カテゴリー「キャンミナーレ」の14件の記事

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆キャンミナーレ
この中間は周回調教も併用しながら乗り進め、周回コースをキャンターペースで1500m駆け抜けた後、坂路コースをハロン14-13秒ペースで1本駆け上がるというメニューを消化してきました。本馬なりに成長が感じられ、少しずつ動きに余裕が出てきました。まだ良化の余地は残すものの、手応え・力強さが感じられるようになり、歩様も悪くなることはなく、安定していますので、調教師とも相談し、入厩に向けての調整は滋賀県のチャンピオンヒルズで行うことになりました。一昨日10月4日(月)発で経由地の山元TCへ移動・無事到着しており、そのまま昨日(火)山元TC発でチャンピオンヒルズへ移動しています。移動前の馬体重は510kgでした。

ようやく脱北し、外厩に移動しました。チャンピオンヒルズは初めてですかどうでしょうか。

|

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆キャンミナーレ
この中間もじっくりと乗り込んでいます。現在のメニューは、ウォーキングマシンやトレッドミルでの運動も併用しながら、坂路コースをハロン14-13秒ペースで1本駆け上がるという内容が中心です。現状のペースでは依然として息遣いや手応えにこれからという部分を残しており、もう少し余裕をもって走れるように成長を促していきます。ここ最近は脚元・歩様も安定しており、本馬なりに順調に調整できています。引き続きトレーニングを重ね、動きの良化に努めていく方針です。飼葉食いは良好で、最新の馬体重は513kgでした。

|

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆キャンミナーレ
この中間も坂路コースで速めを乗り重ねています。現在のメニューは、ウォーキングマシンやトレッドミルでの運動も併用しながら、坂路コースをハロン14-13秒ペースで1本駆け上がるという内容が中心です。調教後に歩様がコトコトする点は変わらずありますので、速めを乗る間隔を空けながら坂路調教主体で進めています。現状のペースでは手応えや息遣いにまだ良化の余地を残しますので、状態面には注意しながら、さらなる動きの向上を目指していきます。最新の馬体重は517kgでした。

|

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆キャンミナーレ
この中間はピッチを徐々に上げています。現在のメニューは、坂路コースをハロン14-13秒ペースで1本、またはトレッドミルでの運動をキャンターペースで3分間という内容です。全体的な緩さや歩様の硬さは変わらないながらも、順調に進めることができています。テンションが高くなる面をまだ残すため、前進気勢を引き出しつつ、気持ちのオンオフをきっちりと切り替えられるように進めていく方針です。最新の目方は517kgでした。

|

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆キャンミナーレ
この中間はコンディションを落とさないようにするため、調教内容を工夫しながらのトレーニングを行っています。現在のメニューは、坂路コースをハロン15秒ペースで1本、またはトレッドミルでのキャンター運動を3分間という内容です。メリハリをつけて動かすことにより、フレッシュな状態を保っています。緩さに起因する歩様のぎこちなさは相変わらず残し、テンションの高いところも少し見せているため、うまくガス抜きを図りながら心身の成長を促す方針です。最新の目方は517kgでした。

|

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆キャンミナーレ
この中間も脚元・歩様の状態を見ながら進めています。現在のメニューは、坂路コースをハロン15秒ペースで1本、または周回コースをキャンターペースで2000m駆け抜けるという内容です。歩様は時折ぎこちなく感じることがありますが、どこかに痛みがあるわけではなく、馬体の緩さも影響している印象で、乗り進めながらも現状そこまで大きな問題はありません。まずは今のメニューを継続し、手応えや息遣いの良化を図っていきます。精神面も落ち着いており、最新の馬体重は515kgでした。

|

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆キャンミナーレ
歩様は安定していることから、この中間より騎乗調教を再開しました。現在のメニューは、坂路コースをハロン17-16秒ペースで1本、日によってはトレッドミルでの運動を挟むという内容です。乗り出してからも脚元・歩様ともに問題はありませんが、これまでの経緯を踏まえ、しばらくは坂路コースを中心に負荷をかけたいと考えています。お休みを挟んでいた分、まずは強い調教に耐えうる態勢をしっかりと整えていく方針です。最新の目方は513kgでした。

|

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆キャンミナーレ
引き続きトレッドミル運動を継続しており、現在はキャンターペースで3分間という内容で動かしています。まだ万全というわけではないものの、歩様は徐々に安定してきました。もう少し現状のメニューで様子を見ていき、さらなる良化を待ってから、慎重に騎乗調教再開のタイミングを見極めていきます。飼葉食いは良好で体調面に問題はなく、最新の馬体重は510kgでした。

|

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆キャンミナーレ
速めの調教を重ねていましたが、再び歩様に硬さが感じられました。両前脚の上腕二頭筋の検査を行い、所見は認められなかったものの、コトコトとした歩様に変わりはないため、現在は騎乗調教を控えて、トレッドミルでの運動で様子を見ています。もともと歩様は硬めなタイプではありますが、ここに来て少し疲れが出たものと考えられ、歩様にバラつきが見られます。このリフレッシュ期間に、軽めの運動を行いながら状態を確認していき、今後のメニューを決めていきます。最新の馬体重は497kgでした。

|

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆キャンミナーレ
この中間も馬体コンディションを見ながら調教を進めています。現在のメニューは、坂路コースをハロン15-14秒ペースで1本、または周回コースをハッキングキャンターで2000m駆け抜けるという内容です。若干トモの踏み込みに甘さを感じるものの、日に日に良化しています。調教では問題なく動けていますので、今後も脚元には注意しつつ、しっかり鍛え上げていきたいところです。気性面でも安定しており、飼葉食いは良く、最新の馬体重は492kgでした。

|

より以前の記事一覧