カテゴリー「ウインアイリーン」の66件の記事

ウインアイリーン笠松競馬に移籍

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインアイリーン
このたびウインアイリーン号(牝馬3歳、大井・宗形竹見厩舎)が、笠松・笹野博司厩舎へ転厩の運びとなりましたので、お知らせいたします。
ウインアイリーンは、デビュー2戦目の大井で初勝利を挙げ、その後は休養を挟み復帰しましたが、気性の難しさもあり、大きく離される結果が続いています。厳しい現状ではありますが、遅生まれで血統的な背景からもこの先伸びしろがある可能性もあります。そこで、このタイミングで環境を変えて再スタートさせることを決めました。比較的レベルの下がる笠松競馬で経験を重ね、その間に心身ともに成長して欲しいという思いです。
今後については、馬の成長に加えて笠松競馬の賞金も考慮し、採算を常に考えて運用していく予定です。
なお、アイリーンは明日5日(火)に笠松・笹野厩舎へ入厩の予定です。
急な決定ではございますが、会員の皆様には何卒ご理解いただきますようお願いすると同時に、引き続きアイリーンにご声援いただきますよう、よろしくお願い申しあげます。
出資会員の皆様には転厩のお知らせを書面にてお送りしますので、あわせてご確認くださいますよう、よろしくお願いいたします。

突然の報にびっくり。気性難というか能力不足が明らかになってきたので、ファンド解散やむなしと思い始めていたところで、まさかの笠松競馬移籍。
賞金上位の競馬場で通用しないので、下位の競馬場に移籍するのは地方馬では常套手段ですが、ファンド馬でどうしようというのでしょうか。
収支だけ考えるのなら安い預託料のところで数を使ってたまに勝てば収支トントンになると思いますが、ファンド馬でそんなことをしても全く意味がありません。
調教代わりに実戦を走らせて成長を期待するというのがクラブの意図かもしれませんが、立て直しをはかるのは難しいのではないかと思います。
血統的な背景とありますが、ヘニューヒューズ産駒は早熟だったはず。せいぜい半年くらいみて見切りをつけるだけでしょうか。
今回のクラブの決定には驚きを通り過ごして呆れるしかありません。

|

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインアイリーン
ウインアイリーンが6月30日(木)大井3R 3歳342万円以下 ダート1600mに出走確定しました。
なお、当初は4Rを予定していましたが、頭数が多く除外対象だったため、3Rに変更となっています。

|

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインアイリーン
ウインアイリーンは、来週6月30日(木)大井4R「3歳342万円以下」ダート1200mに藤本騎手で出走を予定しています。
宗形調教師は「この中間も馬体減りもなく順調ですし、以前とは比べ物にならないくらい体調もいいんですけどね。どうしても結果に結びつかないところが歯痒く、大変申し訳ありません。この中間はチークピーシーズを着けてみましたが、少し集中力も出てきたようなので、本番でも使用してみます。ゲートも練習ではおとなしくて何もしません。レースとなると変なスイッチが入ってしまうだけに、今回チークで集中力が増せばというところです。落ち着いてゲートを出られればここでは差はないと思っています」と話していました。

|

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインアイリーン
先週の大井では、スタートで躓く不利があり、大きく離れた最後方からの追走となり、最後は追い上げたものの、13着に敗れたウインアイリーン。レース後は脚元などに問題はなく、ダートコースで乗り始めています。
宗形調教師は「ラストに脚を使えたのは収穫ですが、ここ2戦馬体が成長して体調がいいにも関わらず、そこまでいい走りが見せられないのは歯痒いところです。能力はあるはずなのですが、力を出し切れず申し訳ありません。この中間はまずはゲート練習をしっかりやって、五分のスタートを切れるようにしたいと思っています」と話していました。
なお、次走は、6月27日~7月1日の大井開催を予定しています。

|

ウインアイリーン惨敗

ウインアイリーン、大井競馬第2R3歳281.5万円以下距離1200mに出走しました。

ウイン公式サイトによるレース後の関係者コメント。

◆ウインアイリーン
宗形調教師 ゲートを出た後、落馬寸前になる不利がありました。ゲート内では落ち着きがなく、元々出も遅いで、今日はタイミングも悪く、若干の出負けからちょうど隣の馬と接触してしまいました。普通に出ていたらここまでバランスを崩すことはなかったと思います。道中大きく離された形でしたが、最後はそれなりに脚が使えたのは収穫でした。ジョッキーも「馬群で溜めてもラストに脚は使えると思います」と話していました。ゲートはこの後しっかりと練習しておきます。

