在厩のまま次走を目指して進めていきます。次走はダートも視野に入れてレースを検討していきます」と話していました。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