カテゴリー「グラップユアダイヤ」の51件の記事

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
この中間から調教ペースを上げて、周回馬場でダク800mとハロン20~23秒のキャンターを1本、週1回火曜日には坂路コースでハロン16~17秒のキャンターを1本というメニューで進めています。体の疲れはとれていますが、坂路では左にモタれています。まだ仕上がり途上ですので、トレッドミルを併用しながら進めていきます。現在の馬体重は492kgです。

◆グラッブユアダイヤ
この中間からウォーキングマシンに加えて、トレッドミルへ入れての運動を開始しています。右トモ球節内側の肉芽の盛り上がりは治まってきていますが、慎重に進めていきます。現在の馬体重は494kgです。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
セグチ・レーシングステーブルヘ移動後は、1週間ほどウォーキングマシンのみの運動で楽をさせて、7月17日(月)から馬場入りを再開しています。現在は周回馬場でダク800mと軽めキャンター1600m、調教でハミ受けが悪いため、週2回はトレッドミルを併用して調整しています。夏場ですが、疲れはなく馬体の張り艶は良好です。10月上旬の帰厩を目標に徐々にペースを上げていきます。現在の馬体重は500kgです。

2か月も夏休みとは予想外。ここで立て直しできなければ…

◆グラッブユアダイヤ
この中間はウォーキングマシン120分とパドック放牧で患部の回復を待っています。傷口は良くなっていますので、様子をみながら馬場入りを再開します。現在の馬体重は490kgです。

8月に牧場見学に行くつもりですが、まだまだ牧場に滞在していそうですね…

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
前走のレース後、馬体に疲れがみられるため、千葉県のセグチ・レーシングステーブルへ放牧に出ています。

勝ち星をあげることができないまま休養へ。ここでどこまで立て直すことができるか。

◆グラッブユアダイヤ
社台ファームへ移動後は、ウォーキングマシン60分と放牧で患部の様子をみています。傷口が乾いてだいぶ回復してきました。8月上旬には馬場入りを再開できそうです。現在の馬体重は486kgです。

社台ファームに移動。まだ怪我が充分に治っていないようでは…

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
傷口が乾いたため、6月30日(金)に社台ファームへ移動しています。

ようやく北海道に移動。怪我の回復だけで2か月もかかってしまいました。
これから立て直して復帰となると、早くても9月以降で、3歳秋の主だったレースには間に合いそうにないように思います。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
この中間はウォーキングマシン50分の運動で、患部の回復を待っています。まだ乾ききっていないため、あと2週間ほど様子をみてから、社台ファームへ移動する予定です。現在の馬体重は481kgです。

牧場見学ツアーでスタッフから聞いたとおり、ここでじっくり復調させるために、社台ファームで放牧です。
何とかロジータ記念、東京シンデレラマイルに出走できるように、秋には復帰できるといいのですが。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
引き続き、茨城県のセグチ・レーシングステーブルで治療を続けています。右後肢の球節から蹄冠部にかけての傷は、徐々に回復してきています。ウォーキングマシンへ入れての運動も始めていますが、歩様に違和感はなく体調は良好です。

擦過傷だったはずですが、回復状況からは、思っていたよりは大怪我だったようです。
一度仕上げたので、無理しない程度に維持しながら復帰を目指してほしいものです。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
開いている傷口の治療に専念するため、昨日5月12日(金)に茨城県のセグチ・レーシングステーブルへ移動しています。※美浦トレセンから専門の獣医師を呼んで治療を行います。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
右後肢の球節の傷の回復は早く、1週間ほどで完治しそうです。次走については、馬場入りしてから検討します。

まずは大事ないようで一安心。今後は白紙になりましたが、無理しないように。

| | トラックバック (0)

グラッブユアダイヤ出走取消

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
【緊急】5月11日(木)大井11R・東京プリンセス賞(SⅠ)への出走を取り消すことになりました。きょう8日(月)の追い切り後に削蹄のため洗い場につないでいたとき突然暴れて、右後肢を後ろの側溝に突っ込んでしまいました。その際右後肢の球節から蹄冠部にかけて擦過傷を負い、傷口の表面が剥けてしまったため治療を施して、出走取り消しとなったものです。川島調教師からは「もともとテンションの高い馬で気をつけていましたが、急にバタバタしてしまいました。さいわい歩様には異常なく、経過についてはまた随時ご連絡します。本番前にこのような事態となり、申し訳ありませんでした」との報告がありました。

今日は事前情報を得るべく週刊競馬ブック等を読んだところ予想印も厚く、レースを楽しみしていました。
夜になってから現地観戦のため飛行機の予約しようとネットを見ていると、出走表がアップされていたので、枠順も確定したかと確認すると、取消の文字が目に飛び込みました。
あわてて公式サイトを見ると、緊急記事がアップされていました。

また脚を痛めたのかと心配しましたが、大怪我ではないものの、出走取消とは全くもって残念なことになってしまいました。
先日からの近況で、順調に仕上がっており、ここを勝ってさらにダービーにということまで書いたためではありませんが、やはり競走馬は何があるかわからないことをあらためて認識することになりました。
待望のクラシックは白紙となりましたが、今は大事無いことを願うばかりで、まずは立て直して夏から秋に向かうしかありません。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
5月11日(木)大井11R(20時10分発走)・東京プリンセス賞(SⅠ)・距離1800m戦へ吉原騎手での出走を予定しており、5月7日(日)に最終追い切りを行いました。森騎手が跨り、単走で5Fから69.0-52.7-38.8秒の時計を馬なりでマークしています。「休み明けをひと叩きして動き、息遣いともに確変しました。今までは硬い走りだったのですが、体全体を使えるようになって伸びのあるフォームに変っています。前走のグラッブとは違う馬なので、マークしなければならないです。」と、多田厩務員からは「体全体に筋肉がついて、動きが柔らかくなりました。苦しいところから脱して成長を感じます。最近は飼葉をモリモリ食べているので、まだまだ良くなるでしょう、ダービーが楽しみになってきました。」とのコメントがありました。

前走の急仕上げから、今回は状態が上向きになってきたようです。
東京プリンセス賞を走る前にダービーのことなど話題にして大丈夫でしょうか。
話半分としても期待できそうで、何よりも南関東牝馬クラシックレースなので、仕事を休んで見に行くつもりです。

| | トラックバック (0)