押田の目 前回で大きく増やした馬体を減らすことはなかったですし、以前よりも成長した体つきで状態も良かったと思います。しかし、今日はスタートで全て終わってしまいました。それでも、元々今日は控える競馬をして、ラストにどれだけ脚を使えるかというのがテーマではありましたし、そういう意味では上がり3F最速の脚が使えたことには収穫があったと思います。ゲートに課題があることは今後もネックにはなりますが、次走、中団あたりから同じような脚が使えればチャンスがあってもいいはずです。

|

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインアイリーン
ウインアイリーンが6月9日(木)大井2R「3歳281.5万円以下」ダート1200mに出走確定しました。

|

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインアイリーン
ウインアイリーンは、6月9日(木)大井2R「3歳281.5万円以下」ダート1200mに出走を予定しており、ジョッキーは最終調整中となっています。
宗形調教師は「休み明けを使った反動もありませんし、中1週で来週の競馬へいきたいと思います。前回でも仕上がっていただけにガラッと良くなった印象はないですが、使った分の多少の上積みはあると思います。前回出して行ってラストがだらしなくなったので、今回は出たなりで脚を溜めて、しまいにどれだけ脚を使えるかを見てみたいと思います。1200mでそういう競馬を試すとなると今回は勝ち負けまでは厳しそうですが、次に繋がる内容を見せてくれたらと思います」と慎重に話していました。

|

ウインアイリーン久々の出走は惨敗

ウインアイリーン、大井競馬第2R3歳333万円以下距離1400mに出走しました。

2月出走以来約3か月振りと久々の出走のウインアイリーン、近況ではようやく体調も上向きとのこと。
期待していたものの、この時期に下級条件出走とクラシックとは全く縁のない馬になってしまいましたが、ここから巻き返しを図りたいところ。

この日の馬体重は前走比+11キロの477キロと休養により馬体増。
競馬ブックの予想は△がちらほらある程度の本紙無印に低評価。これを受けて単勝16.4倍の8番人気。

レースはまずまずのスタートから先行、集団3~4番手につけてレースを進めます。
4角を周るあたりから手応えが怪しくなりずるずると後退、後続集団に飲み込まれて最終14頭中10着の惨敗に終わりました。

ここでの巻き返しは勝つのは当然、復帰戦で割り引いても最低でも勝ち負けと思っていたのですが、最後は脚が止まって惨敗に終わってしまいました。
これまでは体調が悪い云々と言っていましたが、休養明けで体調も戻っていてこの惨敗ではお話になりません。
今更比べるまでもないのですが、社台のこれまでの共有馬は今回デビュー戦で惨敗したファゼドールは置いて、負けても掲示板は当たり前、二桁着順など重賞以外ではなかったので、ウインの2頭の凡走振りには心底がっかり。
何故ここまで弱いのかさっぱりわかりませんが、血統的に今後の成長も期待薄で条件馬としてもあきらめた方がよさそうです。

ウイン公式サイトによるレース後の関係者コメント。

◆ウインアイリーン
宗形調教師 ゲートは出てくれましたし、ある程度ポジションを取りにいって、砂を被らず進められたんですけどね。最後は完全に脚も上がっていました。休み明けでしたが、しっかり乗り込み仕上がりは良かったですからね。体調も良くなり、一発を狙っていただけにここまで内容が悪いと頭を悩ませてしまいます。稽古の内容や背中の感触からも能力はある馬だと思うのですが・・・。前半出たなりで脚を溜めて、しまいを伸ばす競馬を試し方が良さそうですね。

押田の目 休養明けでプラス11キロではありましたが、まったく太くはなく成長分だったと思いますし、毛ヅヤも良く、間違いなく休養前よりもいい状態だったと思います。前々で流れに乗れていましたが、4コーナーでは手応えは怪しくなり、最後も止まってしまいました。メンバーも強くないこのクラスでこの内容だと今後が厳しくなってきてしまいます。溜める競馬で一発回答というのも難しそうですが、ここでまったくやれない馬ではないと思いますので、賞金を稼ぎつつ力を付けて欲しいところです。

|

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインアイリーン
ウインアイリーンが5月26日(木)大井2R 3歳333万円以下 ダート1400mに出走確定しました。

|

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインアイリーン
ウインアイリーンは、来週5月26日(木)大井2R「3歳333万円以下」ダート1400mに藤本騎手で出走を予定しています。
宗形調教師は「追い切りの反動もありませんし、1本毎に状態は上向いてきています。デビューから前走まではずっと体調が悪かった中でのレースでしたが、今回放牧から戻ってきてからは毛ヅヤも良く、馬体の張りも上々です。やっとまともな状態でレースに使えるという感じです。休み前の走りだとこのクラスでは厳しい感じではありましたが、元々素質は買っていた馬ですし、体調は良くなっていますからね。休み明けの不利もありますが、今の状態でここでどれだけ走れるか、楽しみにしています」と話していました。

|

より以前の記事一覧