カテゴリー「モルドワイン」の54件の記事

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
前走レース後も脚元を含め馬体に変わりはありません。このままトレセンで調整を行い、続戦する予定です。
「チグハグな競馬にもなってしまい、申し訳ありませんでした。調教でしっかりと動けるようになってきたので、前進を期待したのですが…。適性を含めて、まだ判断がつきにくい面があります。次走への権利はないものの、3場開催中ならば、それほど間隔をあけなくても出られると思うので、ダート戦も視野に入れつつ次走を検討していきます」(牧浦調教師)

| | トラックバック (0)

モルドワイン復帰戦惨敗

モルドワイン、福島競馬第4R芝1800mに出走しました。

昨年12月にデビューしたものの成績が下降線をたどり外厩に放牧されたモルドワイン、その後順調で状態もあがってきたところで2か月半振りの復帰戦に出走。
どこまで走れるか期待が高まるところで、このところ騎乗が増えている藤田菜七子騎手騎乗というので、先週に続いて福島競馬場まで行って現地観戦。

パドックのモルドワイン、馬体重は前走比-4キロの448キロとやや馬体減。
周回ではきびきび歩いて状態はまずまずの様子。
競馬ブック等の予想は印が一つあるかないかの低評価。
あまり強い馬も見当たらず人気は分かれ、騎手人気もあって当初はそこそこの人気でしたが、最終的に単勝47.8倍の11番人気と低人気に。
馬場入りではもたつき、ゲート前でも引き手がつかないと落ち着かず、レース前に一抹の不安。

さてレース、モルドワインはまずまずのスタートでしたが勢いがつかず後方に下がります。そして後方のままレースを展開。
3~4角を周って直線に入りますが、最後まで後方のままで、結局11着に終わりました。

終始後方のままで全くレースになりませんでした。
クラブ近況では随分と調子が良くなっているとのことでしたが、その片鱗すら見受けられず、何をしていたのかという思い。
芝かダートかどころの問題ではなく、この先が心配される復帰戦惨敗でした。

G1公式サイトによるレース解説。

◆モルドワイン
4月14日(土)福島・芝1800m戦に51kg▲藤田騎手で出走し、馬体重は前走から-4の448kgでした。
レースでは、五分のスタートを切るも、無理せず控えました。道中は馬群を見ながら、少し離れた中団後ろを進みました。各馬のペースアップで徐々にポジションを下げると、3・4コーナー中間から馬場の外めに持ち出していきました。直線では大外に進路を取り、どれくらい末脚を伸ばせるか期待がかかりましたが、上位争いには加わることができず、勝ち馬とは1.7秒差の11着で入線しています。
「走りがワンペースで、勝負どころでついていくことができませんでした。結果的に、もう少し前で競馬をした方が持ち味を出せたかもしれません。インコースは若干荒れ気味で、ノメるような走りになり、しっかりと抱えていないと走りがバラバラになってしまいそうな道中でした。そのため、直線は外に出しましたが終いもそれほど伸びきれませんでした。臨機応変にレースをすることができず、すみませんでした」(藤田騎手)
「隣の勝ち馬を見る形で競馬を進めて欲しかったのですが、相手がスタートで遅れてしまったため、チグハグな競馬になってしまいました。トモがまだしっかりしていない分、走りのバランスが安定しませんし、頻繁に手前をかえたりと、実戦での課題が残ります。調教の動きなどから前進を期待していただけにすみませんでした。次走は再びダート戦も含めて検討します」(牧浦調教師)

| | トラックバック (0)

モルドワイン福島出走へ

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
今週4月14日(土)福島4R(11:15)・芝1800m戦に51kg▲藤田騎手で出走が確定しています。このレースはフルゲート16頭立てになりました。

牧浦調教師も迷っていたようですが、芝レースに出走することになりました。
このところ社台グループでも騎乗が増えている藤田菜七子騎手騎乗。
先週行ったばかりですが、状態が上がっての復帰戦なので現地観戦するつもりです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
今週4月14日(土)福島・芝1800m戦か、今週の福島・ダート1700m戦に出走を予定しています。想定時点では、芝1800m戦はフルゲート16頭のところに31頭が出走を表明しているものの、本馬の出走決定順は13番めとなっているため除外の心配はありません。また、ダート1700m戦の場合は牝馬限定戦は除外濃厚ですが、その他のレースならば出走が叶いそうです。
この中間も入念に乗り込み、本日4月11日(水)は坂路コースで追い切りました。55.3-40.8-25.9-12.8秒の時計をマークしています。
「輸送もありますので、坂路コースでサッと追い切りました。チップを入れ替えたばかりで、重たい馬場でしたが、終いまでしっかりと駆け上がっていました。どのレースへ向かうかはもう少し考えさせてください。メンバー的にはダート戦の方が楽になると思いますが、先週・先々週と終いの伸び脚が良くなっていますので、もう一度芝のレースへ向かうことも検討しています」(牧浦調教師)

状態が上がっており、復帰戦を楽しみにしていたところ、何とびっくり、福島出走。
さらに状態が良すぎて、芝かダートで迷っているようです。
行ったばかりの福島競馬、現地観戦はどうしたものでしょうか。、

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
4月8日(日)坂路コースで時計を出しており、58.7-43.2-28.1-13.7秒をマークしています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
この中間も入念に乗り込んでいます。本日4月4日(水)はウッドチップコースで追い切り、6Fから85.5-69.4-54.2-39.1-12.2秒の時計をマーク。道中の追走から、しっかりと脚を伸ばして、最後は僚馬に併入しました。
「しっかりと動けていました。調教の動き・手応えは良いので、もっとやれるはずです。これまで芝・ダート双方を使いましたが、まだどちらがいいなど適性が掴めていないのが正直なところです。来週か再来週には出走態勢が整いそうですが、もう少し条件面は考えさせてください。きっかけを掴んで、馬が自信をつけてくれれば、変わってきてくれると思っています」(牧浦調教師)

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
4月1日(日)坂路コースで時計を出しており、60.7-44.4-29.2-14.3秒をマークしています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
この中間も入念に乗り込んでいます。本日3月28日(水)はウッドチップコースで併せ馬の追い切りを行い、6Fから86.3-69.6-54.4-39.6-12.0秒の時計をマークしました。
「体の張りが出て、いい状態で調整できています。今日の追い切りも終いの伸び脚はなかなか良かったですよ。まだ緩さがあるので、ビュンと速い脚はまだ繰り出せないと思いますが、ジワッと勢いをつけていければ、しっかりと伸びてくれそうです。引き続き追い切りを重ねて、どのレースへ向かうのか検討していきたいと思います」(助手)

随分とコメントが良くなっていますが、話半分に聞いておきます。
まずは順調に復帰戦まで進みますように。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
先週(金)栗東TCへ帰厩後も順調に調整しています。本日3月21日(水)は坂路コースで追い切り、58.6-43.4-28.3-13.5秒の時計をマークしました。追い切りの動きと仕上がり具合を見ながら目標レースを定めていきます。
「まだこれから仕上げていくというところですが、体の張りが出た状態で戻ってきてくれました。週2回の追い切りで徐々に時計を詰めていきたいと考えています」(牧浦調教師)

良い状態で帰厩できたようです。立て直しての復帰戦を期待したいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
乗りながら馬体重は474kgまで増え、雰囲気も良くなってきたことから、本日3月16日(金)栗東TCへ帰厩しました。こちらでさらにピッチを上げて、出走態勢を整えていきます。

いつ帰厩するのかと心配するまでもなく意外と早く帰厩しました。
社台・サンデーの出資馬では珍しく、一時的な放牧かと思われます。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