カテゴリー「グラップユアダイヤ」の66件の記事

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
1月11日(木)に茨城県のセグチ・レーシングステーブルへ移動しています。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
この中間も舎飼で様子をみていますが、左前脚ヒザの熱感、腫れがひかないため、茨城県のセグチ・レーシングステーブルへ放牧に出ることになりました。

やはり重症のようで放牧へ。これでは復帰はいつになるのやら。
今年復帰して勝ちまくってA級へのステップアップを期待していたのですが、あきらめました。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
レントゲン検査の結果、左前脚の膝に骨膜を発症していることが判明しました。しばらくは厩舎で様子をみて、放牧に出すことも検討します。

間もなく復帰と思っていたら今度は骨膜発症。
なかなかうまくいかないというか、またまた長引きそうで、もう今後のことはあきらめた方がよさそうですね…

| | トラックバック (0)

社台地方共有馬の成績その2

社台地方共有馬の成績、レイクマッケンジーの2011年産駒をみましたが、続いてグラッブユアダイヤの2014年産駒を調べてみました。

社台地方共有馬の2014年産の募集馬は31頭、故障等で未出走のまま引退した馬をはじめ、既に5頭が引退しています。
最大の活躍馬は何と言ってもステップオブダンスで、ユングフラウ賞、ロジータ記念を勝って、賞金4823万円を獲得しました。
続いてキャンドルグラスが5勝、2520万円を獲得してA1、ラクワキアーラ5勝1425万円、ゴーフューチャー3勝1209万円、フライングショット5勝1032万円と続いています。

南関東クラシックで活躍する馬が1頭いて、これに続く馬が数頭というのは、2011年産駒と同じような状況です。
私のグラッブユアダイヤは賞金605万円、まだまだこれからで、今後下級条件からどれだけ勝ち星を重ねて賞金を稼げるかに期待するしかありません。
獲得賞金だけみれば、クラシックの賞金が破格の高額なので、この時期に稼げるだけ稼いでおかなければ後々厳しいのが現実でしょうか。

| | トラックバック (0)

社台地方共有馬の成績その1

初めての地方共有馬のレイクマッケンジーが12月に引退したので、たまに振り返っている同世代の社台地方共有馬の成績を見直してみました。

昨年7月時に調べた時は、2011年産世代は、募集20頭中現役なのは6頭としていましたが、見直すと牝馬2頭が3月一杯で定年引退しており、この時点で現役だったのは4頭でした。

4頭のうちの1頭がレイクマッケンジーだったので、現時点で現役なのは3頭になりました。
この期間、A2のブリージーストームが勝ち星をあげて賞金を加算したほか、B級の他の2頭も勝ち星をあげて獲得賞金2千万円を越えました。勝っている以上はまだまだ現役を続けるものと思います。

あらためて、この2011年産世代は募集馬20頭で、通算勝ち星は79勝、通算獲得賞金は3億1445万円。1頭平均の勝ち星は3.9勝、獲得賞金は1572万円。
レイクマッケンジーは6勝、1958万円なので、平均よりは上だったことになります。

最大の活躍馬はユングフラウ賞、ロジータ記念、東京シンデレラマイルなどの重賞を優勝したノットオーソリティで8勝、8566万円。
続いて、ブリージーストームが9勝、3842万円、ストロングジーンが8勝、2582万円。
以下同じような数字が続いて、賞金2千万円以上が都合8頭います。
レイクマッケンジーは惜しくも2千万円に届かず9番目になります。

ちょっと驚いたのですが、この次は随分と差が開いて400万円台まで下がります。
要するに、平均は1572万円ですが、活躍した馬は9頭だけで、それ以外は全く駄目だったことになります。

中央競馬と違って、未勝利引退はないので、実力がそのまま獲得賞金になっていると考えると、募集馬の約半分がまずまず楽しめる状態で、残りがさっぱりという状況。
収支的には、賞金を3千万円程度獲得しないと赤字。
以前にも書いたと思いますが、社台の地方共有馬、まとめるとこんなところでしょうか。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
12月28日(木)に調教試験を受ける予定でしたが、回避することになりました。この中間は12月16日(月)に4Fから54.0秒の時計を馬なりでマークしていましたが、12月22日(金)の調教後に左前脚の膝裏が腫れてきてしまいました。熱感もあるため、しばらくは運動のみで様子をみます。

なかなか上手くいきませんね… 大事ないことを願うばかり。
いまさら急ぐ必要もないので、じっくりと進めるしかありません。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
船橋競馬場へ帰厩後も順調で、12月9日(土)に森騎手が跨り3Fから15-15の速めの調教を消化しています。「休み明けのわりには息ができています。飼葉食いも良くなってきましたので、12月28日(木)の試験を目標に調教を進めていきます。」(多田厩務員)。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
12月1日(金)に船橋競馬場へ帰厩しており、本日12月4日(月)から森騎手が跨ってダク1周と軽めキャンター1周を乗られました。馬体重は464kgです。「北海道からの長距離輸送で体が減ってしまいました。ふっくらさせてから、徐々にペースを上げていきます。」(多田厩務員)。

ようやく帰厩しました。乗り込みを再開しましたが、森騎手起用とまだまだ期待が高いようです。
これから能検を経て、復帰戦はいつ頃になるのでしょうか。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
12月4日(月)からの船橋開催での出走を予定しており、この中間は11月25日(土)に内馬場で4Fから53.0-39.4秒の時計を馬なりでマークしています。

◆グラッブユアダイヤ
この中間は周回馬場でハロン20秒のキャンター2000mを乗られ、週2回、直線コースで軽めキャンター、週2回はトレッドミルへ入れての調整を行なっています。近日中に船橋競馬場へ帰厩して、12月28日(木)の調教試験を目差します。現在の馬体重は492kgです。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
この中間に右トモの患部に外傷を負って感染症を発症しました、5日間ほど調教を休ませましたが、すぐに回復して乗り出しを再開しています。予定通り、11月下旬に帰厩して12月28日(木)の調教試験を受ける予定です。現在の馬体重は498kgです。

また故障したのかと一瞬焦りましたが、間もなく帰厩するようです。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