カテゴリー「地方競馬」の154件の記事

金沢競馬JBC観戦記

ルイドフィーネがJBCレディスクラシックに出走するため、金沢競馬場に観戦に行って来ました。
金沢競馬場は前回のJBC以来8年振りの観戦になります。
事前に公開された出走予定馬では補欠1番目だったため本当に出走できるのか確定まで心配していましたが、同厩舎の馬が回避し出走確定。

さて現地観戦ですが、コロナ禍のため金沢競馬場は事前申し込みによる入場制限をかけての開催。
私は早朝起きて神戸から大阪へ。大阪駅からサンダーバードで金沢駅に移動し、ファンバスで競馬場に到着したのは自宅を出てから約5時間後。

久々の金沢競馬場、事前に社台グループオーナーズ事務所に申し込んでの入場で、聞いていた通り入場門横に来賓受付があり申し出ると競馬場スタッフが随行して来賓席まで案内してくれる来賓待遇。
スタンドを通って来賓席は馬主席かと思いましたが、いつもの特別観覧席。ただしこの日は一般客用ではなく来賓用としての使用で、驚いたことにミス百万石にミス加賀友禅など和服美人が勢揃いしてのお出迎えでした。
座席は特別観覧席で、事前申し込みした馬主用に確保されているようで、ルイドフィーネの共有馬主用になっており、顔馴染みの方々が集まっていました。

競馬場スタッフから手提げ紙袋が渡され、中にはレーシングプログラムにJBC開催記念のキャップ・Tシャツ・タオル、和菓子、工芸品のお土産まで入っていました。
お弁当券ももらったのですが、後で引き渡されたものはお高めの仕出し弁当で、あまりの待遇の良さに驚きました。事務所スタッフの話では以前はお酒まで飲み放題だったとのこと。
馬自身が地方交流重賞最高峰のレースに出走できただけでも名誉なことですが、馬主としても待遇の良さから名誉なことだとあらためて実感できた次第です。

共有馬主仲間とおしゃべりしながら時間を過ごして本番のレースを迎えました。
レース自体は残念な結果に終わりましたが、貴重な体験をすることができた一日でした。
来年のJBCは盛岡競馬場での開催で、実力をつけてもう一度ルイドフィーネが出走できることを願うばかりです。

|

地方競馬売得金大幅増加

地方競馬全国協会が令和2年度の地方競馬の開催成績を発表しました。
地方競馬15場の総売得金額は9122億8711万460円。対前年度比は130.1%で、総売得金額が9000億円を超えたのは、平成3年度以来29年振りとのことです。

また、兵庫県競馬組合も令和2年度の園田・姫路競馬の開催成績を発表しました。
売得金額は1125億2842万9200円で、昨年度の766億5007万4700円より約360億円の大幅な増加で、対前年度比は146.8%でした。

中央競馬と地方競馬の売得金の推移です。

平成初期のバブル崩壊の頃が中央競馬、地方競馬ともに売得金が最高で、その後は中央競馬はじりじりと減少、地方競馬は大幅に減少という傾向でした。
地方競馬は令和3年度の最高額が平成23年度には3分の1にまで減少しましたが、ネット販売の好調を背景に年々増加、あっという間に回復したことになります。
昨年度はコロナ禍もあって大きなレースの度に史上最高記録を更新という状況でした。
地方競馬にとっては、売得金上昇→賞金上昇→良い馬が集まりレースも白熱→売得金上昇の好循環なので、これからも当面は上昇傾向かと思います。

私は地方競馬ファンですが、これほど売得金が増加するとは思ってもいませんでした。
地方競馬ファンの間ではよく言われることですが、最後に閉場した福山競馬場はもう少し頑張っていればと残念でなりません。
また、私は地方競馬の馬主でもありますが、賞金上昇は嬉しい限りで、共有馬のルイドフィーネにはさらに頑張ってもらい、いつかは一頭持ちの馬主になるという夢も叶えたいものです。

|

今年の競馬観戦まとめ

年末恒例の今年の競馬観戦のまとめです。
とはいうものの、今年はコロナ禍のために2月から競馬は無観客開催で、行きたくても行けない期間が長く続きました。

今年の競馬観戦は、中央競馬では、阪神4回、京都3回、小倉2回の合計9回。
このうち出資馬の観戦は8回で、ただの競馬観戦はエリザベス女王杯の阪神競馬観戦1回だけでした。
なお、京都競馬のしばしのお別れに場外開催日に一度入場しています。
1~2月と11~12月だけでこの回数ですから、頻度としては多いのではないかと思います。
今年は出資馬が好調だったので、もし現地観戦できていれば、相当競馬場に脚を運んでいたことでしょう。

