カテゴリー「雑記」の64件の記事

アメフト日大犯則行為について その2

日大が試合直後に、まずは関学関係者に謝罪し、指導が厳しすぎてやり過ぎてしまったと正直に会見で説明し、当面監督と選手を謹慎処分にするくらいにしておけば、まだ収まったかもしれませんが、監督は雲隠れし、謝罪すらなく全く対応なし。

関学の抗議に対して、こんなもの試合直後でも書けるだろうという稚拙な回答、しかも選手に責任を押し付ける内容で、謝罪を求められて初めて関係者に謝罪するなど、全てにおいて後手後手になって、火に油を注ぐ状態になっています。
事件はアメフトの一反則行為から、日大全体の危機管理能力のなさというように、対応全般に批判が高まっており、ようやく内田監督は責任をとるとして、辞任表明をしたところです。

内田監督さらには日大の対応への批判はさておき、元々のアメフトの問題として、このような反則行為を平然と犯すチームがあったことが驚きで、関学や関東学生連盟は犯則行為の原因究明と対応を求めています。
早い話、こんなチームとは怖くて試合などできないからです。

日大内田監督は自身の辞任により幕引きを図りたいのが見え見えですが、それだけでは解決には至りません。
関学は何故今回のようなことが起こったのか、その試合の指示はもちろん、その背景やクラブの抱える体質にまで言及し、今後の対応策を求めています。
このあたりは最初の抗議と回答を受けた会見で非常に丁寧に説明しています。

関学は夏合宿中にディフェンスの要だった平群選手を死なせてしまったという悲しい歴史も持っています。
肉体的、精神的に選手を追い詰めるとどうなるのか痛いほど知っており、今では医師のチェックにカウンセリングなどを徹底させていると聞いています。
そんな関学にしてみれば、軍隊のように盲目的に監督の指示に従って反則行為を行い、しかも選手が勝手にやったと関係者がコメントするチームは許されない存在です。

見聞きしている限りでは日大に自ら原因究明をする能力はないようにも思われます。
日頃から考えていたら、平然と反則行為を犯すようなチームにはなりませんから。
正直なところ、今後どのようにしていいのかすらわからないのではないかと思います。
関学は反則行為を犯した選手のケアまで求めていますが、そんなことまで頭が回らないと思います。
ということで、この事件を受けて今後どのようにするか考えるためにも活動を自粛、チーム立て直しとあわせて秋のシーズン辞退というのが妥当な対応ではないでしょうか。

日大内田監督が、チーム内の暴力事件など内部の揉め事ならいざ知らず、張本人でありながら事実を明らかにしないことには話になりません。
責任をとって辞める。言い訳はしない。と大昔ならいざ知らず、今の世の中でそれでは許されません。
うちの部は俺様が絶対的存在で、日頃からみんな言うことを聞くように指導している。今回も俺様の指示に従っただけで選手は悪くない。悪いのは俺様だ。と、言うくらいではないと解決の術はないようにも思います。

今後日大の対応が注目されるところですが、どうやら自浄能力はなさそうなので、関東学生連盟のしっかりとした対応を求めたいところです。

| | トラックバック (0)

アメフト日大犯則行為について その1

アメリカンフットボールの日大反則行為について、意見を書きます。
ちなみに私は中学生の頃から40年以上アメフトを観戦してきたただの関学OBです。
以前はアメフトのブログも書いていたのですが、長らくほったらかしのためこちらで。

今月6日の関学日大定期戦の試合後に日大の反則行為を巡った騒動が起きているのを私が知ったのは10日。
ネットで試合の映像が流れていたので見ましたが、とんでもなく危険なプレイでした。
日大DLが試合途中でヒートアップして反則したのかと思いましたが、何と関学のファーストプレイでの反則行為。
一発退場でもおかしくないのに、QB負傷退場後の次のランプレイで日大DLは替わったQBに同じように別方向からレイトヒット。最後に関学選手ともめて突き飛ばしてさすがに退場の次第。
一般報道ではあまり触れていませんが、最初のプレイだけでも酷いのに一連の反則行為であり、次々と犯した反則行為は常軌を逸しています。
ここに関学側としては意図的にやったのだろうという不信の念が高まります。

スタッフが相手選手を潰してこいなどと発破をかけることは周知の事実。
スタンドで私たちファンも相手QBを潰せと叫び、QBサックを決めようものなら拍手喝采なのも日常茶飯事。
しかし、反則を犯してまでとは誰も思ってもいないことです。

