カテゴリー「コンステレーション」の66件の記事

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬近況。

◆コンステレーション
コンステレーションは、レース後、特に問題なく馬場入りを開始しました。手塚調教師は「現時点で確約はできませんが、函館の馬房はなんとか用意できそうです。ただ、1戦だけになってしまうかもしれません。それでも滞在競馬で直前輸送がなく競馬に向かえるのはプラスだと思いますし、函館を使うメリットはあると思います。その方向で調整していきます」と述べていました。

◆ウィルトス
マイネルウィルトスは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。主任は「騎乗を進めていますが、思っていたよりも動きの良化具合がスローですね。体調がまだ本物ではないようです。季節の変わり目で変動する気温の影響もあるのかもしれません。一気にペースアップせず、様子を見ながら進めています」と述べていました。

◆トゥールドマジ
トゥールドマジは、24日(金)に栗東から真歌へ移動しました。運動制限をして管理しています。田所調教師は「北海道であらためて検査をしてもらい、その結果を受け、まずは手術のタイミングを含めて治療方針を検討してもらいます」と述べていました。

|

出資馬出走結果

コンステレーション、新潟競馬第5R芝2000m牝馬限定戦に出走しました。

前走6着後短期放牧を経て、牝馬限定戦に出走のコンステレーション、いつものお抱え騎手ではなく、今年デビューながら勝ち星を重ねている斎藤騎手を鞍上に上位進出を目指したいところ。
レースは自宅でグリーンチャンネルテレビ観戦。

この日の馬体重は前走比+4キロの480キロと何とかやや馬体増。
競馬ブックの予想では△がいくつかある程度、それでも単勝15.8倍の7番人気とまずまずの人気。

レースはゆったりしたスタートで大外から先行勢に取り付こうとしますが、集団7番手につけてレース進行。
中盤は大外を周りながらレース進行。
最後の直線では先行勢をよく追走しますが、順位としてはあまり変わらず6着で入線しました。

前走同様にこの馬なりに先行勢を追走するのですが、一気に追い上げる程の脚はなく、中盤順位とほとんど変わらないまま入線しました。
大敗する訳でもないので実力が全くないとは言えないのですが、入線するのがやっとという走り。
小さな馬体でよく頑張っているのですが、馬体の成長など大きな変化がない限り、今後の展望は厳しいとしか言えません。

ラフィアン公式サイトによる関係者湖コメント。

◆コンステレーション
斎藤新騎手「良い形で勝負どころをむかえられ、手ごたえもありました。しかし、いざ追ってからがいまひとつです。伸びてはいるのですが、じりじりでした。瞬発力勝負になると分が悪いですね」

手塚調教師「ハミに敏感な馬で、ハミが口内の上っ面に当たると頭を上げますが、引っかかっているわけではありません。大きなロスのないままレースを進められたのにもかかわらず、手ごたえほど伸びなかったのは個性ですね。小回りコースの方がベターでしょう。函館の馬房を調整してみます」

|

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆コンステレーション
コンステレーションは、5月19日(日)新潟5R・3歳未勝利・芝2000mに斎藤新騎手で出走します。手塚調教師は「うまく3キロの減量騎手を確保できました。牝馬限定戦ですし、理想的な条件です。追い切りはオーバーワークにならないよう調整し、良い状態で臨めます」と述べていました。

◆トゥールドマジ
トゥールドマジは、栗東で調整中。今週は芝コースで追い切りました。田所調教師は「1本目としては動きは良かったですね。ただ、16日(木)になり、右前のヒザが腫れました。痛みはなく歩様も問題ないので、ひねるなどしたのだと思われます。一過性のものでしょう。週末まで様子を見て腫れがひけばまた乗り進めていきます」と述べていました。

|

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆コンステレーション
新潟競馬 5月19日(日) 5R 3歳未勝利(牝) 芝2000m 斎藤新

|

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆コンステレーション
コンステレーションは、美浦で調整中。今週はポリトラックで追い切りました。手塚調教師は「小柄な馬なので負荷がかかりすぎないよう、追い切りでは走りやすいポリトラックを選択。順調ですね。19日(日)新潟の芝2000mの牝馬限定戦に向かう予定です。引き続き減量騎手の確保に動いています」と述べていました。

出走予定が明示。まだ軽量騎手は確保できていないようです、大丈夫でしょうか。

◆ウィルトス
マイネルウィルトスは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。主任は「ひといき入れた割には体重が増えませんでしたが、騎乗を始めてからも体調は安定しています。歩様の硬さもほぐれてきたので、さらに調教を強めていきたいと思います」と話していました。

