カテゴリー「マイネルウィルトス」の193件の記事

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウィルトス
マイネルウィルトスは、栗東で調整中。今週は坂路で追い切りました。宮調教師は「1週前の追い切りは、時計、動きとも上々でした。しっかり負荷をかけられてよい状態です。来週、10月3日の中京の関ヶ原S・芝2000mに出走予定。少し時計がかかる馬場が理想ですね」と述べていました。

◆トゥールドマジ
トゥールドマジは、真歌トレーニングパークで調整中。坂路で乗りこまれています。場長は「中間は2本、追い切りました。悪くはないのですが、やはりまだ前向きさに欠ける走りです。本調子にはもう一歩、というところでしょう。もう少しこのまま乗り進めて、良化を待ちたいと思います」と述べていました。

◆レースアルカーナ
レースアルカーナは、浅井牧場で調整中。梅田調教師は「さらにペースアップする予定だったのですが、ちょっと両前の蹄に軽い蹄叉腐乱の症状が出ています。気にしているので、幹部をケアしながら乗っています。改善したところであらためて負荷をかけ、栗東へ戻す予定です」と述べていました。

|

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウィルトス
マイネルウィルトスは、栗東で調整中。先週末、今週と坂路で追い切りました。宮調教師は「どちらも馬なりで流す程度。いずれも良い動きでしたよ。競馬の1週間前となる来週はある程度、しっかりと負荷をかける予定です。10月3日の中京の関ヶ原S・芝2000mへ向けて順調です」と述べていました。

◆レースアルカーナ
レースアルカーナは、浅井牧場で調整中。梅田調教師は「少しずつペースアップして乗りこんでいます。ピッチを上げても特に問題ありませんね。来週からさらに強めの負荷をかけていく予定です。再来週かその翌週にあたりに栗東へ戻すつもりで考えています」と述べていました。

|

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウィルトス
マイネルウィルトスは、グリーンファームで調整が進み、5日(土)に栗東へ入厩しました。宮調教師は「馬房の調整がつき、予定よりも少し早く戻しました。今週は坂路コースで軽く流して、問題なく動けていましたね。10月3日の中京の関ヶ原S・芝2000mへ向けて来週から徐々にピッチを上げていきます」と述べていました。

◆トゥールドマジ
トゥールドマジは、真歌トレーニングパークで調整中。坂路で乗り込まれています。場長は「中間は併せ馬を取り入れつつ、2本追いきりを行っています。現状は自分から進もうとせず、促していく必要がありますね。徐々にペースアップしていくうちに前向きさが戻ってくるでしょう。このまま調整を進めていきます」と述べていました。

◆レースアルカーナ
レースアルカーナは、浅井牧場で調整中。梅田調教師は「体調には問題なく、元気に過ごしています。ただ、ちょっと楽をさせた影響か、動きの良化度合いがスローですね。もう少し現地で乗り込んだうえで栗東へ戻したいと思っています」と述べていました。

|

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウィルトス
マイネルウィルトスは、グリーンファームで調整中。宮調教師は「今週から通常メニューに戻して乗りこんでいます。変わらず順調です。来週からも徐々にペースアップしていき、10月3日の中京の関ヶ原S・芝2000mを目指していきます」と述べていました。

◆レースアルカーナ
レースアルカーナは、浅井牧場で調整中。梅田調教師は「今週から通常のメニューに戻して負荷をかけています。今のところ問題なくスムーズに動けている、と報告を受けていますよ。このまま徐々にペースアップしていく予定です」と述べていました。

|

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウィルトス
マイネルウィルトスは、22日(土)に栗東からグリーンファームへ移動しました。宮調教師は「10月3日の中京の関ヶ原S・芝2000mへ向けて調整してもらいます。今週いっぱいは、軽めの運動で疲れを癒しています」と述べていました。

◆トゥールドマジ
トゥールドマジは、真歌トレーニングパークで調整中。場長は「昼夜放牧を切り上げて、トレーニングを再開しました。昼夜放牧で、だいぶリフレッシュできたようです。中間に、トレーニング再開後初めての追いきりも行っています。状態に合わせて、今後のトレーニングを進めていきます」と述べていました。