アメフトは格闘技並みといわれる球技だけにより一層ルールを守ることに意味があります。
特に関学は昔スタープレイヤーだったQBの猿木選手が試合中の怪我により下半身不随に追い込まれ、怪我をさせられた側の悲しみを痛いほど知っています。
このため、怪我をさせるような反則行為には敏感にならざるをえません。

日大は篠竹監督以来スパルタ指導で知られているので、私はやりかねないなと思いましたが、案の定、試合後の内田監督のコメントはプレイを容認するようなコメント。
おそらくは日大内田監督はこのくらいはと高をくくっていたと思います。

ところがネットで試合映像が流れるなど批判の声が高まり、大騒動に。
そのうちNHKニュースのトップになり、各種ワイドショーでも話題になり、アメフトなんか知らないだろうという人まで便乗してコメント。日大もこんなに大事件になるとは思ってもいなかったと思います。

(続く)

| | トラックバック (0)

新潟競馬現地観戦できず

フレスコが新潟競馬障害未勝利戦に出走しました。
私は出資馬がレースで勝ち負けしそうなら、応援と口取りをするべく、できるだけ競馬場に脚を運ぶようにしているのですが、フレスコは障害入りしてから全て上位人気でしかも入着しているので、中京、福島、新潟と現地観戦してきました。
この日も迷いましたが、現地観戦するべくANAの航空便を予約し、朝5時に起きて大阪空港に向かいました。

大阪空港7:15発新潟行の便に搭乗するべく飛行場の保安検査の長蛇の行列に並んでいたところ、出発時間が迫っている旨のアナウンスがあったので、スタッフに手をあげて合図をして行列前方に割り込ませてもらいました。
検査場直前だったのですが、前の客が手間取ったのか時間がかかって、なかなか前に進めませんでした。
そのうち7:00になった頃に保安検査が締め切られたとのアナウンスがあり、ほとんど同時に検査場に入ってチケット確認するとと、既に締め切られたとのこと。
対応を求めてスタッフに案内されカウンターに向かったところ、飛行機までのバスも出発しておりもう搭乗できないとのことでした。

いつもは出発30分くらい前には時間が迫っている旨のアナウンスがあり、スタッフに声をかけると対応してくれていたので、この日も安心していたところ、いきなり締め切られたと言われて驚きました。長らく飛行機を利用していますが、このようなことは初めてでした。

たとえば新千歳空港や羽田空港ではいつも混雑して遅れ気味なので、場内アナウンスだけでなく、スタッフが案内板を持って大きな声をあげながら周ってお客を誘導していますが、この日は新潟便だったためかそのようなこともありませんでした。
また、飛行機までバス移動だったので、保安検査締切即搭乗窓口閉鎖だったようですが、こちらにしてはそんなことは知らない話です。

以前に神戸発のスカイマーク新千歳便で寝過ごして保安検査時刻を過ぎて到着し、カウンターで対応してもらい搭乗することができたので高をくくっていたのも悪かったのかもしれませんが、いきなり締め切ったとして搭乗できなかったことはさすがに頭にきてスタッフに文句を言いましたが、後の祭りでした。

楽しみにしていた新潟競馬観戦ができずに残念でしたが、あいかわらずフレスコは入着止まりで、何やら複雑な気持ちです。

| | トラックバック (0)

新車納車

2月に交通事故を起こし、自家用車を買い替えることになりましたが、発注していたホンダシビックがこの度納車されました。
昨年秋に復活したシビックですが、生産台数があまりにも少なく、人気のハッチバックタイプは半年以上待ち、私のセダンタイプでも2か月待ちということで、ようやく納車の運び。

発注してから試乗するという逆の順序での購入でしたが、納車されるとあらためてシビックとは思えぬほど大型化し、内外装とも高級感もあり、最新機器も満載。
ディーラーで最低限の取り扱い説明を受けましたが、わからないことも多く、機能通り使えるかどうか心配です。

早速ドライブに出掛けましたが、1500ccとは思えぬパワーで、高速道路でも楽々加速、このあたりはさすがのホンダ車。
前のインテグラはスポーツカータイプでしたが、今度はそれほどでもなく、乗り心地は硬さがなく柔らかめ。
取り回しは、インテグラに比べると随分とマシですが、車体が大きい分、視界も悪く、慣れるまでは時間がかかりそうです。

高級車になったため値段も随分と高めで、交通事故がなければ買おうとも思わなかった新型シビックですが、何はともあれ事故を起こさず無事に過ごせますように。

| | トラックバック (0)

