カテゴリー「マイネソシオ」の314件の記事

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、26日(日)、阪神7Rに出走し、12着でした。次走は少し距離を延ばす予定で、1月23日(日)の中山、若竹賞・芝1800mあたりを考えています。

次走の予定が明示されました。出走できるのかどうかは知りませんが。

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
この中間も脚元の状態を確認しながら、順調にペースを上げています。引き続き毎日坂路コースを2本、ハロン17秒ペースでしっかり駆け上がっています。加えて先週より、ハロン15秒ペースの速め調教を取り入れ始めており、ペースを上げても馬体重は446kgと増やしているのも良い傾向です。脚元も安定していますので、さらに負荷を上げて復帰を目指していきます。

順調にペースアップ。短期放牧の予定で復帰は早いのかもしれません。

最後に、NARの公式サイトでチェックしたところ、先日中央競馬を引退したソシオは浦和競馬で登録されています。
船橋で惨敗しているので気がかりですが、まだまだ衰えるには早い馬、出来る限り頑張ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

ソシオ引退通知

ラフィアンからソシオの引退通知が郵送されてきました。
例によって、こういう事務処理だけは早いですね。

さて、通知文は公式サイトの内容通りでしたが、精算について20万円で売却との説明がありました。
これまでラフィアンで勝ち上がっても繁殖に上がらなかった牝馬は始めてになります。
さすがにBRFでも1勝馬程度では抱えきれなくなってきたようですね。

地方のダートでどれだけ走れるのか不安もありますが、実力的にはまだまだ中央競馬でも走れた馬だと思っているので、どこの地方競馬になるのかわかりませんが、今後もできるだけ頑張ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

ソシオ引退決定など

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソシオ
マイネソシオは、前走のレース内容や1月には6歳になるという年齢、また、500万クラスは6着以下になった場合、次走はレース間隔により出走の優先順位が決まることや、来年は6歳1勝馬となるため東京、中山、京都、阪神では出走できなくなることにより、コンスタントに出走機会を確保することが難しくなるものと考えられます。以上より、このまま現役を続けても、会員の方の背負うリスクが大きくなると判断し、残念ながら引退が決定しました。ここまで35戦に出走し、ほんとうによく頑張ってくれました。長い間ご声援ありがとうございました。

ということで引退決定です。
賞金は稼いでいるのですが、所詮は1勝馬、出走制限もかかるのでは、これ以上の現役続行は無理なようです。こればかりは仕方ないですね。
心配なのは今後のことで、繁殖にあがるとは書かれていないので、地方競馬に売却される模様です。

あと1走で私の出資馬最多出走回数に並ぶところでしたが、牝馬にしてこの成績は立派なものでした。
正真正銘お疲れ様でしたとお別れの言葉を贈りたいと思います。

◆ムジカ
マイネルムジカは、コスモヴューファームに滞在中。引き続き昼夜放牧で管理しています。元気に動き回っていて、繋靱帯の腫れも落ち着いています。そろそろ獣医が診断の際に述べていた1ヶ月〜1ヶ月半が経つこともあり、調教の再開時期を検討中。ただ、もう少しふっくらしても良い体つきではあります。育成主任は「トラブルなく管理できていて、獣医とも相談のうえ年内には試し乗りを行いたいと考えている」と話していました。

| | トラックバック (0)

ソシオ引退へ

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソシオ
マイネソシオは、4日(土)、小倉8Rに出走し、16着でした。今後については厩舎と相談中です。

いつものレース後の騎手コメントのコピペだけかと思ったら…
お抱え騎手のお陰で入着はできないものの、ある程度の成績を残していたので、勝てないまでも、来年の3月まで現役を続けるものと思っていたのですが、”厩舎相談中”ということで、引退の方向です。
元々冬場は苦手なうえ、関東では適鞍もないので、仕方ないのかもしれませんが、突然の引退には残念至極。
ソシオが引退なら、半年以上牧場にいて復帰してもすぐに定年引退のラロンハなんて、とっくに引退してもおかしくないのですがねえ。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソシオ
マイネソシオは、4日(土)、小倉8Rの芝2000mに長谷川騎手で出走します。30日(火)にトレセンを出発して、翌日に現地到着。かなりの輸送時間でしたが、熱発などのトラブルもなく、まずは無事にレースに向かうことができてホッとしています。「環境の変化も影響しているのか、移動後はけっこうテンションが高い」と丹内騎手。最終追い切りが24日(水)だったことについて助手は「すでに息遣いが整った状態。もう速いところをやらなくても大丈夫だと思う。イライラした面も見せていたので」と説明していました。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、27日(土)にビッグレッドファーム鉾田から美浦の手塚厩舎へ移動しました。多少カリカリしているのは2歳牝馬ならではでしょう。飼い葉は食べていて心配ありません。水曜日にはさっそく2歳未勝利馬をパートナーに追い切りを消化。手綱を持ったまま楽に2馬身程度突き放しました。手塚師は「さすがに勝ち上がっているだけのことはある。後肢がまだ緩くて手前をスムーズに替えられなかったようだが、それでもこれだけ動けるからね。楽しみ」と笑顔を見せていました。DDSPもまったく気にならなかったとのこと。11日(土)、中山のひいらぎ賞・芝1600mへの出走を予定しています。

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆フィールザヴォーグ
この中間は順調に調教を進めており、引き続き常歩4000m、ダク1200m、周回コースで1200mの普通キャンターを乗った後に、直線コースを毎日2本に戻して、しっかり駆け上がっています。また週1回の速め調教はハロン14秒ペースに上げています。左前蹄部分もまったく気にしていませんし、ペースを上げながら馬体重は530㎏と増やしているのも良い傾向です。この調子でさらに乗り込みながら、入厩へ向けた移動時期を検討していきます。

