カテゴリー「ウインアイリーン」の21件の記事

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインアイリーン
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路でキャンターを1本、もしくはトラックコースでキャンター2000m~3000mというメニューを消化しています。
担当者は「まだ追い切りは行っていませんが、徐々にペースを上げられるようになってきましたし、一時のひどいコンディションは脱した印象です。今後も坂路とトラックコースを併用しながら体力を戻し、追い切りに移行できればと考えています」と話していました。

|

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインアイリーン
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路でキャンターを1本、もしくはトラックコースでキャンター2000m~3000mというメニューを消化しています。
担当者は「まだ軽めのメニューで様子を見ている段階ですが、乗り出したばかりの先週時より徐々に動けるようになってきました。まだ一気にペースを上げられる感じではありませんが、少しずつ軌道に乗せていきたいところです」と話していました。

|

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインアイリーン
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路でキャンターを1本、もしくはトラックコースでキャンター2000m~3000mというメニューを消化しています。
担当者は「元気な様子だったので昼夜放牧を切り上げて、今週から乗り込みを再開しています。ところが、体力不足の影響かトラックコースではゆったりと2、3周するのがやっとで、運動後に息が整うまでにも時間がかかる現状です。現在は軽めのペースに落として様子を見ていますが、今後の状態によっては血液検査を行うことも検討しています」と話していました。

|

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインアイリーン
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。
担当者は「この中間もこれといった問題もなく順調に過ごせています。ただ、一度体調を崩した馬ですので、もうしばらくはこのまま様子を見たいと思います」と話していました。

|

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインアイリーン
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。
担当者は「放牧を続けてきたことで馬体はふっくらと回復してきました。体調面の陰りもなく順調ですし、このまましばらくはリフレッシュに専念します」と話していました。

|

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインアイリーン
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。
担当者は「この中間からは放牧地を移動して昼夜放牧に切り替えています。こちらへ来てからは体調面の不安は見られませんが、まずは放牧でしっかりと休ませて立て直しを図りたいと思います」と話していました。

|

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインアイリーン
北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。普通放牧を消化しています。
担当者は「こちらへ到着直後は少し元気がないところがありましたが、運動を続けながら体調が良くなってきましたし、馬に落ち着きも出てきました。今週末からはさらに放牧時間が長い昼夜放牧に切り替える予定です」と話していました。

|

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインアイリーン
昨日、千葉県・香取市のノースショアリハビリランチを退厩、福島県のテンコートレーニングセンターを経由し、明日、北海道のコスモヴューファームに到着の予定です。
ノースショアの担当者は「大井での血液検査の数値が悪かったとのことですが、こちらではぐったりした様子はなかったですし、カイバもしっかり食べてくれていましたからね。これなら長距離輸送も問題ないと思います」と話していました

|

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインヒメユリ
明後日31日(土)に調教試験を控えているウインヒメユリは、27日(火)に4F59秒0というタイムを馬なりでマークしています。
河津調教師は「気持ちもある馬ですし、動き自体は悪くありません。ただ、体がなかなか増えませんし、毛ヅヤも良くなく、本調子にはひと息という印象です。それでも、調教試験は落ちることはないはずですから、そこから上向いてほしいですね」と状態を説明していました。

◆ウインアイリーン
能力試験をパスしたウインアイリーンは、体調が上向かないことから、放牧が決まり、27日(火)に千葉県のノースショアリハビリランチへ放牧に出ています。
宗形調教師は「今の免疫が落ちている状況でレースへ向けてペースを上げてもいいことはないでしょう。いい背中をしていて、笹川も『走ってくる馬』と言っていますし、ここは我慢の時だと思います。こちらでは暑さもありますので、体調が落ち着いたら涼しい北海道へ戻す予定です」と話していました。

|

出資馬近況

ウイン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ウインヒメユリ
調教試験を控えているウインヒメユリは、昨日には小向ダートコースで追い切りを行い、4F59秒6、3F45秒4というタイムを馬なりでマークしています。
河津調教師は「1本目の追い切りでほぼ15~15の内容でしたが、動き自体は悪くなかったですね。牧場では追い切りはしっかりとこなしていましたし、気も入る馬なので、やればそこそこは動けるタイプです。ただ、毛ヅヤは良くなく、馬体の張りももうひとつです。それでも、馬体重は増えつつありますし、競馬自体は8月末の川崎開催で時間もありますから、そこまでには上向いてくるでしょう。来週31日(土)に調教試験の予定です」と状況を説明していました。

◆ウインアイリーン
先週末16日(金)には能力試験をパスしたウインアイリーンは、翌17日(土)には疝痛の症状が見られましたが、現在は回復し、軽めの乗り運動も再開しています。
宗形調教師は「能力試験は笹川によると『追ってからスカスカになってしまって動けなかった』とのことです。スッと先手を奪えて悪い内容ではなかったですが、能力通りならもっと動ける馬ですからね。現状は体調が良くありませんし、遅生まれで成長待ちというところもあるでしょう。疝痛はすぐに治まりましたが、これも免疫が落ちているからです。血液検査の数値が悪いうちはレースを使っても結果は出ないでしょうし、無理に使ってガタガタになってしまうことが一番怖いですからね。ここ数週で改善しないようであれば一旦放牧を挟ませてください」と慎重に話していました。

|

より以前の記事一覧