住宅ローン完済

今月の返済をもって住宅ローンを完済し、借り入れた銀行から完済のお知らせが届きました。

今住んでいるマンションは約25年前に購入。独身でしたが、郊外のファミリーマンションを購入しました。
当時はバブル経済が崩壊し始めた頃でしたが、まだ世の中の不動産熱は冷めておらず、買いたくてもどこのマンションでも申し込みによる抽選でしかも高倍率でした。
実家暮らしの私は独り暮らしをしようと、関心のあるマンションを適当に申し込んでいました。
買っておいて損はしないだろう、当たってから真剣に購入を考えればいいやと、安易な気持ちでいたように思います。

今のマンションもまだ何もない造成地の段階で募集されたのですが、郊外とはいえ価格は結構高く、人気もそれなりにあり、私の部屋の倍率は28倍だったことをよく覚えています。
それなりの倍率で当たったので、折角当たったのならとローン等の計算をして、購入を決定しました。
独身なのにファミリーマンション3LDKでは広すぎるのですが、マンションを買えば嫁さんがついてくるものだと思っていました(笑)

阪神大震災により買って間もない市街地のマンションが倒壊し、二重ローンを抱える同僚を何人も見たので、大きな被害のない郊外で良かったなと思いましたが、その後の不動産価格の下落により、バブル経済当時には考えられないような土地と価格でマンションが売り出されるのを見て、買うのを早まったかなと正直後悔したこともあります。

さて、住宅ローンは当時最長の35年ローンで、基準返済金利は3.6%でした。
順調に返済、当時は給料もそれなりにあり、貯金がある程度貯まると、少しずつ繰り上げ返済し、借り入れ期間を短縮していきました。

しばらくして給料が一律カットされ、その後ほとんど上がらなくなり、一口馬主を始めたので、ほとんど貯金ができず繰り上げ返済もできなくなりましたが、低金利になったのでローンも借り換え、結局20年と少しかけて返済を終えることになりました。

こうしてみるとサラリーマンにとって最大の買い物であるマンションの住宅ローン返済を終え、何やら感慨深いものがあります。
このまま住み続けるのかどうか考えながら、これからは老後資金を貯める態勢に移行します(笑)

| | トラックバック (0)

交通事故と車の買い替え

先々週の12日、出資馬のモルドワインの見学のために、グリーンウッドファームに行くことにし、自家用車で出掛けました。
最近は外厩見学の際には、近隣の観光や寺社参りをしているのですが、今回は西国三十三所巡りで観音正寺を参拝しようと思い運転していたところ、ナビが頼りにならず道に迷っていると、交差点で一時停止を見落として車と衝突、事故を起してしまいました。
田圃の中の道路と思っていたら向こうは意外と交通量の多い道路だったようです。

こちらはあまり大したことはなかったのですが、相手方の軽自動車は回転して、大きく破損。
大怪我を負わせなかったのは何よりでしたが、長年運転していて自分のミスで事故を起したのは初めてで呆然。
警察の事故処理を終えて、外厩見学どころではなくなり、レッカー車を頼んで、地元神戸のディーラーまで運んでもらって帰宅しました。

翌日は相手へのお見舞いの連絡、保険会社やディーラーへの連絡に費やし、後始末を保険会社に任せることとなったのですが、自分の車の方は大したことはないと思っていたら、ざっとした修理見積もりだけでかなりの金額で、今年で13年目を迎える車だけに、営業からは買い替えた方がいいとの強い押し。

今の車は2006年に通勤のために買い替えたホンダインテグラで、通勤に加えて両親の施設・入院の見舞いなどで、年2万キロのペースで約6年間走り回り、都合15万キロ近く乗ってきた愛着のある車。
今はなきツードアクーペの車で、走り自体は良好なので、引き続いて乗りたかったのですが、修理費から考えると買い替えた方が良さそうでした。

元々買い替える予定などないので、今の自動車事情もよく知らず、カタログなどで検討した結果、昨年秋に復活したシビックを購入することにしました。

私が初めて買った車がシビックなのですが、しばらくして大型化してシビックらしくなくなったので、私も興味はなくなりましたが、そのうちに生産中止に。
それが復活したというのですが、やはり大型で、しかもらしからぬ高額車。
走りに徹したハッチバックはさらに高く、人気もあって納車は半年後というので、やむなくセダンタイプにしました。
それでもかなりの価格になるので、資金繰りなどで算段が必要になります。