週末に牧場見学の予定で、対面してきます。

◆トゥールドマジ
トゥールドマジは、栗東で調整中。9日(木)にゲート試験を受検し、問題なく一発合格しました。田所調教師は「試験はすごくスムーズでした。ここまで至って順調です。来週から早い追い切りをかけていく予定です。阪神開催の1週目か2週目あたりでのデビューが視野に入っています」と述べていました。

無事にゲート試験も合格。デビューが具体的になってきました。

|

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆コンステレーション
コンステレーションは、4月26日に鉾田から美浦へ入厩しました。早速、今週はポリトラックコースで追い切られています。手塚調教師は「小柄な馬で仕上がるまでそれほど時間はかかりません。この動きならば新潟最終週には使えると思います。19日(日)新潟の芝2000mの牝馬限定戦あたりがいいですね。減量騎手を確保できればなおいい、と考えています」と述べていました。

◆トゥールドマジ
トゥールドマジは、栗東で調整中。ゲート練習を中心に乗り込まれています。田所調教師は「環境の変化にすぐに慣れて順調ですよ。ゲート練習も手がかかりません。これならば来週には受検できるのではないでしょうか。その内容、結果次第では早いタイミングでのデビューが視野に入ってきます」と述べていました。

|

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆コンステレーション
コンステレーションは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。トレッドミルでの調整を切り上げ、先週末から坂路での騎乗を開始しています。主任は「思いのほかトレッドミルでの運動が上達しませんでした。そこで、慣れている坂路に切り替えて乗り込んでいます。体はそれほど増えていませんが、元々のサイズが小さいためそれほど細くは感じませんね」と述べていました。

ここでは、全く書かれていませんが、帰厩しました。何のための近況かわかりませんね。

◆ウィルトス
マイネルウィルトスは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。主任は「一定期間休ませましたが、若干、歩様が硬めなので、様子を見ながら進めています」と話していました。

多少心配なコメント。まずは順調に。

◆トゥールドマジ
トゥールドマジは、26日(金)真歌から栗東へ入厩しました。田所調教師は「無事に到着しています。来週から早速、ゲート練習を行いつつ、騎乗していきます」と述べていました。

先週の近況で早期デビューを目標にとあったところで、いきなり入厩しました。
これにはびっくり。これまた何のための近況かわかりません。
何はともあれ、私の出資馬では最速の入厩になると思います。
発売されたばかりのPOG本のBRFの紹介では、牝馬代表3頭のうちの1頭でクラシックを目指す逸材だそうです。
何はともあれ、順調に進んで、無事に早期デビューできますように。

|

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆コンステレーション
コンステレーションは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。トレッドミルによる運動が行われています。主任は「馬房調整での移動ですが、馬体が減ってきていたのでひといき入れるのにはよいタイミングでしょう。この機会にある程度馬体を増やしておきたいですね。様子を見ながら騎乗を始めていきたいと思います」と話していました。

|

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆コンステレーション
コンステレーションは、9日(火)ビッグレッドファーム鉾田に移動しました。手塚調教師は「前走で優先権が確保できず、厩舎の馬房調整でいったん鉾田に出させてもらうことにしました。乗り始めてからの状態等により、現地と戻すタイミングを相談していきます」と話していました。

一走しただけで鉾田へ。多少ともなり馬体成長を願います。

◆ウィルトス
マイネルウィルトスは、ブルースターズファームに滞在中。昼夜放牧しています。主任は「少し細く感じるので、飼い葉の量を増やして対処しています。騎乗再開は4月中旬から下旬くらいを予定しています」と話していました。

こちらはじっくり成長を待つようです。

◆トゥールドマジ
トゥールドマジは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。主任は「中間も順調に追い切りを消化できています。追い切りを重ねて動きが上向いてきており、この調子であれば、早期のデビューを目標にしても良さそうですね」と話していました。

何とびっくり。それほど動きが良かったとは聞いていませんでしたが、早期デビューもありとのこと。

|

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによるレース後の関係者コメント。

◆コンステレーション
丹内騎手「体のない馬ですし、できるだけコーナーは内を回りたい、と考えていました。ただ、外めの枠だった分、どうしても限界があります。与えられた状況の中、最低限、ロスのないよう進めました。道中はすごくスムーズに運べましたし、直線もよく伸びて、掲示板は載れそうだったのですが、最後で脚色が鈍ってしまっています。坂の影響もあるかもしれず、平坦を使いたかったのはわかりますね。また、せめてもう少し内枠を引けていれば違ったように思います」

|

より以前の記事一覧