◆フサイチエアデールの09
他の馬と比べて骨の成長が少し遅れているようです。そのため負担がかかりすぎないように、調教メニューも控え目にしています。騎乗運動は1日おきにして、乗らない日はトレッドミルの運動を行っています。週2回は坂路コース(800m)に入れてハロン25秒くらいのペースで乗っていますが、背中が柔らかく乗りやすいとの評価です。現在の馬体重は434kgと、徐々に馬体に幅も出てきました。成長に合わせて、少しずつ進めていきます。

| | トラックバック (0)

ソシオ出走確定

ソシオ、小倉競馬での出走が確定しました。
出走登録していた特別競争ではなく平場のレースで、出走できて何よりです。
丹内騎手が小倉まで乗りに来ていますが、他の3歳馬(レイン)に出走するので、長谷川騎手が騎乗します。
笑ってしまいますが、レインの方が丹内騎手優先のようですね。

◆ソシオ
小倉競馬 4日(土) 8R 500万下 長谷川浩大 芝2000m 18頭    

| | トラックバック (0)

特別競走出走登録

ソシオ、小倉競馬開幕週の三萩野特別に出走登録しました。
登録頭数は58頭、とても出走できそうにありません。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆ソシオ
マイネソシオは、美浦で調整中。ダートコースを中心に乗り込まれています。次走は小倉を目標にすることになりました。今週は水曜日に追い切られ、5ハロン69.7秒をマーク。ある程度こちらで仕上げてから移動させたいと考えていますが、もうそれほど強い負荷はかける必要はないとの判断です。畠山調教師は「きちんと反応していたし、調子は良さそう」と語っています。来週前半には小倉に向かって出発し、開幕週から投票していく予定です。

◆マイネソーサリスの09
マイネソーサリスの09は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。現在は4ハロン70秒台のペース。トラックコースでの調教も織りまぜていて、ふらふらしたりせずに常に集中して走っています。スタッフは「落ち着きがあって信頼できる馬。前の出が硬い感触もフットワークは良いし、体が大きいので安定感もある。時計も少しずつ詰めてきていて、血統馬らしい良い素質を持っていそう」と話していました。そろそろ一息入れる予定にしています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソシオ
マイネソシオは、美浦で調整中。北馬場と南馬場いずれかのダートコースで乗り込まれています。今週の追い切りも70−40から終いを伸ばすもの。馬が多い時間帯だったことも響き、馬場入りに手間取りましたが、キャンターに移行してからはスムーズな走りを見せていました。左前肢の繋靭帯に配慮して福島最終週まで投票を待ちましたが、出走希望馬がどっと押し寄せて除外に。今後は交流戦も含めたダートや小倉への遠征を検討しています。

残念ながら福島最終週の出走はできませんでした。
次走以降は予定が立たない状態に。
惜しい6着ばかりで入着できないとこういうことになってしまいます。
クラブ曰く着実に成績を残す騎手のはずなんですが。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、京都競馬場から無事に帰厩しました。多少疲れは見られますが、レースで一生懸命に走ってきた馬が見せる程度のもの。1週間もすれば回復すると思われます。次走は中山2週目のひいらぎ賞・芝1600mが有力。短期でビッグレッドファーム鉾田へ放牧することになり、きのう18日(木)に現地へ移動しました。それほど間を置かずに帰厩させたいと考えています。

なぜか鉾田に移動して、中山出走を目指すことになってしまいました。
栗東~鉾田~栗東~中山競馬の移動になるとすれば、全くもって訳がわからないですね。

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆フィールザヴォーグ
心配された左前蹄部分の患部(砂のぼり)は無事完治し、この中間から本格的な騎乗調教を進めています。現在は、常歩4000m、ダグ1200m、周回コースで普通キャンター1200mを乗った後に、直線コース(1000m)を毎日1本、ハロン17~18秒ペースで駆け上がっています。脚元も問題ないことから、週に1回はハロン15秒ペースの速め調教も取り入れています。少し楽をさせたこともあり、騎乗調教再開後は非常に順調で、動きも良化しています。今後は状態を確認しながら、入厩前の移動を視野に入れていきます。現在の馬体重は522㎏です。

砂のぼりも大事なかったようで、いよいよ入厩かと一瞬喜びましたが、よく読むと、”入厩前の移動”とあるので、良くても外厩に移るだけでしょう。
2歳のこの時期でいわゆる”脱北”すらできず、年内入厩は到底無理で、新馬戦のあるうちにデビューできればマシかなあとあきらめるようになっています。

| | トラックバック (0)

出走確定と除外

クリスマスキャロルとドリームマジシャン、予定通り出走が確定しました。
一方で、ソシオはやはりというか除外となりました。

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
11/20(土)福島5R・芝2000m(牝)戦に中舘騎手で出走が確定しています。このレースは16頭立てになりました。

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
11/20(土)京都競馬第8レース、3歳以上500万下、ダート1800m、15頭立て、幸英明騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後1時55分です。11/17には坂路で最終追い切りを消化。併せ馬で4ハロン56.4秒、3ハロン41.2秒、ラスト1ハロン14.0秒の時計を一杯に追われてマーク。併せたエリモサプライズ(古500万、馬ナリ)を1.5秒先行し0.7秒遅れています。宮本調教師は「全体的にかなり時計が掛かっている馬場状態です。その為時計だけ見ると今ひとつといった感はあると思いますが、最後も脚が上がっている訳ではありませんし、週末にも15-15程度の調整を消化しており態勢は整っていると思います。変に気負わずスムーズにレースを進められれば十分通用すると見ていますので頑張って欲しい」とコメントしていました。ご声援ください。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