自分の不注意で事故を起こしたので文句を言えた筋ではないのですが、愛着のある車を手放して、車を買い替えることになり、急な出費で大変なことになってしまいました。

| | トラックバック (0)

源泉税還付

先に電子申告した確定申告、事前に聞いていたように申告してからわずか2週間あまりで、源泉税が25万円程還付されてきました。

e-Taxのメリットというのが国税庁の確定申告サイトにも載っているのですが、源泉徴収票や医療費の領収書の添付も省略できて、こんなに簡単に申告して、早く還付されるのなら確かに便利だと思います。

ただ、新聞か何かで読んだのですが、ICカードリーダが3千円ほどかかるのがe-Taxの壁のようで、年に1回使うだけで、なおかついつまで使えるのかわからない電子機器にお金を払うのが莫迦らしいというのもわかるような気がします。
国税庁の確定申告サイトで申告書を作成して郵送するだけでも充分ですからね。

| | トラックバック (0)

e-Tax

ラフィアンから確定申告書類が届いたので、必要書類が揃い、国税庁の確定申告サイトで申告書を作成し、電子申告しました。

昨年までは申告書を紙で印刷して税務署に提出していたのですが、今年から医療費控除のための医療機関の領収書の添付が不要になったので、電子申告した方が簡単と思い、電子申告することにしました。

申告書の作成自体は昨年と同様で、画面の説明に従って、入力するだけですが、これまでさっぱりわからなかった資産運用の分離課税の申告も何をしているのかがわかってきたように思います。

中央競馬ファンドと地方共有馬主の雑所得が合計で赤字になるのと、資産運用の譲渡所得と配当の合計が赤字になるのと、医療費控除で、あわせて源泉税が約25万円の還付になります。
還付されるのはいいのですが、一口馬主も資産運用も赤字、病院通いも多かったということなので喜んでいいのやら。

電子申告自体は取得していたマイナンバーカードが初めて役に立ちました。
還付も早くなるそうなので、一口馬主クラブの年次分配とあわせて楽しみにしておきます。

| | トラックバック (0)

確定申告書類到着

社台グループから確定申告用の書類が届きました。

中央競馬ファンドでは、ジューヌエコールが、函館SS優勝時にも書いたように、配当がほとんど利益分配金で高額になるので、源泉徴収額が約17万円にもなります。
マトリョーシカが引退し終了損失になりますが、仮にも3勝馬だったので、終了損失はあまりありません。
ということで中央競馬ファンドだけだと、所得(収入−経費)が結構な額のままになります。

一方で、地方競馬オーナーズでは、収入金額がわずかしかなかったので赤字額が多く、中央競馬ファンドと通算すると赤字になり、先の源泉徴収額は確定申告により全額還付されることになります。

JRA源泉税とクラブ法人源泉税の年次分配も約25万円あるので、都合約42万円が2月以降に返ってくることになります。
これまた函館SS優勝時にも書いたことですが、半分ほど差っ引かれた配当がここで返ってくる訳です。

ジューヌエコールが活躍したといってもGIIIを優勝しただけでこの状態ですから、ジューヌエコールがもっと活躍していたら、地方競馬オーナーズのグラッブユアダイヤが故障せずに走っていたら、差し引きで黒字になっていたことは明らかで、中央競馬ファンドだけだと稼いだ年に引退馬がいないととんでもないことになる税務処理なんだと改めて痛感しました。

何やら税金対策だけのために地方競馬オーナーズをやっているような気がしますが、一応は馬主なので、中央競馬ファンドでは認められないとされる牧場見学ツアー代金を経費として申告するなど、節税対策を研究しておこうと思います。

| | トラックバック (0)

日経平均株価2万4千円超え

日経平均株価は続伸し、前日比307円高の2万4124円で終え、1991年11月15日以来、約26年ぶりに2万4000円台を回復しました。
昨年10月に2万円を超えてからわずか3か月で4千円上昇したことになります。

これに連動して、私が株や投資信託等で運用している資産は過去最大の含み益になっており、この1年で500万円以上儲かっています。
うまくいってる投資信託2本が約40%上がっているので、当然ともいえる結果なんですが、これまでの運用下手が何だったのかという状態。

運用面だけみれば絶好調、売却して利益確定したい気もありますが、過去の繰越損失とうまく調整できないものか考えてみようかと思っています。
また、まもなく確定申告の時期なので、資金運用とあわせて一口馬主でも準備を。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