◆レースアルカーナ
レースアルカーナは、浅井牧場で調整中。梅田調教師は「今週いっぱいは軽めのメニュー。疲れは解消して元気があります。来週から負荷を強めていく予定です」と述べていました。

|

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウィルトス
マイネルウィルトスは、栗東に滞在中。レース後、特に問題なく馬場入りを再開しました。宮調教師は「あらためて競馬を見返しましたが、やはり前走は特殊な(速い)小倉の馬場が向かなかったのだと思います。状態自体は問題ありません。一度、グリーンファームへ出して10月3日の中京の関ヶ原S・芝2000mあたりを目標にしたいと思います」と述べていました。近日中に移動予定です。

◆レースアルカーナ
レースアルカーナは、浅井牧場で調整中。梅田調教師は「今週までは軽めに乗ってもらっています。特に問題なく順調、と報告を受けていますよ。少しずつペースアップしていきます」と述べていました。

|

ウィルトス久々の惨敗

ウィルトス、小倉競馬第10R博多ステークス芝2000mに出走しました。

前走昇級初戦は3着とまずまずの結果に終わり、このクラスでの目処も立ったウィルトス、一旦小休養を挟んで小倉競馬に出走。
9頭立ての少頭数レースとなり、状態も良いので、勝ち上がりを期待したいところ。
引き続いて無観客開催のため、自宅でグリーンチャンネル観戦。

この日の馬体重は前走比+6キロの474キロとやや馬体増で、好馬体の雰囲気。
競馬ブックの予想は、全て○が揃った本紙○の好評価、単勝3.4倍の2番人気。
9号馬カセドラルベルが全て◎が揃った本紙◎と中央競馬では珍しく綺麗に分かれた予想印で、単勝1.7倍の1番人気。

さてレース、ウィルトスはまずまずのゲート出から押して先行争いをみせハナに立ちます。
そのまま先頭で集団を引っ張りレースを進行。
3~4角を周って直線に入ったところで、後方につけていた人気の9号馬にあっさり交わされると、後続勢にも次々と交わされ、最終9頭中8着に終わりました。

9頭立ての少頭数レースで無理して先頭に立つ必要もなかったと思いますが、なぜか強引に先頭にたち、直線では脚がなくなり惨敗に終わりました。
勝ち負けを期待し、負けてもいつもの賞金稼ぎでも思っていましたが、全く無駄なレースになってしまいました。

ウィルトスはデビューの頃はハナに立つレースを見せていましたが、久し振りにハナに立つレース展開。前々走、その前のレースと国分優作騎手は先行していましたが、先頭に立つとスソラを使うとコメントもしていたので、全くもって不可解な騎乗でした。
勝ちきれないまでも入着はする丹内騎手の方がずっとマシというのを実感したように思います。

ラフィアン公式サイトによるレース後の関係者コメント。

◆ウィルトス
宮調教師「ちょっとこの馬には時計が早すぎましたかね。行き過ぎ、というほどではないと思うのですが。今の(極端に早い)小倉の馬場が合わなかったのかもしれません。この後は、一度、栗東近郊の牧場へ出してから次走を検討したいと思います」

ヘボ騎乗の騎手コメントはありませんでした。

|

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウィルトス
マイネルウィルトスは、8月16日(日)小倉10R・博多ステークス・芝2000mに国分優作騎手で出走します。宮調教師は「最終追い切りは余力十分に良い動きでした。満足できる内容です。暑さが増してきた中でも順調そのもの。現級2戦目ですし、引き続き良いパフォーマンスを期待したいですね」と述べていました。

◆トゥールドマジ
トゥールドマジは、真歌トレーニングパークに滞在中。昼夜放牧しています。場長は「放牧地でのんびりすごしていて、だいぶリフレッシュしたようです。状態を見ながら、トレーニングを再開するタイミングを見計らっていきます」と述べていました。

◆レースアルカーナ
レースアルカーナは、12日(水)に栗東近郊の浅井牧場へ移動しました。梅田調教師は「まだこれから、というタイプの馬ですし、ここでひといき入れたいと思います。まずはリフレッシュさせるつもりです」と述べていました。

|

ウィルトス特別戦出走確定

ウィルトス、出走が確定しました。
出走頭数は9頭、さらに少頭数のレースとなりました。
1頭強敵がいるようですが、状態も良いので勝ち上がりを期待したいものです。

◆ウィルトス
小倉競馬 8月16日(日) 10R 博多ステークス 芝2000m 国分優作 9頭

|

出資馬特別戦出走登録

ウィルトス、小倉競馬の博多ステークスに出走登録しました。
登録頭数は12頭と少な目の出走レースとなりました。

|

より以前の記事一覧