地方競馬では、川崎競馬2回、大井競馬1回、園田競馬1回、姫路競馬1回の合計5回。
ルイドフィーネの観戦のために9月以降だけで川崎と大井に3回遠征しました。
なお、場外向正面から兵庫チャンピオンシップ観戦のため園田競馬に行っていますが、これはカウントしていません。

競馬開催が続いているだけで有難いとはいえ、中央競馬で口取りが再開されるのは見込みが立たず、来年の観戦もどうなるのか全くもってわからない状態が続きます。

|

兵庫チャンピオンシップ観戦

園田競馬のダートグレード競走兵庫チャンピオンシップを観戦してきました。

といってもコロナウイルス感染防止のため、園田競馬は無観客開催中。出走馬主であれば入場できるようですが、そんな訳にもいかないので、競馬場向正面の堤防から観戦。
園田競馬場の向正面は猪名川堤防ですが、ちょうどこのレースの距離1870mの2角スタート地点は植栽の切れ目になっており、輪乗りとゲート出が間近で見ることができます。
レース前に地点に到着すると、やはりというか望遠レンズ持参などの濃い競馬ファン20~30人くらいが集結中。
肝心の最後の直線の攻防は遠目で見ざるをえませんが、久し振りに競馬を観戦することができました。

レースはルメール騎手騎乗の社台所属馬のバーナードループが優勝。ロードカナロア産駒なので、私の2歳出資馬のアブルマドールもこのような活躍をと期待してしまいます。

ところで、コロナウイルス感染防止で無観客開催が続いていますが、園田競馬では新年度から賞金額が大幅に増加されています。
最高額の園田金盃が3千万円、続いて兵庫大賞典・兵庫ダービー・楠賞が2千万円、新春賞1千500万円と交流重賞以外のローカル重賞で賞金1千万円以上のレースが9レースもあり、最低でも600万円の賞金額となっています。
準重賞で500万円、重賞以外の一般競走でもオープン賞金が300万円、条件戦でも軒並み賞金が増額されています。

発表時に一部で話題になったようですが、ここ数年来のネット馬券の盛況により、地方競馬の売上金は一時のどん底を脱してV字回復しており、この好況を受けて、各地での競馬場では賞金が増額されていますが、園田競馬でもついにというか大幅に賞金が増額された次第。
私が園田競馬に通い始めた20数年前頃の賞金額は、全日本アラブ優駿楠賞が3千500万円と飛び抜けて高額でしたが、それ以外の重賞は確か1千500万円程度、オープンは240万円だったはずなので、これらの金額を一気に超えてしまいました。

これらの賞金であれば、ちょっと良い馬を走らせてみようかと思う馬主も増え、競馬界にとっては好循環となるはずだと思います。
一口馬主界でも少し前から地方競馬ファンド馬の募集がちらほらとありますが、さらに増加するかもしれません。
コロナウイルス感染で世の中は大変なことになっていますが、今後、地方競馬はどのような展開をみせるのでしょうか。

|

園田競馬観戦

建国記念日の祝日だったので、久々に園田競馬場に行ってきました。
昨年のゴールデンウイーク以来の観戦ですが、この日は競馬仲間が協賛レースを開催するので、これを見に来た次第。

協賛レースは地方競馬ならではの個人や企業が冠レースを催すイベントですが、競馬場側が個室を用意してくれたので、ここで観戦。
元々園田競馬では個室などなかったのですが、大改修によりいくつかの個室ができて観戦できるようになりました。
私はもちろん初めての利用ですが、他の競馬場の個室同様にラウンジと観覧席の組み合わせ。
なかなか豪華でしたが、残念だったのは、3階スタンド通路にいきなり個室が並んでいるだけで、共有スペースがなく、飲料サービスもなければ、馬券発券機やトイレもなく、一般客と同じであること。
この日は寒かったのでビールも飲みませんでしたが、ビールを飲みたい時はちょっと面倒だと思いました。

この日は先日の姫路競馬観戦に続いて普通に馬券を買いながらレース観戦しましたが、到着後最初のレースが的中しただけで、あとは外れまくり。
ほとんど個室にいたので疲れることもなく、久々にのんびりモードの競馬観戦でした。

|

久々の姫路競馬観戦

この日は姫路競馬の観戦に行ってきました。

売り上げ低迷に加え、場内の改修工事もあって休場となっていた姫路競馬場、再開は事実上ありえないことかと思っていましたが、この度まさかの復活となりました。
背景としてはネットでの売り上げが急上昇しており、競馬組合の経営自体が安定。ネットでの売り上げならどこで競馬を開催してもそれなりの数字が期待できるので、無理をして園田競馬場で単独開催を重ねるよりも、改修しても姫路競馬場を再開して2場開催した方がということのようです。

日経新聞からの引用記事です。

◆姫路競馬7年半ぶり再開 地方の経営好転を象徴
7年半ぶりに蹄音(ていおん)が戻ってきた。2012年8月30日を最後に休止していた姫路競馬場(兵庫県姫路市)でのレースが15日、再開した。
同競馬場で洪水防止のための調整池の工事が行われていたことに加え、馬券売り上げの低迷など厳しい経営環境もあり、主催する兵庫県競馬組合は姫路の開催を休止していた。馬券のネット販売の普及で近年は経営環境も好転。工事も終了したことから姫路での開催を再開した。これほどの長期にわたって休止していた競馬場が復活するのは極めて異例だ。

何はともあれ、久々に復活したのならと観戦に行くことにした次第。
私自身が最後に姫路競馬場で観戦をしたのは一体いつのことなのか、10年以上前には間違いないと思いますが、身近過ぎて記録もなく、全くもってわからないのが実情。

始めの頃は車かバイクで向かっていましたが、そのうちにJRでとなり、この日もJRで姫路入り。
姫路駅周辺は再開発され様変わりしましたが、無料バスは乗り場所も変わらず、乗車して競馬場へ。

久々の姫路競馬場、スタンドは2階席がなくなり、壁面は耐震のため大きな筋交いが入り、屋外席は大幅に数が少なくなり、全体にすっきりした状態。
馬場内は以前あった着順掲示板がなくなり、調整池用のサッカー場になっていました。
スタンド内は、地方競馬場とは思えないほど綺麗になっており、以前とは全く別物。ここは一体どこなのかという感じでしたが、JRAの場外馬券場としてはずっと営業していたことをようやく思い出しました。
以前と変わらないのはパドック周辺で、パドックの出馬掲示板は手書きのまま、周辺の路面も寂れたままで、妙に久し振りに来場した安心感がありました。

姫路競馬場の久々の復活ということで競馬界はもちろん地元でも話題になっており、この日も平日開催というのに若い集団などかなりの観衆が訪れていました。おそらく2千人くらいは来場していたのではないでしょうか。
このため、無料休憩所(飲食店)に行くと、結構賑やかな状態で、スタンド内の観衆とあわせて、やはりここは一体どこなのか、こんなのは知っている姫路競馬場ではないなあという感じでした。

レース観戦を終えて競馬場を後にして、帰りは駅前にわずかに残っている飲み屋街で以前にも入っていた居酒屋でのんびり過ごして、姫路競馬観戦を堪能しました。

|

競馬観戦のまとめ

年末恒例の今年一年の競馬観戦のまとめです。

今年の競馬観戦は、中央競馬では、京都6回、阪神3回、中京2回、中山2回、東京1回、札幌1回の合計15回。
ほとんどが出資馬のレース観戦で、普通の競馬観戦は宝塚記念観戦の阪神と菊花賞観戦の京都のそれぞれ1回だけです。
出資馬自体が少なくなり、出走数も減ったので、現地観戦も減った形になりますが、普通の競馬観戦も少なかったので、随分と少ない数字になってしましました。

地方競馬では、園田2回、名古屋1回、川崎2回、大井1回の合計6回。
ルイドフィーネの現地観戦で7月以降だけで南関東の競馬場に3回足を運んだことになります。
その他は久々に名古屋に行ったくらいで特筆するようなことはありません。
地元の園田はナイター観戦もしばらくご無沙汰となっており、ゴールデンウイークに2回行っただけでした。

来年はルイドフィーネが南関東クラシックに出走すれば何とか都合をつけて見に行きたいと思っています。
あとは、いまだデビューもしていない2歳出資馬次第でしょうか。
このところ毎年書いているような気がしますが、出資馬以外の競馬観戦も増やさないといけないなあと思っています。

|

園田競馬兵庫チャンピオンシップ観戦

園田競馬場で兵庫チャンピオンシップを観戦してきました。

サラブレッド導入により新設された兵庫チャンピオンシップ、今年で20回目を迎える交流重賞ですが、三冠馬となったロードバクシンが優勝して以来、地元勢は全く歯が立たない状態。
とても太刀打ちできないので、有力馬は回避、この日は未勝利馬が出走する始末。
中央勢の独断場となっていますが、昔は1勝馬でも有力馬の扱いでしたが、ダート路線も整備されてきて、2勝しないと話にならない状態。
このなかで、キャロットのダート馬2頭が優勝候補。
レースはルメール騎手騎乗のクリソベリルが優勝し、人気とおりキャロット馬2頭のワンツーに終わりました。

この日は、連休開催で天気も良いので、大勢の観客が来場。
とはいえ、園田競馬としては最高賞金額のレースだけに、もう少し盛り上がってほしいものだと思います。

なお、私は一応地方馬主なので、交流重賞の時は他場馬主席に入って観戦することにしていますが、社台オーナーズから追分ファームの馬が出走するので、吉田晴哉さんが来場していてびっくり。
着外に終わってしまいましたが、こんなレースでも見に来るんだなあと驚きました。

|

名古屋競馬かきつばた記念観戦

元号が平成から令和にかわった5月1日、かきつばた記念観戦のために名古屋競馬場に行ってきました。

地方競馬場巡りをしていた頃、名古屋杯やJBCの観戦のために何度か訪れた名古屋競馬場ですが、調べてみると出資馬のマイネルガリレイのレース観戦以来12年振りと久々の観戦でした。
この日の目的は、弥富トレセンに移転することが決まっているので、まだ先とはいえ、この連休中に競馬場を見ておこうということと、交流重賞のかきつばた記念レース観戦のため。

久々の名古屋競馬、入場するとJBC開催でも改修されなかった古い建物、設備のままで、新しい令和になったというのに、昭和レトロそのもの。
地方馬主資格を取ってからは初めての入場だったので、馬主席を確認すると、特別観覧席の一部が馬主席となっているが、交流重賞で既に満員とのことで、有料エリアのグリーンホールに入場できただけでした。
いわゆる馬主エリアもどうしていいのかわからなかったので、一般客エリアから観戦しました。
このあたりは詳しい方の案内が必要だと思いました。

かきつばた記念はウインのウインムートが出走するので、知り合いの会員さんも数名来場されており、歓談しながらレース観戦。
残念ながらウインムートは4着に終わってしまいました。

2月の大和Sでジューヌエコールに勝った馬が出走していたように、ジューヌエコールも勝っていれば出走していたかもしれず、何とか交流重賞でもいいので最後の一華を咲かせてほしいものです。

久々の名古屋競馬観戦でしたが、最近は競馬観戦自体が出資馬のレース観戦に終始しているので、たまには出資馬に関係ない遠征も楽しいものだと思いました。

|

園田競馬観戦

平成最後の日、私にとって平成は競馬との出会いと耽溺の時代だったので、競馬納めにと園田競馬に観戦に行ってきました。

昨年の兵庫チャンピオンシップ以来一年振りの観戦でしたが、年末にリニューアルオープンされてから初めての観戦。
昨年も施設の半分くらいはできていたのですが、全て改装されたので、見て回ったところ、スタンドは基本的な構造は変わらないものの、観客席、通路などの施設は綺麗になり、馬券販売機などの機器も一新、全く別の競馬場のようでした。
昨年もオープンしていた馬主席や特別席のある3階などは元々縁のないところでもあったので、初めての競馬場と同様です。
リニューアル工事の予算額を聞いてただの耐震工事ではないと思っていましたが、まさに開設以来の大改装だったようです。
姫路競馬場のリニューアルと合わせて、よくここまで予算があったものだと思いますが、近年さぞかし売り上げが向上、儲かっているのでしょう。

この日のお目当ては連休イベントの岩田康誠・望来騎手のトークショー。
今年デビューした岩田望来騎手は前にも書いたように、昔は園田・姫路競馬に家族で観戦に来ていたのをよく見かけていたものですが、我ながら年齢を感じさせるところがあります。もっとも、本人はあまり覚えていないようでした。
いつものように岩田康誠騎手のぼけた受け答えは息子と一緒でも相変わらず。
ゼッケン等のオークションもあって楽しむことができました。

なお、平成記念に馬券を購入して競馬場を後にしました。
安い配当ながら的中したので、どうしたものでしょうか。

|

より以前の記事一覧